プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

In transition

      2017/09/21

移行期間にある、過渡期の

旧体制から新体制に移っていくときの
一時的な状態・期間が “in transition”。

落ち着く前のの様子を示す2語。
物事の変わり目にあり、本来の状況でない
ことを示すのが趣旨。

方法や制度が変わることは、珍しくない。

特にめまぐるしく動く現代では、「変化」は
重要なキーワードとなる。
組織であれば、時代に取り残されないよう、
次々と変わらざるをえないのが実態だろう。

新しい方式を取り入れる際は、数多くの変更を伴う。
変わり目では、物心両面で相当なストレスが
かかる場合も少なくない。

そのため、平常の実力を発揮できない、
不安定な時期であることが普通。
“in transition” は、そのような過渡期を
表す典型文言。

——————————————-
◆ “in” には、前置詞・副詞・形容詞・名詞がある。
圧倒的に使われるのは、前置詞。

「~中」「~の状態で」「~して」などと
状態を示す前置詞がここでの用法。

in process“、”in progress
(進行中で)
と同様の用途である。

◆ “transition” には、名詞と自動詞がある。
語源は、ラテン語「越えていく」(transire)。
名詞・自他動詞の “transit”( 通過する)と同源。

– 名詞「移り変わり」「過渡期」
– 自動詞「推移する」「移行する」

可算名詞と不可算名詞を兼ねる。

日常使用では多義でなく、イメージは
空港での「トランジット」に重なる。
※ 英語発音は「トランシット」(trǽnsət)。

ここでは、名詞「過渡期」。
この場合、不可算名詞で不定冠詞 “a” はつけない
のが通例。

“transition” の直後に、”period”(期間)などの
可算名詞を置くなら、”a” をつける。

“in transition” は「過渡期の状態で」。
よって、「過渡期にある」「移行期にある」。

——————————————-
◆ “in transition” は、過渡期にあることを示す。
よって、何かとごたごたしている様子を暗示する。

実務では、慣れない混乱期であることへの
理解を求める際に重宝する2語である。

“in transition” を目にした社会人の多くは、
新旧入り交じり、きりきり舞する現場が想像
できるだろう。

端境期は一時的であり、お互い様。
だから、<若干の不備は勘弁して>との意味合い
を含むことが多々ある。

◆ 寛容さは、次の例文にも見て取ることができるだろう。

“The pension system was in transition at the time.”
(当時、年金制度は過渡期にあった。)

“We provide support for countries in transition to democracy.”
(我が国は、民主化への移行期にある諸国への支援を行う。)

“Girls in transition to adulthood are hard to deal with.”
(大人になりつつある少女への対応は難しい。)

“They seem to be in transition.”
(彼らは移行期にいるようだ。)

“The country is in transition to an industrial society.”
(その国は産業社会への過渡期にある。)

ーーー

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ