プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Under the impression that –

      2017/06/22

~という印象を受ける

“under” には、前置詞・副詞・形容詞がある。
ここでは、前置詞「~を受けて」。
接続詞 “that” 以下の状態を受けるということ。

“impression” は名詞のみで、
可算名詞と不可算名詞を兼ねる。
ここでは「印象」「感想」。
この用法では、可算にも不可算にもなりうる。

“under the impression that – ” の表現では、
冠詞は “the” で、”impression” は単数が常。

前置詞 “under”(~を受けて)+冠詞 “the” +
名詞 “impression”(印象)+
接続詞 “that”(~という)
で、ほぼ直訳どおり。

少々堅い言い方だが、プライベートでも
ビジネスでも頻出。

—————————————–
◆ 真面目な内容について、
意見や回答を求められた時によく使われる。
日常範囲内で「証言」を求められた際にも
活用されている。

理論上、
その人が「受けた印象」を述べているだけ。
たとえ事実と一致しなくても責められないはず。

あくまでも「受けた印象」であるとして、
明確に予防線を張っている。

そのため、その後に問題が生じても、
責任をかわすことができるだろう。

心理的負担が比較的軽いため、重宝される。

—————————————–

“I was under the impression that
she did not like him.”
(彼女は彼のことが好きでない
ような印象でした。)
“I had been under the impression
that they were fine.”
(彼らは大丈夫だと私は思っていました。)

【関連表現】
“I was under the impression that – ”
https://mickeyweb.info/archives/190
(私が受けた印象では~という感じでした。)

—————————————–
◆「印象」を述べるため、主語は “I” が圧倒的多数。
だが、他者の気持ちを推察する場合にも使える。
“He must have been under the impression
that she is kind.”
(彼女が優しい人だという印象を
彼は受けていたはずです。)

自分の感想を述べても、
他者の気持ちを推量しても、
“under the impression that – ”
を入れるだけで、
生真面目な語り口になり、知的な印象
を与えることができる。

—————————————–

 【類似表現】

“under the assumption that – ”
https://mickeyweb.info/archives/10764
(~と仮定して)

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ