プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

No pun intended.

      2019/09/08

しゃれのつもりはありません。

口頭で使うこともあるが、主流は文中。

思わずして、語呂合わせを含んでしまった文章
の直後に挿入する<3語ワンセット>。

カッコに入れることが多い。
文章の中に置く場合、小文字の “n” が頭で (no pun intended) 。

“pun” には、名詞「だじゃれ」と
自動詞「しゃれを言う」がある。
ここでは名詞(可算名詞)。

英語の「だじゃれ」 は「同音異義(homonym)」
を指すのが原則。

掛詞の一種である。

“I hurt my foot at the foot of the
mountain
(no pun intended).”
(山のふもとで足を痛めた。)

※ “foot”(ふもと)と “foot”(足)が同音異義

“intend” は、他動詞「意図する」と自動詞「目的を持つ」
(まれ)がある。

ここでは他動詞の過去分詞 “intended“。

“no” を頭につけて、文全体を否定する「文否定」
の<3語ワンセット>で、「~を意図していない」。

【例】”No harm intended.”
(害を意図していません → わざとやっていません)

よって、”No pun intended.” の直訳は、
だじゃれを意図していない」。
平たく言って「しゃれのつもりはありません」。

一見、真面目な宣言ではある。

新聞・雑誌のこなれた文章(主にエッセイ)
で見かけるフレーズだが、本当に意図していないかどうか。

日本語でも見受けられる「受け狙い」もありだが、
さじ加減を間違えると、読者は一気に興ざめする。

メディアの発達に伴い、受け手の目が肥えている昨今。
偶然しゃれが入っても、”No pun intended.”
と明記しないライターが最近は多いようだ。

 

【類似表現】

“No kidding ! ”
https://mickeyweb.info/archives/404
(本当ですか! ウソでしょ! マジですか!)

“Give me a break.”
https://mickeyweb.info/archives/540
(いい加減にして。勘弁して。ばか言わないでよ。)

“I mean it.”
https://mickeyweb.info/archives/454
(私は本気で言ってます。)

“It’s no joke.”
https://mickeyweb.info/archives/8587
(冗談ではない。冗談では済まされない。)ーー

“It’s not funny. ”
https://mickeyweb.info/archives/719
(笑いごとではないのよ。)

“Don’t be silly.”
https://mickeyweb.info/archives/1408
(ばか言うな。いい加減にしなさい。)

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ