プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

My door is always open.

      2021/01/18

いつでも歓迎します。

直訳は「 私のドアは常に開いています 」。

なんだか、不用心で物騒な感じがするが、そうではない。

◆  趣旨は、歓迎の意を表すること。

 ◇  いつでも( 相談等に )お越しください   

との思いを込めている。

主に、人の上に立つ役職やアドバイスする立場の人物・組織が使う。

職場に個室を有する身分が多い。

文字通り「 私のドアは ~ 」ということになる。

いつでも  いらっしゃい!

 


◆  人称代名詞の所有格 ” my “(私の~) は、単数の一人称。

組織・部門など、使い手が複数となる場合は、
複数の一人称  ” our “(私たちの~) となる。

したがって、

” Our door is always open. “

直訳は「 私たちのドアは常に開いています 」。

抽象的な意味合いの「ドア」なので、複数の扉が
存在しても、ここでは単数形  ” door ” が一般的。

換言すれば、例えば、

  •  弊社はいつでも歓迎します。
  •  弊社にいつでもお越しください。
  •  弊社にお気軽にご相談ください。
  •  当部門にいつでもご相談ください。
  •  当部門にお気軽にお問い合わせください。

いつでもどうぞ 」の趣旨は共通する。

◇  「人称代名詞」の解説は、こちらが秀逸  ↓
——ちょいデブ親父の英文法「人称代名詞」


◆  トップマネジメントのスピーチ和訳を担当すると、
かなりの頻度で出てくる常套句。

では、実際にドアは常に開いているかと言えば、
それは人それぞれである。

そもそも、「 いつでも歓迎 」など通常ありえないし、
直属上司を飛び越えての相談も然り。

< 組織 >とは、そういうものだろう。

それを知悉しつつ、通訳翻訳官としては、
「 いつでも歓迎します 」と訳さざるを得ない。

まったくもって歯がゆい思いだ。

 

 

【関連表現】

“Knock, knock.”
https://mickeyweb.info/archives/3506
(失礼します。)

“Am I disturbing you ? ”
https://mickeyweb.info/archives/4177
(お取り込み中ですか?)

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ