プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Laugh off

      2020/01/04

笑い飛ばす、笑ってごまかす

一笑に付す」を意味する句動詞。
すなわち「笑ってとりあげない」(広辞苑 第六版)
こと。


◆ “laugh” の語源は、古英語「大声をあげる」(hlæhhan)。

【発音】  lǽf
【活用形】   laughs – laughed – laughed – laughing

名詞・自動詞・他動詞がある。
大意は「笑う」で一貫している。

朗らかで楽しい笑いだけでなく、
嘲笑・冷笑など、印象のよくない笑いも
“laugh” で表現できる。

“laugh off” の “laugh” は、他動詞「笑う」。

◆  “off” は副詞。

副詞の “off” は非常に多義である。
ここでは「離れて」という空間的な分離を示す。

この副詞 “off” と同じ用法には、次の句動詞がある。

  • fend off(かわす、寄せ付けない)
  • ward off(かわす)
    ※ “fend off” とほぼ同義、後述OALD参照
  • fight off(撃退する)
    ※ “fend off” とほぼ同義、後述OALD参照
  • back off(引っ込んでろ、後ろに下がれ)
  • stand off(近寄るな)
  • keep off(立ち入るな、立入禁止)
  • hands off(触るな)
  • shrug off(受け流す、あしらう、一笑に付す、
    相手にしない、スルーする)

「離れる」転じて「飛ばす」となり、
“laugh off” は「笑い飛ばす」。

似通った感情の「笑ってごまかす」も意味する。
さらに、マイナー用法として「笑って退場させる」。

◆「笑い」とは、非常に複雑な感情表出とされる。

人間固有の奥深い感情で、昔から分析されてきている。

フランスの哲学者、ベルクソンの名著『笑い(1900年刊)
が有名だが、はるか以前にプラトン(前427~前347)
が考察済みである。

◆「笑い飛ばす」本人の胸中は推察しがたい。

一見、歯牙にもかけない強気の笑いに見えても、
本心を簡単に推し量ることはできない。

焦燥・屈辱・痛恨・憎悪・悲嘆・諦念・憤怒

その笑いの裏に、別の感情をひた隠しているかもしれず、
実は笑い事でなかったりする。

そんな多重的な笑いだが、辞書の説明はすっきり単純だ。

laugh off

to pretend that something is less serious
than it really is by laughing or joking about it.

(ロングマン、LDOCE6)


◆ 人間の感情を理解するのは容易でない。

無形ゆえ、不可視的で抽象的 (“integrity” 参照)。

それを言葉で表すのは、まさしく “challenging
に他ならない。

  • “She laughed off the rumor.”
    (彼女はそのうわさを笑い飛ばした。)
  • “Don’t laugh off your mistake.”
    (自分のミスを笑ってごまかすなよ。)
  • “He tried to laugh off his troubles.”
    (彼は自分の悩みを笑い飛ばそうとした。)
  • “She laughed off his proposal.”
    (彼のプロポーズを彼女は一笑に付した。)}
  • “I just had to laugh off his request.”
    (彼の要求は笑い飛ばすしかなかったのよ。)

 

【関連表現】

“crack up”
https://mickeyweb.info/archives/20422
(爆笑する、爆笑させる)

 

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ