プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Sugarcoat

      2020/01/04

体裁をよく見せる

他動詞のみの動詞で、基本的意味は2つ。

(1) 砂糖をまぶす
(2) 体裁をよく見せる

sugar-coat” とハイフンを入れる表記もあるが、
使い方は同じ。

派生する形容詞 “sugarcoated” についても、
それぞれ取り上げる。

時事ニュースやビジネスの用法は (2) が中心。
よって、本稿では (2) に焦点を当てる。

(1) 砂糖をまぶす 

名詞 “sugar”(砂糖)+
他動詞 “coat”(~の表面を覆う)
だから「砂糖で覆う」。

【発音】 ˈʃʊɡ.ɚ.koʊt

文字通りの意味である。

「砂糖」を使う場面に限られるので、用途は限定される。
すなわち、調理・料理で使う場合がほとんど。

  • “Sugarcoat the beans to make them soft.”
    (豆を砂糖でまぶしてやわらかくする。)

調理以外では、形容詞 “sugarcoated” が多用される。
糖分で包んだ食品や医薬品(糖衣)の状態を表す。

  • “sugarcoated donuts”
    (砂糖をまぶしたドーナツ)
  • “sugarcoated tablets”
    “sugarcoated pills”
    (糖衣錠)

 

(2) 体裁をよく見せる

ニュース・ビジネスでは、この用法中心。

(1) の「砂糖で覆う」から転じて、
「うわべを飾る」
「見かけをよくする」

さらには、
「お涙頂戴にする」(過剰に感傷的にする)

甘い砂糖になぞらえて、上面を虚飾する行為を表す。
つまり故意に体裁をよくすること。
この由来からして、ネガティブイメージ満載。
悪事に及ばずとも、<ずるい印象>は付きまとう。

  • “The author sugarcoated the actor’s flaws.”
    (作者はその役者の欠点を取り繕った。)
  • “I did not sugarcoat the truth.”
    (私は事実を虚飾しなかった。)
  • “We don’t need to sugarcoat the issue.”
    (問題の体裁をよくする必要はない。)

  • “Let’s set the record straight, don’t try to sugarcoat it.”
    (体裁は不要、それより事実を明らかにしましょう。)
  • “She sugarcoated her story to get attention.”
    (注目を浴びるため、彼女は話をお涙頂戴に仕立て上げた。)

 

◆ 派生した形容詞 “sugarcoated”(体裁のよい)
もよく使われる。

“sugarcoated”

used to describe something that is made to seem
better than it really is.

(ロングマン、LDOCE6)

  • “She refused to accept sugarcoated lies.”
    (取り繕った嘘を彼女は拒絶した。)
  • “I don’t want your sugarcoated promises.”
    (あんたのうわべだけの約束なんていらんよ。)
  • “He wrote a sugarcoated article.”
    (彼は体裁のよい記事を書いた。)

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英単語, 英語