プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

First and foremost

      2020/10/28

真っ先に、何よりも

口頭・文面を問わない決まり文句。

文頭・文中・文末すべてOK。
<3語ワンセット>で “the” はつかない。

類似表現がかなり多い意味合いだが(後述)、
その中でも応用範囲が広く、知的で上品な表現である。
ぜひご自分で使えるようにしておくとよい。

“first” と “foremost” のどちらも “f” で始まり、
韻を踏んでいる(頭韻法、いんとうほう、 head rhyme、alliteration)。

【発音】  əlìtəréiʃən
【音節】  al-lit-er-a-tion  (5音節)

“The words first and foremost rhyme.”

「頭韻」の反対は「脚韻(きゃくいん)」。

この “end rhyme” の一例は、”nitty-gritty“。

◆  いの一番に」が定訳のひとつとされるのは、
こちらも韻を踏んでおり、和訳にぴったりとされるから。

  いのいちばん【いの一番】

(いろは順番付の1番の意から)
まっさき。最初。

(広辞苑 第七版)

言いやすく耳触りがよいので、話者にも聞き手にも
好まれるフレーズ。

【参照】 “The sooner, the better.

◇  英語の頭韻(head rhyme、alliteration)は、
有名な商標名・固有名詞にも多く採用されている。

  • Big Ben
    (ビッグベン)
  • Coca-Cola
    (コカコーラ)
  • Intel Inside
    (インテル社のキャッチコピー)
  • World Wide Web
    (ウェブサイト)
  • Donald Duck
    (ドナルド・ダック)
  • King Kong
    (キング・コング)
  • Mickey Mouse
    (ミッキー・マウス)
  • Minnie Mouse
    (ミニー・マウス)
  • Peter Parker
    (スパイダーマン)

頭韻で我が子を命名した知人は少なくない。

◆  “first” には、形容詞・副詞・名詞がある。

【発音】  fə́ːrst
【音節】  first  (1音節)

語源は、古英語「最上級」(fyrst)。
基本的意味は、この語源に沿う。

–  形容詞「第一の」「最初の」「一番の」
–  副詞「第一に」「最初に」「一番に」
–  名詞「最初のもの」「最初の部分」

“first” は、ピュッと威勢のよい1音節(one syllable)
で、英語ネイティブには好まれる発音。

→  音節の差異が顕著な日英比較は、”integrity” 参照

◆  最も基本となる、形容詞 “first” の英単語全体の位置づけは、

  •  重要度:最上位 <トップ3000語以内>
  •  書き言葉の頻出度:最上位 <トップ1000語以内>
  •  話し言葉の頻出度:最上位 <トップ1000語以内>

いずれも最上位である。
(ロングマン、LDOCE6 の表記より)

しかし、表題の “first” は、形容詞ではなく、副詞「第一に」。

  •  重要度:最上位 <トップ3000語以内>
  •  書き言葉の頻出度:<1001~2000語以内>
  •  話し言葉の頻出度:最上位 <トップ1000語以内>

形容詞に比べると、書き言葉としての頻出度が一段格下。

◆  “foremost” には、形容詞と副詞がある。

【発音】  fɔ́rmòust
【音節】  fore-most  (2音節)

語源は、中期英語「最初の」(formest)。
こちらも、語源通りなので分かりやすい。

–  形容詞「真っ先の」「第一の」「最重要な」
–  副詞「真っ先に」「第一に」「最重要の」

ここでは、同じく副詞「最重要な」。

したがって、”first and foremost” の直訳は、
「第一に、かつ、最重要な」。

最重要ゆえ、最優先>を示す、<3語ワンセット>の副詞用法。

平たく言えば、「何よりも」「何はともあれ」。
定訳は「いの一番(に)」。

“first and foremost”

used to emphasize the most important quality,

purpose, reason etc.

(ロングマン、LDOCE6)

※  下線は引用者

名詞用法として「最優先事項」
the first and foremost priority
という言い回しもある。

可算名詞 “priority” を直接飾る形容詞の
役割なので、序数・最上の “the” がつく。

だが、”first and foremost” のまま用いる方が多い。
この方が、文頭・文中・文末のどこでも使えて
便利である。

◆  和訳は、文脈に合わせて工夫する。

上記の直訳では、不自然になる場合が多い。

また、定訳とされる「いの一番(に)」は、日常使用
ではきごちないため、実際はめったに使われない印象。

 

<文頭>

“First and foremost, I need to save money.”
(とにかく、貯金をしなければ。)

“First and foremost, go see a doctor.”
(何はともあれ、医者に診てもらいなさい。)

“First and foremost, we have to cut the cost.”
(真っ先に節約しなくてはならない。)

“First and foremost, do not pay any money.”
(とにかく、お金を一切支払わないこと。)

 

<文中>

“What he needs first and foremost is a
sense of belonging.”
(彼に何よりも必要なのは帰属感である。)

“I would like to first and foremost  express
my gratitude to all of you.”
(何よりも最初に、皆様にお礼を申し上げたい。)

“The rule here, first and foremost, is no smoking.”
(ここでの最重要のルールは禁煙です。)

 

<文末>

“We should have done this first and foremost.”
(まず最初にこれを実行すべきだったのだ。)

“My job comes first and foremost in my life.”
(私の人生では、仕事が最重要である。)

“Go talk to your doctor first and foremost.”
(とにかく主治医に相談しなよ。)

 

とにかく、きちんと歯磨きしなさい

【類似の頻出表現】    ※  “first” 入り

  •  “first of all
    (まず第一に)
  •  “in the first place
    (まず第一に、そもそも)
  •  “first things first ※  頭韻法、”thing” は複数形
    (まず重要なことから始めて)
  •  “first thing in the morning
    https://mickeyweb.info/archives/5059
    (朝一番に)

 

【その他の類似表現】

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ