プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

英文法の参考書 『一億人の英文法』

      2021/10/25

  •  網羅性 :  ★★★★★ ( 充分網羅している )
  •  読みやすさ :  ★★★★★
    ( 配色・書体・画像・枠組みに配慮が行き届き、引き込まれる見やすさ )
  •   :  ★★★★☆  ( 詳細な説明で手が込んでいる )
  •  学参 専門書   ★★★☆☆
    ( 副題  「 すべての日本人に贈る 『 話すため 』 の英文法 」 )
  •  中級者への推奨 :  ★★★★★
    ( 実務的な深みがあり、大学入試に限定されない充実ぶり )
  •  目次と索引 :  ★★★★★  ( 両方とも丁寧な作り )

【 概評 】

  TBD

一億人の英文法

大西 泰斗、 ポール・マクベイ (著)
東進ブックス、 2011年刊

A5判、 688頁、【 「アプリ」及び「CDブック」は別売り 】

<出版社HP>    <アマゾン>    <楽天ブックス>

 

  東進Web書店様 HPより   ※  PDF 全5頁、 422KB


物の見事にまとめ上げた、完成度の高い文法書である。

「 飛びぬけて優れている 」 と言いたいほどの集大成。

読みやすさに徹した、配慮の行き届く構成が目を引く。

落ち着いた渋い色味のオールカラーで、書体と枠組みに創意
工夫がうかがえ、文章とイラストの配置も巧みに整っている。

イラストは全部、著者( 大西氏 )自らが描いたという気の入れよう。

使用紙は、かすかに黄みを帯びた薄クリーム色で、目に優しい感触。

見た目が心地よく、開始前にして、知的刺激と好感をそそり立てる。

魅力的な外観ゆえに、好印象を受ける相手は、人間に限らないのか。

 

◆  まずは、帯からチェック。

 「 話すため 」の英文法が  日本の英語を変える。

 

   話すための英文法 ! 


どこぞの見出しばりに、多彩を極める帯であり、先に掲げた表紙
同様「 話すための英文法 」 のキャッチで、首尾一貫している。

この旗幟鮮明な方針を、きっちり具現するのが、本書の強み。

笑顔で仲良く肩を寄せ合う姿は、場末の居酒屋でたちまち意気投合した
おっさんたちの「 ほろ酔い気分でツーショット 」風に見えなくもない。

いいえ。   滅相もない。

こちらのご両人こそが、画期的な 『 一億人の英文法 』 を、
この世に送り出してくださったのだ。

本書カバーの折り返し(「 そで 」)


お二方そろって、立派な経歴の持ち主である。

「 共著, テレビでの共演多数 」と鬼に金棒の二人組。

その叡智を結集した1冊が、学参価格で入手できる幸せよ。

これほど輝かしいプロフィール欄に、先ほどの生酔いめいた、
ご近影を使い回すのは、ちょっといただけない。

◆  学生対象の学習参考書( 学参 )の場合、新旧入り混じって
立ち並ぶ教材の山々から、明確に差別化を図る必要がある。

若者に向けて、特色を端的に伝える姿勢と技量が問われる模様。

前出の著者プロフに加えて、表紙カバーを内側に折り曲げた
「 そで 」部分を飾るのが、次の「 特長 」。

「 話せる英語 」を最速で達成するための文法書  

  高校生から 社会人まで すべての人が 読者対象 

 

大学入試はもちろん、社会で実際に英語を使うため
おおいに役立ちます。

本書カバーの折り返し(「 そで 」)


「 本書が対応する大学受験のレベル 」がグラフ化
されているので、主目的は入試対策と考えられる。

今一つ、意味が読み取りにくいグラフと感じる反面、
箇条書きのチェック欄は、押し並べて分かりやすい。

高校生から社会人まですべての人が読者対象 」、
英語を必要とする 日本人すべて 」と明記してある。

ざっくり言えば、国民全体が対象ということ
だから、「 一億人の 」英文法

英語教材にありがちな大風呂敷、つまり現実味に乏しく、
不相応に崇高すぎる理念に該当するかどうか。

これから検証していきたい。
– 

◆  上掲「 本書の特長 」を具体的に説明するのが、以下4頁。

「 特長 」ではなく「 特徴 」とあるから、特別すぐれた利点以外の
説明も展開されているはず。


  「 本書の特徴・使い方 」 (全4頁)

 

続きます。insert

 

◆  丁寧な記述に感心しつつ、結びの(5)に差し掛かって、驚き入った次第。

最後に、酷烈なご鞭撻が待ち受けていた。

これまでの穏当なご指導と打って変わり、なによ、いきなり。


p. 7  「 本書の使い方 」


「  高校生なら10日以内に本書を読破し、英語の輪郭をつかみとる
ぐらいの知性と勢いが必要です。  大丈夫だよ,  カンタンだから。

えええっ !?

そのレベルの「 知性 」を、高校生に求めるの ?

「 大丈夫だよ,  カンタンだから 」 って  …

◆  ご指示通り、やってみたけど、全然 「 カンタン 」 でなかったぞ。

高校卒業後、何十年も勉強し、なおかつ英語の実務に長年従事して
きたものの、とてもじゃないが「 カンタン 」には思えなかった。

英語の輪郭をつかみとるぐらい 」とおっしゃるけれど、
「 輪郭 」を把握するまでが、とてつもなく長い道のりなのです。

思うに、

◇  日本語母語話者( 日本語ネイティブ )の場合、
「 10日以内 」でつかめる「 英語の輪郭 」 など、
単なる「 幻想 」にすぎない。

おそらく、間違いだらけの「 輪郭 」になりやすく、危険。

もし、つかめるならば、多分、それは日本の「 受験英語 」の「 輪郭 」。

日英は、文法のみならず、発音・音節・語順にも共通点は乏しい。
言語系統が別次元 なので、糸口が得られがたく、ハードルが高い。

日本語は、今なお起源不詳であり、系統不明な 孤立言語 とされる。

英独仏を含む、大規模な印欧語族( インド・ヨーロッパ語族 )に、
縁もゆかりもない点は、幾多の専門家による論証が裏打ちする。

【参照】  インド・ヨーロッパ語族系統図      ※  外部サイト


◆  本物の「 輪郭 」は、はるか彼方に存在すると認識する方が正しい。

例えば、「 冠詞 」「 時制 」「 前置詞 」 は、勉強すれば勉強するほど
混乱し、 胸突き八丁の プラトー を乗り越え、 ようやく土台が固まる。

中級・上級の英語学習者であれば、 ご体験済みのしんどさに違いない。

私なんか、 40年以上も掘り続けているが、 未だに底が知れない。

掘っても、 掘っても、定まってくれない 「 英語の輪郭 」。

何を隠そう、 脳に渦巻く猛烈な焦燥のあまり、 半ベソかきながら、
勉強したり翻訳したりと、 情けないあがきの、 星霜ここに幾十年。

受験が苦しいのは言うに及ばず、プロになっても、なかなか大変。

やっと勘所を押さえた、と喜びも束の間、新たな疑問がすぐ浮き
上がるから、いつまでたっても、輪郭がおぼつかない状態のまま。

にもかかわらず、食い扶持を英語で稼ぎ、ブログをも書いている。

母語の日本語とは、言語的に完全に別物なのだから、そう簡単な
わけないのである。


◆  本書全編に散りばめられているキーワードが、

  •  ネイティブの 感覚
  •  ネイティブの 意識
  •  ネイティブの キモチ

これらを、至れり尽くせり図示し、解説している心意気は素晴らしい。

本書に限らず「 ネイティブの ○○ 」を日本語でじっくり解き明かす
英文法書は増えてきており、このこと自体は望ましい傾向と考える。

ところが、

  ◇  日本語母語話者にとって、
「 感覚的に 」とらえにくいのが、
  ネイティブ( 英語母語話者 )の感覚  


手取り足取り教えてもらっても、あらかた「 よく分からない 」。

なんとなく頭では分かった気になるので、英会話・英作文の際に、
喜び勇んで 「 ネイティブの意識 」 を試みるが、戸惑うばかり。

—–ちゃんと覚えたはずなのに  …    なんで  …

実のところ、上辺だけの見せかけの英語力だったことに気づき、自身の
自惚れた勘違いに愕然とするのも、 おおよそ 中級学習者に達してから。

私もそうだった。

悔しくて、 意地になって、何度も読み込むが、一向に合点がいかず、
自信をもって活用する水準に到達することはなく、 成長が止まる。

これが、先述の 「 胸突き八丁の プラトー 」。

半ベソ期の到来。

頑張るのが馬鹿らしくなってきて、 なにもかも投げ出したくなる。

—–こんなのやってられるかよ  …    くだらね  …

母語に比べて、「 言語系統が別次元 」とは、こういうこと。

■  学習上の手掛かりを、日本語から得にくく、
習得の困難なのが英語。

■  母語を踏み台にして、理解への足掛かり
を作る好機が、極端に少ない。


◆  英語もじりの和製語やカタカナ語は、大意をつかむ目的では確かに有効。

しかし、大半の外来語は、両言語間の文法の壁を乗り越える力量に欠け、
そのまま適用できず、英語学習の難易度をむしろ上げている
印象がある。

カタカナで学ぶ英語学習法は、昔から、出ては消えての繰り返しで、正統
な手法として浸透しなかった理由に、このような理屈があると私は考える。

本当に効果があるならば、日本人の英語力は今とは違う形になっていた。

日英の文法に精通している指導者は、きっとお勧めしない学習法である。

■  「 本能的に 」 習い覚えた第一言語( 母語 )の影響力は、常に絶大 
■  人間は言語を用いて考えるため、母語こそ「 思考の土台 」を形作る 


一般的な環境に育った日本人が、どうやって学んでも、
「 感覚的 」には身につかないのが英語であり、
もはや宿命的なもの、と言い切っても過言ではない。

言語面にとどまらず、物事の見方を左右する、文化的な違いも顕著

そのため、ある程度の「 異文化理解力 」を具えていなければ、
円滑なコミュニケーションは遠のく。

語学力と両輪をなす能力 で、これまた修めるのに時間を要する。

それなりに高度な語学の4技能「 聞く・読む・書く・話す 」の実現
には、文化的側面に対する教養が欠かせない。

異文化を知ることは 「 語学力より不可欠 」 と説く論も根強い。

ネイティブの視点や思考を、 机上で知ったからとて、
おいそれと会得できるわけなく、 紙上に兵を談ず。

大抵は限界を伴う。

ほぼ無意識に作用する「 感覚 」へ、すっと吸収される見込みは薄め。

したがって、自然な流れで、すとんと腑に落ちるような学び方は、
私たち日本人には「 現実的でない 」と自覚する方が妥当だろう。

こうした話は、 “ conclusive ”  や  ” integrity ”  に、詳しく記した。

結局、英語が苦手なまま、ぽっきり心が折れてしまう。

「  あんなに、頑張ったのに  …  」

日本人の大勢に見られる、哀しい現象である。

 

◆  「 前置詞3年、冠詞8年 」は、先達の経験を踏まえた教え。


英語の冠詞がわかる本  改訂版 』 

正保 富三 (著)
研究社、 2016年刊
四六判、 180頁

<出版社HP>    <アマゾン>    <楽天ブックス>


「 何十年勉強しても、冠詞の用法を体得するのは至難である。 」


さらに、英学界の巨人、斎藤秀三郎(1866-1929)いわく、

  • ” English, though a comparatively easy language,
    is far from being so to the Japanese student.
     ”
    ( 英語は比較的平易な言語であるが、日本人学習者に
    とっては、平易から程遠い。 )
  • a pronunciation wholly alien to that of his mother-tongue
    ( 母語の発音に対し、完全に異質な発音 )

p. 5  “ PREFACE ”

正則英文教科書 第4冊 ( 第4学年用 )
斎藤秀三郎 (著)
興文社、  1908年刊

※  斎藤秀三郎は、世界初の EFL辞典を生んだ 影の立役者
→  辞書は「 紙 」か「 電子版 」


同感します。

◆  よって、「 大丈夫だよ,  カンタンだから。」 では後味が悪い。

発破をかけるにしても、「 カンタンだから 」 は見え透いた大嘘。

そもそも、今時の高校生が、こんな子どもだましに乗るだろうか。

さしたる覚悟なく、「 カンタンだから 」と取り組み、あっさり挫折
した時には、もう目も当てられない。

実力にそぐわない教材は、混迷脱落を招き、「 英語嫌い 」一直線。

著者自らが、上調子の言をなすのは、裏切りに近いものがある。

ましてや、相手は春秋に富む、若き俊英の高校生。

我が国の宝。

そこで、なんとも生意気ではあるが、私なりに加筆改変を試みたい。

「  高校生なら10日以内に本書  を読破し   に3回素通しで目を通し
英語の輪郭を  つかみとる    大まかに押さえる くらいの
 知性   
勇気 と勢いが必要です。
大丈夫だよ,
  カンタンだから   カンタンではないけれど

◆  「 英語の輪郭をつかみとる 」 に至らなくても、日本の大学の
一般入試レベルは対処可能。

合格を目指すなら、試験に頻出の分野を洗い出し、そこに軸足を置く。

全体的な「 輪郭 」の理解は大づかみでよいので、必須範囲を特定し、
焦点を絞って、時間とエネルギーを注ぎ込むべきなのが、受験勉強。

厳格な制限時間を課し、合否を決する入試の特殊性を考慮すれば、
試験に出にくい方面は後回しどころか、手つかずで終わったりする。

学者・専門家が重視する系統的な成り立ちより、頻出度の方が大事。

成立に忠実な段取りは理想的だが、可処分時間は限られているのだ。

英語に明け暮れるだけで、万事好都合に事が運ぶ学生なんぞいるまい。

しっかりメリハリをつけ、手堅く集中し、さっさと合格してしまおう。

底知れぬ深淵で、しぶとく踏ん張ってきたからこそ分かる、英語の深遠さ。

全体像を「 つかみとる 」努力は難しくても、現状欠けている重要知識
を重点的に勉強し、理解を深める寸法で、輪郭の一隅をかすめていく。

学者向けの勉強とは、軌を一にしないと見切る方が、効率よく捗る。

本来の趣旨に照らして、高校生の受験勉強と英語を生業とする学者・
専門家らプロの手段を、一緒くたに論じることは見当違いと考える。

実務家であれば、顧客満足を優先し、試験に出る分野か否かは無関係。

とすれば、「 英語を必要とする 日本人すべて 」 と銘打つ「 そで 」の
売り文句に、過大な期待を託すべきではないかも、と仄暗い陰りが宿る。

 

 

 

続きます。

 

 

 

 

 

◇  「 英文法の参考書 」 連載

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英文法の参考書, 英語, 英語学習法