プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

We’ll see.

      2020/01/05

そのうち分かる。様子を見てみよう。

会議でよく耳にする。
「ウォーシッ」などと聞こえる。
初めて接すると、意味不明だろう。

「’ll」は、”will” の縮約形。
よって、”We will see.” と同義。

<発言の趣旨>

そのうち分かるから、

  • しばらく様子を見よう。
  • 今、こちらから動く必要はない。
  • (少々皮肉めいて)お手並み拝見。

基本的に中立的で無難な言葉だが、
時として
日和見の印象が伴う

we” は、複数の人称代名詞の主格「私たちは」。

will” は、単純未来の助動詞「だろう」。
助動詞 “may” に比べ、確信のある推定となる。

see” には、他動詞と自動詞がある。
語源は、古英語「見る」(sēon)。

動詞 “see” の特色は、「見る」にとどまらないこと。
他動詞も自動詞も、意味は多義に渡る上、
大半の用法が日常的に多用される点にある。

他動詞「理解する」「想像する」「考える」
「予測する」「体験する」「会う」

自動詞「理解する」「確かめる」「考える」
「気をつける」

頻出の相槌からも分かる。

  • “I see.”(ええ。なるほど。分かりました。)
  • “I’ll see.”(考えておきます。)
  • Let’s see.”(えっと。うーん。)
  • Let me see.“(えっと。そうですね。うーん。)
  • “You see.”(ねえ。ほらね。)

“We’ll see.” では、自動詞「理解する」。

したがって、”We will see.” の直訳は、
「私たちは見るだろう」よりは、
「私たちは理解するだろう」が適切。

文法的には “We will have to see.
の省略形とする説もある。

この場合、「私たちは理解しなければならない」
よりも「私たちは見届けなければならない」の
意味合いが合う。


いずれにせよ、趣旨は上掲黄枠内の通り。

当方が、今、じたばたする必要などない

トップマネジメントが “We’ll see.” を口にする
様子に接する度に、余裕を感じると同時に、
無定見日和見の態度を決め込む様子が漂う気がする。

まさに「お手並み拝見」という感じで、
時に意地悪な印象が伴う。

基本的に中立的な言葉であるが、居合わせた者の
立場によっては、不快感を覚えてもおかしくない。

他人事として突き放されているだけでなく、
試されている感覚が反感を催すのだろう。

したがって、発言者は参加者の顔ぶれに注意を要する。

もっとも、通常の社内会議では、部外者の動向など、
いちいち考慮しない。

身内で構成される会議にて、このような発言が普通に
まかり通るのは、どこも似たり寄ったりだろう。

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ