プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Keep an eye on –

      2020/09/03

~に目を光らせる、~を監視する

“an eye” と必ず単数形になる。

2つある器官なのに、なぜ単数か。

目の<機能>を比喩的に示しているから。

生物学的な目ではなく<機能>を表す。

つまり、読む・見る・理解する等の<働き>を指す。
機能を表すだけなので、1つで十分。

(複数の英和及び英英辞典の解説より)

 

◆  数ある目の単数表現は、こちらで案内している。

 

ビジネスでもプライベートでも、比較的よく使われる印象。

◆  対象が「人」である場合、子どもが多いが、大人にも使われる。

  • “Keep an eye on a child.”
    (子どもから目を離さない。)
  • “Keep an eye on my boyfriend.”
    (私の彼氏を見張っててね。)
  • “Always keep an eye on each other for safety.”
    (安全のために、常にお互いへの注意を怠らないこと。)

◆  「人」に限らず、監視の対象になるもの全般に使える。

  • “Keep an eye on the weather.”
    (天気を見守る。)
  • “Keep an eye on trends.”
    (動向を見守る。)
  • “Please keep an eye on future announcements.”
    (今後の発表にご注目ください。)
  • “Please keep an eye on your school’s Facebook page.”
    (自分の学校のフェイスブックをチェックしていてください。)
  • “Keep an eye on my suitcase.”
    (私のスーツケースを見ていて。)

◆  「見続ける」という意味であれば、
形容詞を間に入れて複数形 “eyes” を使う。

  • “keep angry eyes on”
    (怒りに満ちた目で見続ける)
  • “keep anxious eyes on”
    (心配そうな目で見続ける)

 

◆  厄介なのは、<機能>を示すような表現でも、
複数形になるものがあること。

  • “only have eyes for – ”
    (~だけに関心がある)
  • “make eyes at – ”
    (~に色目を使う)

英語ネイティブでも、完全に区別できるとは考えにくい。
<決まり文句だから>との乱暴な解説もまかり通っている。

生物学的な目ではなく<機能>を表すから単数

基本知識としては、こう押さえておけばよい。

【類似表現】

“Keep tabs on – ”
https://mickeyweb.info/archives/12749
(〜を見張る、~を監視する)

“oversee”
https://mickeyweb.info/archives/22952
(監督する)

“custody”
https://mickeyweb.info/archives/27733
(1. 拘禁  2. 保護、養育権  3. 保管・管理)

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ