プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Feud

      2020/01/05

不和、不和になる

一時的なトラブルや些細なすれ違いは対象外。
日常的な「けんか」は “feud” ではない。

長く、根深く、重苦しい不和。
それが “feud”。

【発音】  fjúːd

 

広辞苑の語釈にて、”feud” が明示されている。

  けっしゅう【血讐】

(feud)危害を受けた個人に代って
その血縁者の集団が加害者に復讐すること

広辞苑 第六版

 

すぐ仲直りするような<気軽さ>は皆無。
イメージはドロドロ(down and dirty)。


“feud” 
– 名詞「不和」「確執」「宿恨」「反目」
– 自動詞「争う」「反目する」

「宿恨」
年来のうらみ。宿怨。
(広辞苑 第六版)

an angry and often violent quarrel between
two people or groups that continues for a long time.
(ロングマン、LDOCE6)

※ 下線は引用者

名詞で使われることが多く、自動詞はマイナー用法。

名詞は、可算名詞不可算名詞を兼ねるが、
原則は可算名詞で “a” がつく。

【発音】  fjúːd

 

◆ 衆生界には「けんか」「口論」「不和」が
絶えないためか、英語表現も多数ある。

そのうち、日常的に多用されるものを挙げる。

  • altercation“(名詞)
    激しく声を張り上げる口論
    → ヒステリックな印象なのだが、なぜか
    <職場での口論>として好まれる
  • argument“(名詞)※ 頻出
    意見の相違による口論または議論
    → 論理的で、感情的でない印象を与える
    ために、品よく無難
  • brawl“(自動詞・名詞)
    派手な口論、騒々しく口論する
    → 公衆の面前でギャーギャー騒ぐ
    ため、ガキっぽい印象
  • conflict“(自動詞・名詞)
    対立する、衝突
    → 実際の戦争から文学作品内の対立まで、
    広範な衝突を指す
  • dispute“(自動詞・他動詞・名詞)
    論争・紛争、論争する
    → 法的な争いが中心
    _
  • fight“(他動詞・自動詞・名詞)※ 頻出
    戦う、戦い
    → 「けんか」「争い」の総称で、
    日常から戦争まで幅広くカバー
  • quarrel“(自動詞・名詞)
    口論する、(米)軽めの口論(英)深刻な口論
    →「口げんか」の総称

“feud” は頻出単語ではない

にもかかわらず、頻出語を含む上記7語に比べて、
時事やビジネス記事で比較的目立つ

一因として、堅めのメディアの場合は、日常的な口論
や不和を取り上げる機会が少なく、相対的に “feud” が
突出するためだと考える。

よくあるトラブルについて紙面を割いて解説するのは、
ハウツー系の特集記事であり、時事・ビジネスにはそぐわない。

それに対し、”feud” は長期的で根深い反目を表すため、
紛争の背景>をなす事例が少なくない。

世間を賑わす大企業の「お家騒動」が好例で、
“family feud” などと揶揄される。

企業に限らず、国家内外に広がる紛争にも “feud” は出てくる。
複数の人間が集まる集団や組織に「不和」はつきもの。

成立後の歴史が長くなれば、「確執」や「宿恨」の生じる
土壌もできやすくなる。

さらに、組織の規模が大きくなるほど、利害関係者は増す。
ドロドロの内情が暴露されるたびに “feud” の出番が増え、
紛争関連の記事に登場しやすくなる傾向がある。

“We had a feud over money.”
(お金のことで、私たちはもめたのです。)

“They have a bitter feud over land.”
(土地をめぐって、彼らはひどく争っています。)

“I’m having a feud with my annoying neighbors.”
(うざいお隣さんと反目しています。)

“She was embroiled in a family feud.”
(彼女は家族間の争いに巻き込まれた。)

“It’s time to settle feuds with my toxic parents.”
(毒親との確執を収める時期が来た。)

a blood feud“ 血讐

a family feud”  家族間の争い、内輪もめ、「お家騒動」

『クイズ100人に聞きました』

“Family Feud” は、アメリカのクイズ番組名として知られる。
1976年から現在に至るまで、40年以上も続く長寿番組である。

アンケートの回答に基づき出題される、家族対抗戦。

TBS『クイズ 100人に聞きました』(1979~1992年)は、
その日本版である。

↑番組ロゴ(米ABC放送)http://www.familyfeud.com/

 

【参照】  ※ 外部サイト

日本のお家騒動企業一覧と原因・結果(2016年)

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英単語, 英語