プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

And the like

      2018/08/20

など、及び同類のもの 

文面中心の<3語ワンセット>。
文中または文末につける副詞的表現「など」。
例示に用いるが、特色のある “and the like”。

その他の「など」は次の通り。

<類似表現>

中立的 = 他意のない「など」

  • etc. / et cetera  ※ ラテン語「その他」
    “et (and)  cetera (the others)”
  • and more
  • and others
  • and so on
  • and so forth

ネガティブ文脈で多用されがちな「など」

  • whatnot
    ※ 中立的な意味合いでも使う

など【等・抔】
[助詞](副助詞)
1. ある語に添えて、それに類する物事が他にもあることを示す。
2. それだけに限定せずやわらげている。
3.(引用句を受けて)「大体そんなことを」の意を表す。
4. その価値を低めていう。相手の言ったことをしりぞける心持で、
特にとり立てて示す。否定的・反語的表現を伴うことが多い。
(広辞苑 第七版)

一方、”and the like” の特色は、

同類の事物を並べる時の「など」
→ 「このようなもの」としての「など」

whatnot” と同様に、直前のコンマは
あったりなかったりする。
その適否は、文法書により論が分かれる。

メディア報道を含む日常使用を調べると、
両方ありな感じ。

◆「このようなもの」としての「など」
を示す根拠は “like”。

動詞「好き」の “like” ではない。
【参照】”well-liked
前置詞「~に似て」「~のように」の “like”。
【参照】”like you’ve done for me

語源が異なる。別物である。
–  動詞「好き」→ 古英語「喜びを与える」(līcian)
–  前置詞「~に似て」→ 古英語「似ている」(gelīc)

発音は完全に同じ(láik)。1音節の「イク」。

「好き」の “like” は動詞中心。自他動詞と名詞がある。
「~に似て」は前置詞中心。その他の品詞は非常に多い。
形容詞・副詞・接続詞・名詞・自動詞もある。

◆ ここでは名詞。可算名詞のみ。
圧倒的に使われる前置詞 “like” に比べ、
名詞 “like” を目にする機会は少ない。
マイナー用法である。

初めて見ると、浮いて見えるのが名詞 “like”。
以下5文をご覧いただきたい。
一読して、意味をつかめるだろうか。

  1. “I have a lot of likes and dislikes.”
    (私は好き嫌いが多い。)
  2. “We will never see her like again.”
    (彼女のような人は二度と表れないだろう。)
  3. “Don’t be friends with the likes of him.”
    (彼のような人々と友達になるな。)
  4. “I will contact the likes of the directors
    and managers.”
    (ディレクターやマネージャーのような方々
    に連絡してみます。)
  5. This YouTube video has a million likes.”
    (このユーチューブ動画には、100万件以上
    の「いいね」がついている。)

表題を除けば、この5つが名詞 “like” の代表例である。
名詞 “like” をきちんと把握していれば、どれも簡単。
表題など、お茶の子さいさいだろう。

“and the like” は、例2、3、4 と重なる用法(緑字)。
すなわち、可算名詞 “like” は「~のような人・物」。
同様な人」「同様な物」を指す
無生物でもよい。

6. “It was a great movie.
I’ve never seen the like before.”
(素晴らしい映画だった。
このようなものは観たことない。)

同様」= 同じさまであること。
同類」= 同じ種類。同じたぐい。
(広辞苑 第七版)

例3と4が複数形 “likes” なのは、指している内容が
直前に並べた複数の「人々」「方々」であるから。

一方、表題が単数形 “like” なのは、この用法
では単数名詞となるからである。
(OALD9、オックスフォードによる)

単数名詞」(singular noun)
単数形で使われるのが一般的な名詞
英英辞書で “S” また “sing” 略記されたりする。

ここでの “and”(及び)は、”the like”(同様な人・物)
を追加で加えるための接続詞 。

可算名詞なので、不定冠詞の “a like” でもよさそうだが、
表現として “and the like” で確立している。

and the like / and such like” =
and similar things.
(ロングマン、LDOCE6)

and the like” =
and other similar things.
(ケンブリッジ、CALD4)

調べた6点の英英辞書の解説は酷似しており、
形容詞 “similar” のオンパレード。
すなわち、上掲の広辞苑の「同様」「同類」と等しい。

◆ また、この LDOCE6 にあるように、
and such like” とも記す。

“such” には、形容詞と代名詞がある。
語源は、古英語「そのような」(swilc)。
代名詞の場合、”such” 単独で名詞となる。

一般名称の代わりに、直接個別に機能するのが、
「代名詞」。

■ 代名詞 “such” の例:

  • “Such is life.”
    (それが人生。)
  • “I have never seen such.”
    (そんなの見たことない。)
  • “Princes, princesses and such.”
    (王子、王女などのお歴々。)

“and such like” の “like” は、先述のように可算名詞。
名詞 “like” を飾る以上、この “such” は形容詞。

◆ 以上で、”and the like” の解説は終わり。
ポイントは、名詞 “like” の意味と用法。
既記の<例文1~6>を自力で読み取ることができれば、
名詞 “like” の基本は理解できている。

力試しとして、締めの5文にトライしてみよう。

  • “We need to request support from the police,
    the fire department, the hospital and the like.”
    (警察、消防署、病院などに支援要請しなければ
    ならない。)
  • “There are cages for dogs, cats and the like.”
    (犬、猫、その他の動物のためのケージがある。)
  • “She stays fit by walking, jogging and the like.”
    (彼女はウォーキングやジョギングなどで
    体型を維持している。)
  • “I love to watch actors, actresses, models,
    and the like.”
    (俳優、女優、モデルなどを見るのが好き。)
  • “We need money for healthcare, education
    and the like.”
    (教育や健康管理などにお金が必要なのよ。)

以上の和訳は一例である。

“and the like” が含む “similar“(同様、同類)
の意味合いを込めて訳すのは難しい。
「~と同類の」とすると、いかにも翻訳といった、
不自然な印象を帯びてしまう。

その結果、無難な和訳「など」が定訳となっている。

名詞 “like” の基本を把握できている方にとっては、
「など」ではニュアンスが伝えきれていない
ことは自明であろう。

受験英語と異なり、実務の和訳においては、
自然な日本語との兼ね合いを考慮し、どのように
折り合いをつけるかが問われる。

【類似表現】
whatnot
https://mickeyweb.info/archives/25021
(など、その他いろいろ、その他もろもろ)

so-and-so
https://mickeyweb.info/archives/29618
(誰それ、誰々、何とか)

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ