プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

As requested

      2020/03/06

ご要望の通り 

社内外のビジネスメールに頻出。
文頭・文中・文末いずれもOK。

たった2語で「あなたのご要望に従って」。

大変便利。

“as it was requested” または
“as it had been requested” が省略された常套句。
よって、動詞の過去分詞形 “requested” になる。

辞書・参考書の説明によれば上記だが、
“as you requested” の省略とも考えられる。
この場合は、過去形の “requested”。

◆ 添付ファイル付きで、

本文が “As requested.” だけ

の社内メールも時折見かける。


「あなたのご依頼に従って
このファイルを送付します」の意。

下線部以外の英文は、一切省かれている。

社外や目上には、本文が2語のみだと、
さすがに簡潔すぎる。

だが、頻繁にやり取りしている相手なら、
きっと大丈夫だろう。
ーー

“as” には、接続詞・副詞・代名詞・前置詞がある。

多義で重要、そして頻出なのは言うまでもない。
ここでは、様態・状態を示す接続詞
「~のように」「~の通り」「~のまま」。

as is“(現状のままで、副詞・形容詞)
as follows“(以下の通り)
と同じ用法である。

“requested” は、”request” の過去・過去分詞形。

“request” には、名詞と他動詞がある。
こちらは多義でなく、「リクエスト」そのもの。

– 名詞「要望」「要請」「依頼」「要求書」
– 他動詞「頼む」「要請する」

ここでは、上述の通り、
他動詞の過去分詞「要請された」。

よって、直訳は「要請された通り」。

as requested” は、事務的な言い回し

に違いないが、 ビジネス慣用句であり、基本的に失礼はない。

既記の通り、2語完結の社内メールもあるくらい。

シンプルで便利、英語の特長を実感できる表現である。

  • “I am sending you the document as requested.
    (ご要望に従い、この文書をお送りいたします。)
  • As requested, your order has been cancelled.”
    (ご依頼通り、お客様のご注文はキャンセルされました。)
  • “I drove her home as requested.”
    (彼女の希望に沿って、ご自宅まで乗せました。)

<同じパターンの頻出文句>

様態・状態の接続詞 “as” + 他動詞の過去分詞形
には、仕事で重宝するフレーズが多い。

  • as agreed
    (合意に従い)
  • as directed
    (指示に従い)
  • as discussed
    (話し合いに従い)
  • as mentioned
    (述べた通り)
  • as promised
    (約束に従い)
  • as planned
    as scheduled
    (計画通りに)

表題と同じく、いずれも
“as it was” または “as it had been” が
省略されているので、動詞は過去分詞。

【関連表現】
“request for – ”
https://mickeyweb.info/archives/12182
(〜の依頼、○○願)

 

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ