プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Real quick

      2019/10/12

今すぐに、ささっと

  I’m gonna do it real quick. 

ささっとやります」
ぱぱっと終えます」
ちゃちゃっと仕上げます」

こんな調子で日常的に使われる。

  躊躇なく「すぐやる」感じ。

英語ネイティブにとって発音しやすく、
聞き取りやすい。

語勢も強い。

素早くスムーズに事が運ぶ勢いで、
お互い気持ちよい。

きりきりしゃんとして、見ていて爽快だ。

一見くだけた語感だが、なれなれしさや
下品さはないので、使用場面を問わない。

口頭が多いが、文面でもOK。

ビジネスでもプライベートでも、
多用されて当然のフレーズである。

 

◆ “real” には、名詞・形容詞・副詞がある。

語源は、ラテン語「実物」(res)。
名詞以外は多義でなく、本義の「現実」に共通
する意味がほとんど。

基本的意味は、
– 名詞「現実」「実態」
– 形容詞「本当の」「本気の」「現実の」
– 副詞「本当に」「まったく」

ここでは副詞「本当に」で、
“quick” に伴い、強意の役割を担う。

 

◆ “quick” には、形容詞・名詞・副詞がある。

基本的意味は、
– 形容詞「速い」「理解が早い」「短気な」
– 名詞「生身」「要所」※ まれ
– 副詞「早く」「速く」※ 動詞の後に用いる

大半が形容詞で使われ、それ以外はマイナー用法。
ここでも形容詞。

“quick” の語源は、古英語「生きている」。
生き生きしており、動作が<速い>
という流れで派生した。

“quick” の持ち味は、瞬間的な速さ。

「ささっと」「ぱぱっと」「ちゃちゃっと」

  即刻その場でやる勢い。

【比較】形容詞 “fast” は、継続的な速さ

迷いのない「意欲」と確かな「実行力」

をアピールできる “real quick”

仕事の依頼時に、

I’m gonna do it real quick.”
「ささっとやりますね」
「ぱぱっと終えますから」

と即答されれば、こちらも安心するだろう。

強みの多い2語表現である。
自ら使えるようにしておきたい。

Inline image 3

“Let me show you real quick.”
(今すぐお見せしましょう。)

“Can you come here real quick ? ”
(今すぐこっちに来てくれる?)

“I’m gonna call him real quick.”
(今すぐ彼に電話しますね。)

I’ll get back to you real quick.”
(折り返しすぐにご連絡します。)

No worries. I can fix it real quick.”
(心配無用です。すぐに直せますから。)

“I’ll take out the trash real quick.”
(今すぐごみを外に出します。)

“The day will come real quick.”
(その日はすぐにやって来る。)

 

【関連表現】※ “real” の用法

“get real”
https://mickeyweb.info/archives/1825
(現実的になる、本気になる)

“for real”
https://mickeyweb.info/archives/8558
(本当に、本気で)

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ