プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

蔵書の「自炊」記録(1)

      2019/02/03

本は重く、場所をとる。

蔵書が4,000冊以上に達し、かつ増える一方となると、
その維持管理が深刻な悩みをもたらす。

2010年、私は蔵書の電子化(以下「自炊」、外注分も含む)
の準備に着手した。

そして6年後、2015年12月より本格的に実行した。

通訳翻訳者という職業に加え、
読書を無上の喜びとする自分にとって、
いつでも気軽に利用できる蔵書は絶対欠かせない。

むやみに処分すれば、
人生と仕事の質が落ちると断言できる。

屋内に増殖し続ける本を手放すことなく、
生活スペースを守るにはどうすればよいか。

準備期間6年を経て、ようやく辿り着いた「自炊」の経緯を、
これから記録していきたいと思う。

<本読み>の皆様のご参考になれば幸いです。

 

<蔵書の「自炊」記録> 連載一覧

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 本の「自炊」, 読書