プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Equivocal

      2018/09/20

煮え切らない、どっちつかずの、あいまいな 

“equivocal” とは、態度がはっきりしない状態。
状態だから形容詞。形容詞のみの単語。

英単語全体から見れば、重要でも頻出でもない。
LDOCE6(ロングマン)の指標によれば、
以下3項目すべてランク外。

・ 重要度 :9000語圏外
・ 書き言葉の頻出度:3000語圏外
・ 話し言葉の頻出度:3000語圏外

こんな “equivocal” を、「頻出英語」を本旨 
とする弊サイトが取り上げる理由は3つ。

(1)発音ikwívəkəlが特殊で、単語認識が難しい
→ 聞き取れないから、スルーしてしまう

(2)字面から意味を推測しにくい
→ 事前に知らなければお手上げ

(3)ネガティブ用途中心で、話の焦点になりやすい
→ スルーすると、文意・文脈がつかめない

重要・頻出ではないのに、いざ出てきた際、
キーワードになりがちの単語の例を挙げる。

innuendo“、”snap“、”booze“、”exonerate
hiatus“、”lambaste“、”woo“、legitimate

キーワードを把握できないのでは、内容の理解も怪しい。
弊サイトでは、こうした表現も優先的にご紹介している。

◆ さっそく、黄枠(1)~(3)を順に見ていこう。

(1)発音が特殊で、単語認識が難しい

発音は、見かけによらずである。
スペルに “vocal“(vóukəl)が含まれるのだが、
下記のように4音節に分かれる。

  • 【音節】e-quiv-o-cal(4音節)
  • 【発音】ikwívəkəl

音節」(syllable、シラブル)とは、発音の最小単位。
日本語の場合、原則として「仮名一字が1音節」。
そのため、音節を意識する機会は乏しい。

“equivocal” 内の “vocal” は完全に分断されており、
vóukəl の発音は跡形もなく消えている印象。

したがって、
「イクィヴォーカル」では通じない。
「イクィヴィコー」みたいに聞こえる。
「イクィ~」と一気に吐き出し、後半は消え入る感じ。

字面から、この発音は思い浮かばないだろう。
スペルと発音が一致するために、反復訓練を要する。
すっと聞き取れるようになるまでには、さらなる努力が必要。

時間を割いて練習しない限り、おそらくスルーしてしまう。
つまり、単語認識に至らない。
その結果、目で見て意味が分かるレベルにとどまる。
となると、ニュースや会話に出てきても気づかない。

(2)字面から意味を推測しにくい

先述したように、形容詞 “vocal” を含む。
“vocal” には、形容詞と名詞がある。
語源は、ラテン語「声」(vōx)。
基本的意味は、すべて「声」がらみ。

一方、”equivocal” の語源は、
後期ラテン語「紛らわしい声の」(aequivocus)。
接頭辞 “equi-“(等しい)+ “vocal”(声の) で、
「等しい声の」→「同じ声の」→「紛らわしい声の」。

発音に残らなくても、やはり “vocal” が関係する。

けれども、初見で意味を類推できるほど、簡単ではない。
ましてや、ニュースなどで初めて見聞きしてピンとくる
ことはほとんどありえない。

中級学習者であれば、意味を推測する能力もかなり
身についているものだが、”equivocal” は難関。

きちんと学習しない限り、意味不明なので、
「事前に知らなければお手上げ」となる。

(3)ネガティブ用途中心で、話の焦点になりやすい

語源「紛らわしい声の」が示すように、”equivocal”
本質は「はっきりしない」こと。

類語の筆頭は、”ambiguous”(発音: æmbígjuəs )。
しかし、次の相違点が顕著。

equivocal” は、

■ “ambiguous” と違ってあいまいにしようとする意図を含む

ジーニアス英和大辞典

■ “ambiguous” と同意であるが、故意に相手を混乱させ、
言い逃れをしようとする意図を伴う

※  “ambiguous” = 2つ以上の解釈が可能だが、必ずしも
多義性が意図されているとは限らない表現や態度。

ランダムハウス英和大辞典 第2版

要は作為的な動機も含むのが “equivocal”。
相手を煙に巻く言動に多用される。
煮え切らない姿勢にも同様。

けむにまく【煙に巻く】=
大げさなことやわけのわからないことを
まくしたてて相手を戸惑わせる

明鏡国語辞典 第二版

にえきら【煮切】ない 
いつまでも態度をはっきりさせない。
ぐずぐずして決定しない。

精選版 日本国語大辞典

もし意図的だとすれば、人をだますに近い行為で、
詐欺的な匂いがたなびく。

現実的には、多少なりとも意識してあやふやにする機会
は多く、むしろそれが人間社会の掟にかなっていたりする。
バカ正直が過ぎるのは、無防備かつ幼稚であり、周囲に
迷惑が及んだりするのが実社会。
【参照】”white lie

相手を煙に巻いてごまかしたり、煮え切らない返答で
逃げたり(evade)、時間稼ぎを図ったり。
このような経験は、誰しも覚えがあるだろう。

社会人はもちろん、中学生ですら、この辺りの手加減を
察することができるに違いない。

無論、相手にとっては感じが悪い。
その場逃れでいやらしい。
そんな不快な様子を言葉で表さなければならない時は、
社会マナーに従い、露骨さを避けたいもの。

その際、誂え向きの形容詞が “equivocal”。

頻出ではないものの、上述の事情より、出番は絶えない。
悪印象をくるむ婉曲作用が本領なので、「ネガティブ用途中心」に。

先の「煙に巻く」「煮え切らない」のイメージがぴったり。
4大学習英英辞典(EFL辞典)は次の通り。

equivocal” =

■ 1. if you are equivocal, you are deliberately unclear
in the way that you give information or your opinion.
SYN: ambiguous
2. information that is equivocal is difficult to understand
or explain because it contains different parts which suggest
that different things are true.
(LDOCE6、ロングマン)

 formal
1. (of words or statements) not having one clear or definite
meaning or intention; able to be understood in more than one way.
SYNONYM: ambiguous
2. (of actions or behaviour) difficult to understand or explain
clearly or easily.
(OALD9、オックスフォード)

■ not clear and seeming to have two opposing meanings,
or confusing and able to be understood in two different ways.
Opposite: unequivocal
(CALD4、ケンブリッジ)

■ 1. [formal]
If you are equivocal, you are deliberately vague in what you say,
because you want to avoid speaking the truth or making a decision.
2. [formal]
If something is equivocal, it is difficult to understand, interpret,
or explain, often because it has aspects that seem to contradict
each other.

【発音】ikwívəkəl

※ 下線は引用者

これまでの説明は、これら英英の語釈で確認できる。
特に、4点中2点は、副詞 “deliberately” を用いて、
故意にあいまいにする意図(赤字)を明記する。

さらに、”equivocal” が “informal”(青字)である
ことを2点は示す。残りの2点に表示はなく、
論が分かれるが、堅めの表現であることは確か。

言わば、小学生の会話には出てこない類の形容詞である。

既記の通り、「はっきりしない(not clear)状態が
“equivocal” の本質なので、 るい言い逃ればかりでなく、
「どうにでも解釈できる」多義性 意味も兼ね備える。

両者を区別するため、語釈は2項ずつ並ぶ(CALD4のみ1項)。

◆ 以下が典型用例。

苦し紛れの空気が渦巻く雰囲気だが、私たちの大多数が
双方の立場を幾度も味わってきたはず。

  • “His answer was equivocal.”
    “He gave an equivocal answer.”
    (彼の答えはあいまいだった。)
    玉虫色の返答だった。)
  • “Her attitude was equivocal.”
    “She showed an equivocal attitude.”
    (彼女の態度ははっきりしなかった。)
  • “They were equivocal about the plan.”
    (彼らはその計画についてどっちつかずだった。)
  • “The results were rather equivocal.”
    (結果はよく分からない感じだった。)
  • “The evidence remains equivocal .”
    (証拠は今なおはっきりしない。)
  • “She has been equivocal about her opinion.”
    (彼女は自分の意見をずっとうやむやにしてきた。)

どれもよくある場面かもしれない。

埒が明かないからと言って、他人を完膚なきまでに
追い詰めない方がよいと思う。

相手の逃げ道を完全に奪うと、執拗な恨みを買う。
その結果、自分の運気を落とし、思わぬ災難を
引き寄せることになりかねない。因果は巡る

 

【反意語】
unequivocal
あいまいでない、明白な

※ 接頭辞 “un”(~でない)を加えたもの

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英単語, 英語