プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

蔵書の「自炊」記録(4)

      2020/12/01

電子化は将来への投資

の次に、動機を強化したのは、

即座に読みたい 

という欲望である。

読書好きなら、きっと日常的に経験するだろう。

ふと、ある本を思い出し、
読みたい欲求が抑えきれなくなる衝動を。

研究者・専門家なら、
文献を確認する必要が急きょ生じたりする。

自炊済みであれば、いずれも造作ない。

クラウドまたはハードディスク
にアクセスするだけ。

望みはあっけなく叶う。

若干の条件を要するものの、
「いつでもどこでも」は過言でない。

自炊した蔵書については、私の場合、
本当に「いつでもどこでも」である。

「自宅に帰ったら」でなく、
その場で即刻入手可能。

その結果、家に縛られなくなった。
「マイ本棚」を常に持ち歩いているのだから。

果てしない解放感を覚えた。

自炊の実行により、
「4,000冊以上の本があるから」という言い訳が消えた。

「商売道具なので処分不可」との言い草も。

書籍の山を切り崩していくにつれ、
「人生の選択肢」が拡大した
気がする。

大好きな本が、長年、
私を束縛していた
ことを初めて知った。

 

<蔵書の「自炊」記録> 連載一覧

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 本の「自炊」, 読書