プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Chances are –

      2018/02/24

おそらく~だろう 

「おそらく~だろう」
「多分~だろう」
と言いたい時に多用される<2語ワンセット>
の決まり文句。

口頭が目立つが、文面でも問題ない。

ポジティブな響きを帯びる “chances” に
be動詞 “are” をつけたシンプル構造。

摩擦音の “ch” から始まるため、言葉に勢いが出て、
言い出しには打ってつけ。
語勢が強いと、他者の注意を引く効果が高まる。

1990年代、「ちゃんと、ちゃんとの味の素
のCMが話題となった。
当時のコーポレートスローガンをそのまま
織り込んだ、印象的なキャッチコピー。

日本語の「ちゃ」は破擦音だが、 “ch” の特長
は共通しており、それを活かした例と考えられる。
※「破擦音(はさつおん)」とは、破裂音と摩擦音
の両方を持ち合わせ、破裂音の直後に摩擦音が来る

◆ “chances” は、名詞 “chance” の複数形。
“chance”(発音:tʃǽns) には、名詞・形容詞・
自動詞・他動詞がある。
語源は、ラテン語「出来事」(cadentia)。

カタカナ「チャンス」とは、「機会」「好機」。
(広辞苑 第七版)
英語でも、この2つが基本。

同義語は “opportunity”。
肯定文の場合、”chance” の方が偶然性が強い。
つまり、「偶然または運よく起こる」様子。

– 名詞「機会」「好機」「偶然」「可能性」
– 形容詞「偶然の」
– 自動詞「偶然~が起こる」
– 他動詞「思い切ってやってみる」

◆ このうち、圧倒的に使われるのは名詞。
可算名詞と不可算名詞を兼ねる。

名詞 “chance” は、英単語として最頻出かつ最重要。

口語・文面とも、頻出は<トップ1000語以内>。
重要も<トップ3000語以内>
どれも最高ランクの位置づけにある。

(ロングマン、LDOCE6 の表記より)

表題でも名詞で、「可能性」の意味合い。
直訳は「可能性は~である」。
「~という可能性である」と換言でき、
転じて、「おそらく~だろう」。

「可能性」の名詞 “chance” は、可算・不可算兼用。
“Chances are – ” では、可算名詞の複数形。

単数形の “A chance is – “(ある可能性は~である)
や “The chance is – “(その可能性は~である)
では、意味合いが違ってくる。

このフレーズは、複数が通例となる。

ただし、複数形に定冠詞をつけた
“The chances are – ” は、同義扱いできる。
これなら<3語ワンセット>。

次の通り、CALDでは カッコ入りの “the”
を加えて項目立てしている。

(the) chances are” =
informal
it is likely.
(ケンブリッジ、CALD4)

Chances are” =
it is likely that.
(ロングマン、LDOCE6)

※ 下線は引用者

“likely” には、形容詞と副詞があるが、
ここでは形容詞「ありそうな」「起こりそうな」。
「絶対確実とはいえないが、起こりうる」レベル。

蓋然性(がいぜんせい)を示す一般語が “likely”、
すなわち “chances are” である。

「蓋然」=
おそらくそうであろうと思われるさま。
(広辞苑 第七版)

したがって、”it is likely that – ” は、
「~はありそうである」「~は起こりそうである」。

まとめると、

“chances are” =
「おそらく~だろう」「多分~だろう」
「~はありそうである」「~は起こりそうである」

“are” 以降に続く内容に合わせて、和訳を当てはめる。

◆ 文法上は、be動詞 “are” の直後に
従属接続詞 “that”(that節)を置くのが原則となる。
だが、実際の使用では、“that” を省略することが多い。

以下の例文では、カッコに入れて示したが、いずれも
削っても問題ない。

Inline image 2

  • Chances are (that) she will be late again.”
    (おそらく彼女はまた遅刻するだろう。)

  • “Chances are (that) he has heard the news already.”
    (おそらく彼は既にその知らせを聞いているだろう。)
  • Chances are (that) he has left there by now.”
    (おそらく彼は既にそこを去っているだろう。)

  • “Chances are (that) she will leave me soon.”
    (おそらく彼女は僕を振るだろう。)

◆ “chances” が「好機」「機会」なら、こんな感じ。

  • “Chances are increasing.”
    (機会が増えている。)
    (好機が増えている。)
    (可能性が増えている。)
  • “Chances are slim.”
    (機会は少ない。)
    (好機は少ない。)
    (可能性は低い。)

【関連表現】

“when you get a chance”
https://mickeyweb.info/archives/132
(ご都合の良い時に)

“Take a chance.”
https://mickeyweb.info/archives/3329
(一か八かやってみなさい。)

“have a fat chance”
“have no chance”
(可能性なし)(見込みなし)

 

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ