プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

What’s the matter?

      2017/12/17

どうしたの?

“What’s (=what is) “(何ですか?) +
定冠詞 “the” + 可算名詞 “matter”(事)
で、直訳は「何事ですか?」。

“matter” には、名詞と自動詞がある。
語源はラテン語「物質」(materia)。
“material”(材料)と共通。

名詞は非常に多義だが、
ここでは基礎的意味「事」。
このフレーズでは、冠詞は常に “the”。

家庭・学校・職場、とにかく所構わず出てくる。
初めて聞くと「ワッツァマーラ」などと聞こえ、訳分からない。
日本人には聞き取りにくいが、何度も耳にすれば慣れる。

柔らかい表現であり、詰問する時に使われることは少ない。
親身の気遣いを伴う場合がほとんど。

だから、夫婦間・恋人間・親子間でよく使われる。
映画・ドラマでも、しょっちゅう耳にする。

“What’s the matter, honey ?”
(ねぇハニー、何かあったの?)

【類似表現】
“What’s going on ?”
“What’s happening ?”
What’s the problem ?”
(どうしたの?)

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ