プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Get on my nerves

      2018/11/19

神経に障る、むかつく

“nerve” には、名詞と他動詞がある。
語源は、ラテン語「腱」(nervus)。

名詞は多義だが、次の2つを覚えておけば、
日常的には間に合う。

  • 可算名詞「神経
  • 不可算名詞「図太さ

他動詞は「勇気を与える」という意味だが、
めったに出てこない。

“nerve” は名詞で使われる場合がほとんど。
だから、上記青字を押さえておこう。

ここでの “nerve” は、可算名詞「神経」。
この用法では、複数形 “nerves” で使われるのが通例。

“get on” は、多義の句動詞。
ここでは「乗る」。

・ 自動詞 “get“「至る」
・ 副詞 “on“「上に」→ ここでは前置詞でない

「上に至る」だから「乗る」。

よって、”get on my nerves” の直訳は
「私の神経に乗る」。
転じて「神経に障る(さわる)」。

癇(かん)に障る」や「いらいらさせる
と訳されることも多い。
若者風に言えば「むかつく」。

対象は、人間に限らない

神経に障る森羅万象が対象

この点、形容詞の
annoy / annoying“(うざい、うっとうしい)
と同じ。

そこで、「→」で言い換えてみた。
同義ではないが、趣旨は重なる。

  • “My dad gets on my nerves.”
    (父はいらいらさせられる。)
    →  “My dad is annoying.”
    (父はうざい。)
  • “That’s getting on my nerves.”
    (それって、不愉快なんだけど。)
    →  “That is annoying.”
    (それって、うざい。)
  • “You really gets on my nerves.”
    (おまえにはマジでむかつく。)
    →  “You are really annoying.”
    (おまえはマジうざい。)

6文とも、若い男女がよく言う文句である。

表題は、最頻出の “my” を選んだが、
同じく人称代名詞の所有格
my、your、his、her、their、our、its
でもよい。

 

【類似表現】

・ “get under (somebody’s) skin
https://mickeyweb.info/archives/32972
(~をいらいらさせる、~を怒らせる)

・ “hit a nerve
・ “hit one’s nerves
(神経に障る、痛いところを突く)

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ