プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

First come, first served.

      2018/11/27

先着順、早い者勝ち

「早い者勝ち」と聞くと、子ども間の
<おやつの取り合い>みたいだが、表題は
ビジネスにもよく出てくる。

「先着順」といえば、この表現。定訳である。

first come, first served” =
(saying) people will be dealt with, seen, etc.
strictly in the order in which they arrive.

(オックスフォード、OALD9)

ここに “saying” とあるように、その正体は、
ことわざ「先んずれば人を制す」。
※ 名詞 “saying” =「ことわざ」「格言」

The first to come will be
the first to be served.
(最初に来る者が、最初に給仕される者となる。)

下線部を格言に仕上げた。

ビジネス用途では、いかにも格言的な
<4語>完結よりも、次の表現が目立つ。

on a first-come first-served basis
on a first come, first served basis
(先着順で)

on a – basis“(~の基準で、~方式で)は、
堅めの言い回しだが、ビジネスでは多用される。

あらゆる基準手段を明示することができるため、
応用範囲は広い。

可算名詞 “basis“(基準) の最頻出フレーズ。
可算名詞なので、不定冠詞 “a” をつける。

手段を示す前置詞 “on“(~によって)を伴い、
“on a – basis”(~の基準で、~方式で)。

ダッシュ部に、形容詞またはハイフンつきの
複合語(複合形容詞)を入れると、
フレーズ全体が形容詞の役割をなす。

代表例は、

  • on a regular basis
    (定期的に)
  • on a daily basis
    (毎日のように)
  • on a temporary basis
    (一時的に)
  • on a 24-hour basis
    (24時間体制で)
  • on a case-by-case basis
    (ケースバイケースで) ※ 複合形容詞
  • on a fifty-fifty basis
    (五分五分で)  ※ 複合形容詞
  • on a face-to-face basis
    (対面で)  ※ 複合形容詞

以上7例のうち、最後の3つがハイフン入りの
複合形容詞compound adjective

“24-hour” は、数字と文字を組み合わせるため、
文法上ハイフンを要する

◆ 表題の4語そのままでは、いかにも宣伝文句で、
応用しにくい。

例えば、

“Our special sale is first come, first served.”
(特売は早い者勝ちです。)

“Drinks are first come first served.”
(お飲み物は早い者勝ちです。)

“This service is first come, first served.”
(このサービスは先着順です。)

“Reservation required, first come first served.”
(予約が必要で、先着順です。)

 

◆ “on a – basis” の形であれば、ずっと実用的になる。
形容詞句の「先着順に」となるため、文中でも不自然
でなくなるから。

Inline image 1

“Tickets will be released on a first come,
first served basis.”
(チケットは先着順で配布されます。)

“Parking spaces are available on a first come,
first served basis.”
(駐車場は早い者勝ちです。)

“Phones were sold on a first come,
first served basis.”
(電話は先着順で売られた。)

“Students were registered on a first-come,
first-served basis.”
(学生たちは先着順に登録された。)

“Orders will be made on a first-come,
first-served basis.”
(ご注文は早いもの順です。)

“Let’s address our customers on a first-come,
first-served basis.”
(お客さんを先着順に対応しましょう。)

“We will allow new subscribers on a first-come,
first-served basis.”
(先着順で新規購読者を受け入れます。)

◆ ハイフンの使い方には、英英辞書間でも
ばらつきが見られ、次のように二分された。

  • 各 “first” 直後に挿入
  • ハイフンを一切使用しない

上記例文では、両方示してある。

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ