プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

The sooner, the better.

      2020/01/04

早いに越したことはない。

「さっさとやっちまおう」という具合に、
仕事の早い人やせっかちな人が好んで使う。

“sooner” と “better” が韻を踏んでいる。
(”The words sooner and better rhyme.”)

言いやすく耳触りがよい。
→ 「韻」の詳細は、”first and foremost

<作業開始が早ければ終了も早い>
という効率面以外にも、

相手の気が変わる前にやってしまおう>
との魂胆があったりする。

◆ “soon” には、
副詞(早く、まもなく)と形容詞(早い)がある。
ここでの “sooner” は、副詞の比較級「より早く」。

◆ “better” は多義で、名詞・副詞・形容詞・
他動詞・自動詞がそろう。

  •   副詞 “better” 「よりよく」
    → “well”、”very much” の比較級
  •   形容詞 “better” 「よりよい」
    → “good”、”well” の比較級

同じ比較級でも、”sooner” より複雑である。

もっとも、カタカナ語「ベター」と用法が
重なっているため、理解はそう難しくないだろう。

片や “good” は、形容詞が主。
副詞(かなり、うまく)はまれ。

“good” の副詞用法は、”well” の代用
と解釈されている。

“The sooner, the better.”

構文
the + 比較級、 the + 比較級
の代表例

この “the” は、副詞

■ 最初の “the” → 関係副詞
by how much

■ 次の “the” 指示副詞
by so much

~すれば、ますます」の意味

 

< 副詞用法の “the” >

  1.  the ~ 比較級、the + 比較級
  2. 最上級や比較級の形容詞(most、more など)、
    序数(first、second など)、一部の形容詞(same など)

定冠詞 “the” の原義 >

「その」「この」「例の」
などの指示代名詞
→ “that” と同様
可算名詞・不可算名詞に関係なく用いられる  

片や 副詞 “the” は、格変化で生じたもの。

  定冠詞 “the” とは、意味も役割も違う。

したがって、副詞はマイナー用法と考えられる。

 

【参考】 it” は人称代名詞、”that” は指示代名詞

定訳は「早ければ早いほどよい」。

日本では高校で学ぶ構文で、一種のことわざと言える。

ことわざは、文法面が複雑なものが多い。
言いやすくするため、極限まで簡潔にした短句なので、
文法面が犠牲になるきらいがあるのだ。

ことわざの文法は、通常の文法とは一線を画するものが多い。

つまり、英文法の基本から外れる<特殊なケース>
が少なくない。

これらの文法解釈には、時間をかけすぎない方がよいと考える。

【関連表現】

“Better late than never.”
(遅れても、何もしないよりはまし。)

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ