プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

On a scale of 1 to 10

      2020/01/04

1から 10の 10段階で

測定可能(measurable)にすることは、
目標設定の原則。

よく知られた法則がこちら。

SMARTの法則

客観的に測定できるようにするため、
実務では数値化を追求する。

  1. Specific(具体的)
  2. Measurable(測定可能)
  3. Agreed upon(納得済み)
  4. Realistic(現実的)
  5. Timely(期限あり)

表題は、人間の判断力を要する場合によく使う。

“scale” には、名詞・他動詞・自動詞がある。
語源は、ラテン語「はしご」「階段」(scālae)。

【発音】  skeɪl

どの品詞も多義だが、一定の単位をイメージさせる
意味合い中心なのが、語源を彷彿させる。

表題に関係する基本的意味は、

– 名詞「目盛り」「定規
– 他動詞「~を測る
– 自動詞「~の重さ・寸法がある

ここでは、可算名詞「目盛り」

だから直訳は「1から10の目盛りで」。
ほぼそのままである。

この用途では、冠詞は “a” であり、
“the” は使わない。

また10段階だから “10” なのであり、
5段階なら “on a scale of 1 to 5“。

  • 正式表記 on a scale of one to ten
  • 日常使用 on a scale of 1 – 10

とアラビア数字とダッシュを用いることが多い。

この方が見やすく実用的であるからだろう。

◆ 併用する主な動詞

  • evaluate(評価する)
  • grade(格付けする)
  • judge(評価する)
  • rank(ランク付けする)
  • rate(評価する)

※ 「10段階」に作用するため、「評価」を意味する動詞中心

他人の主観に基づき数値化されることに、
反発を感じる人も少なくない。

例えば、人事評価における「勤務態度」や「意欲」。

だが、何らかの指標がないと、かえって不公平になったりする。
組織運営の難しさであり、永遠の課題だろう。

数字で可視化することには利点も多い。

例えば、性質的に本人しか分からない状態(痛みなど)
の情報を、他者に伝達することが可能となる(例文参照)。

ビジネスに限らず、プライベートでも
幅広く応用できる表現である。

  • “Rate your pain on a scale of 1 to 10.”
    (痛みの程度を10段階で表してください。)
  • “How much do you love me on a scale of 1 to 10 ?”
    (1から10で言えば、どれくらい私を愛してる?)
  • “How do you rate our services on a scale of 1 to 10 ?”
    (弊社のサービスを10段階で評価してください。)
  • “Grade each student on a scale of 1 to 10.”
    (各生徒を10段階で評価してください。)
  • “Our experts grade the condition of each item
    on a scale of 1-10, with 10 being best.”
    (弊社の専門家が各商品の状態を評価いたします。
    10段階評価で10が最高となります。)

 

【類似表現】

“On a count of three.”
https://mickeyweb.info/archives/1345
(1、2の3でいきます。)

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ