プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Knock, knock.

      2020/01/04

(入室直前に)失礼します。

“knock” とは「ノック」のこと。

【発音】  nɑːk

「コンコン」とドアを叩く擬音語でもある。

擬音語(onomatopoeia)とは、実際の音を真似た言葉。
擬声語」とも言う。

【参照】 “tingling sensation (ASMR)”、“ring a bell

 

◆  “Knock, knock.” の相手は、親しい間柄か同僚・部下が普通。

茶目っ気のある、若干くだけた言い回し。

日本では「失礼します」と一声をかけて入室するところ、
「コンコン」と自ら述べるのだから、妙と言えば妙。

職場で “Knock, knock.” シーンを見る度に、
内心笑ってしまう。

 

 

「失礼します」と同じく、相手の注意を引くのが趣旨。

ドアでなく、ブースなどの仕切り内にいる人にも使う。

“Knock, knock” の発声と同時に、ドアか壁を叩く人もいるが、
擬音語として口頭だけで済ます人の方が多いようだ。

本来であれば、相手の回答を待ってから進むが、
“Knock, knock.” と言いつつ入ってくる輩も少なくない。

この点は「失礼します」との共通点。

< 日本語「失礼します」との相違点 >  ※ 私見

  • 在室者が入室を認識していれば不要
  • フォーマルな場面にふさわしくない
  • 初対面の客や目上の人には一般的でない

 

【類似表現】

“My door is always open.”
https://mickeyweb.info/archives/1304
(いつでも歓迎します。)

“Am I disturbing you ? ”
https://mickeyweb.info/archives/4177
(お取り込み中ですか? )

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ