プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

We are on the same page

      2021/03/26

皆が同じ考えでいる

アメリカのビジネス口語で、打ち合わせ中の常套句。

 見解が概ね一致しているか  

これを確認する表現

初めて聞くと、きっと意味不明。

◇  “on the same page” のもともとの意味は、

同じページにいる

本の読み合わせ中 の 進捗確認 である。

あらかた同じ立ち位置

 

◆ 基本パターンは、表題の “we are on the same page “。

  • その場にいる私たち ( = we
    全員 ( 複数 = are )が対象
  • その時点での状態なので、
    現在形 ( are

・  “we” = 人称代名詞一人称複数形主格
・  “are” = beの複数形および二人称単数直説法現在形


◆ 打ち合わせの主目的は、意見のすり合わせ

皆が、同一目標を目指しているかを
検証することである。

無論、完全一致は無理。

それでも、違う方向に走っている人がいないかどうかは、
お互いの理解や認識をチェックすれば判断できるはず。

随時確認しないと、後々問題が生じ、
努力が報われない。

大人数が関わるの長期プロジェクトほど
必要となるだろう。

もっとも、2人だけでも使えるフレーズである。

  • “I want to make sure if we are on the same page.”
    (全員が同意されているか確認させてください。)
  • “We are on the same page about the issue.”
    (その問題につき我々は合意している。)
  • “I want you to get on the same page.”
    (あなたにも同じ見地でいてもらいたいのです。)
  • “We should continue under the assumption
    that we are on the same page.”
    (皆が同じ認識でいると仮定して続けるべきです。)
  • “As CEO, I was not on the same page as my new Board.”
    (CEOとしての私は、新しい取締役会と見解が違っていた。)
  • “Are you and your team on the same page  ?  ”
    ( あなたのチームは、同じ方向に向かっていますか。)

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ