プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Keep an eye on –

      2018/12/21

~に目を光らせる、~を監視する

“an eye” と必ず単数形になる。
2つある器官なのに、なぜ単数か。

【理由】

目の<機能>を比喩的に示しているから。

つまり、読む・見る・理解する等の<働き>を指す。
生物学的な目ではなく、<機能>を表すため、
1つで十分。

(複数の英和及び英英辞典の解説より)

※ 詳細は、
“to an untrained eye”
https://mickeyweb.info/archives/7433
(素人目には)

Inline image 1

 

ビジネスでもプライベートでも
よく使われる。

◆ 対象が「人」である場合、
子どもが多いが、大人にも使われる。

“Keep an eye on a child.”
(子どもから目を離さない。)

“Keep an eye on my boyfriend.”
(私の彼氏を見張っててね。)

“Always keep an eye on each other for safety.”
(安全のために、常にお互いへの注意を怠らないこと。)

◆ 「人」に限らず、監視の対象になるもの全般に使える。

“Keep an eye on the weather.”
(天気を見守る。)

“Keep an eye on trends.”
(動向を見守る。)

“Keep an eye on my suitcase.”
(私のスーツケースを見ていて。)

「見続ける」という意味であれば、
形容詞を間に入れて、複数形 “eyes” を使う。

“keep angry eyes on”
(怒りに満ちた目で見続ける)

“keep anxious eyes on”
(心配そうな目で見続ける)

 

【類似表現】
“Keep tabs on – ”
https://mickeyweb.info/archives/12749
(〜を見張る、~を監視する)

“oversee”
https://mickeyweb.info/archives/22952
(監督する)

“custody”
https://mickeyweb.info/archives/27733
(1. 拘禁  2. 保護、養育権  3. 保管・管理)

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ