プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Toxic relationship

      2022/05/24

・ Estimated Read Time ( 推定読了時間 ): 8 minutes

有害な人間関係

日常に破綻を来すくらい 猛毒 
人間関係のこと。

人生を狂わせる力を秘める。

” a toxic relationship ” の逆は、

  • a healthy relationship
    ( 健全な人間関係 )

◆  ” relationship ” は、名詞のみの単語。

【発音】   rɪˈleɪ.ʃən.ʃɪp
【音節】   re-la-tion-ship (4音節)

可算名詞 と 不可算名詞を兼ねる。

関係 」「 関連 」が基本的意味。

  • relationship to sponsor
    ( スポンサーとの関係 )
    ※  申請書の質問項目

語源は、古フランス語「 関係 」( relacion )に、
抽象名詞を作る接尾辞  ” ship ” を足したもの。

特に「 人間関係 」を指すことが多い。

人間関係では、可算名詞 が通例。

よって、不定冠詞 ” a ” がつく。

複数形であれば、 ” relationships ”

「 家族関係 」は、普通は複数の人間関係( 親子・きょうだい
など )から構成されるため、複数形が原則となる。

  • family relationships 
    ( 家族の人間関係 )

なにかと問題だらけの、ぎくしゃくした人間関係は、

  • ” a rocky relationship 
    ( うまくいっていない関係 )
  • a sour relationship
    ( 気まずい関係 )
  • a bad relationship
    ( よくない関係、 悪縁 )
  • a strained relationship
    ( 緊迫した関係 )

関係の修繕なら、他動詞  ” restore ” をよく使う。

  • ” I would like to restore our relationship and move forward. ”
    ( 私たちの人間関係を修復し、前に進みたいのです。)

また、職場の不倫による引責辞任には、次の表現が多用されている。

  • an  unprofessional relationship 
    ( 職業倫理に反する関係 )

いずれかの当事者の意思に反する場合、大抵こうなり、発覚に至る。

  • unwanted romantic or sexual relationships 
    ( 望んでいない恋愛関係または性的関係 )

” an  inappropriate relationship ”  も使われるものの、

こちらは、多種多様の「 不適切な関係 」を広範にカバーする感じ。

「 性的 」な要素が匂い立つのは、” unprofessional relationships “。

両方、贈収賄事件でも使われている。

ニュース沙汰になりがちで、やたらと衆目を集める類の不祥事である。

婉曲的な表現だが、 報道記事などを読めば、 中身は推察できる。


◆  人間関係は、 ” a human relationship ” と学ぶ。

だが実際のところ、” relationship ”  単一だと誤解を招く
ケース( 男女関係 )や 正式用途以外は、” human ” 抜きの

” a relationship ” の方が、一般的な印象。

複数形であれば、 ” relationships “。

  • ” Parenting  &  Relationships ”    ※  雑誌見出し
    ( 育児 と 人付き合い )

個人的ではなく、 職務上であることを前面に出したければ、

  • a working relationship
    ( 仕事上の関係 )
    ( 職場での関係 )

こそこそ交際する、 内緒の関係は、


◆  ” toxic ” には、形容詞( 有毒な、有害な
及び名詞( 有毒物質 )がある。

◇  日常使用は  形容詞  が大半 

有毒な、 有害な


◆  語源は、ギリシア語「 矢につける毒 」( toxikon )。

派生する意味を含め、一貫して ネガティブイメージ

  • “Bullying is toxic.”
    ( いじめは有害である。)
  • Toxic masculinity glorifies unhealthy habits.”
    ( 有害な男らしさは、不健康な習慣を美化する。)

主な類義語は、 ” poisonous “、” harmful “、” deadly ” 。

本来は、物理的な「 毒物 」を表す。

現場や倉庫に掲げてある、骸骨サイン( ” Skull and Crossbones ” )
そのもの。

 


◆  無形で不可視の人間関係の描写において、形容詞 ” toxic ”
が頻繁に用いられるようになったのは、1990年代頃から。

人間関係の研究が急速に発展した時期と重なる。

現在では、かなり普及した用法である。

◆  形容詞  ” toxic ”  の 重要頻出は、
LDOCE6 ( ロングマン )の指標によれば、
  • 重要 :<3001~6000語以内>
  • 書き言葉の頻出:3000語圏外
  • 話し言葉の頻出:3000語圏外

英単語全体における立ち位置は、 さほど高くない。

頻出は、筆舌ともランク外で、 頻出に至らない。

toxic

informal : very unpleasant and causing
a lot of harm or unhappiness.

( ロングマン、 LDOCE6 )

※  下線は引用者

【発音】   tɑ́ksik
【音節】   tox-ic (2音節)


” informal “( 非正式な表現、 くだけた表現 )
とあるが、堅めの文章にも使用されている。

有害な人間関係ひとつならば、” a toxic relationship “。

人間関係の  ” relationship ”  は可算名詞ゆえ、” a ” つき。

見聞きするのは、複数形  ” toxic relationships ” が目立つ感がある。

不幸な人間関係をいくつも抱える人が、大勢いるからだろうか。

  • “I want to leave all toxic relationships behind.”
    ( 有害な人間関係をすべて終えたいの。)
  • “You should get out of this toxic relationship.”
    ( こんな病的な人間関係から、あなたは逃げるべきだ。)
  • “I never want to involve in a toxic relationship.”
    ( 私は有害な人間関係に一切関わりたくない。)
  • “You’re trapped in a toxic relationship.”
    ( あなたは有害な人間関係で身動き取れなくなっている。)
  • “Their toxic relationship came to light after they left here.”
    ( 彼らがここを去ってから、病的な人間関係が明るみに出た。)
  • “Staying in a toxic relationship will take a toll on
    your health.”
    ( 有害な人間関係を続ければ、あなたは健康を害するだろう。)

 

◆  ” toxic relationships ” は、

  心身の健康をむしばみ、幸せを遠ざける

 改善が望めないなら、逃げよう

状況が変わらないなら、逃げるが勝ち

【関連表現】

  •  toxic behaviors
    ( 有害な行動 )
  •  toxic thoughts
    ( 有害な考え )
  •  a toxic culture
    ( 有害な文化 )
  •  a toxic work environment
    ( 有害な職場環境 )
  •  a toxic workplace
    ( 有害な職場 )
  •  toxic water
    ( 有毒水 )
  •  toxic waste    
    ( 有毒廃棄物 )
  •  Toxic Substances Control Act 
    ( 米国有害物質規制法、 TSCA

 

  どれも「 害がある 」レベルでなく、
とてつもない破壊力 を伴うのが特徴

 

” toxic parents “ 

毒 親

( どくおや )


米国の Psychotherapist ( 心理療法士 )の
故  Dr. Susan Forward の 著書( 上掲 )

Toxic Parents

( 1989年刊 )より、世界中に広まっていった言葉。

Dr. Susan Forward ( 1938-2020 ) 和訳版


◇  2021年、旧和訳版( 1999年刊 )から、20年余。

英文原書( 上掲 )から、30年余の時を経て、
同じ翻訳者による、待望の「 完訳 」版が発行された。

毒になる親
完全版

スーザン・フォワード (著)、 玉置 悟 (翻訳)
毎日新聞出版、 2021年刊

毒親の棄て方
娘のための自信回復マニュアル

スーザン・フォワード (著)、 羽田 詩津子 (翻訳)
新潮社、 2015年刊

 

毒親に 負け

  • “His entire life had been all mapped out by his toxic parents.”
    ( 彼の全人生は、毒親によってすべて計画されていたのだ。)
  • “I try to keep an emotional distance from my toxic parents.”
    ( 毒親から心理的距離を保つべく努めている。)
    ( 毒親から情緒的距離を保つべく努めている。)
  • “I just ended a bad relationship with my toxic parents.”
    ( 毒親との悪縁を切ったばかりです。)
    ( やっと毒親との悪縁を切ってやった。)
  • “I don’t know how to deal with my toxic parents.”
    ( 毒親とどうやって付き合えばよいか分からない。)
  • “I struggled to gain freedom from my toxic parents.”
    ( 毒親から自由になるため、私は戦った。)
  • “You need to break off relations with your toxic parents.”
    ( あなたは毒親と縁を切る必要がある。)
    ( 毒親と縁を切りなさい。)
    ( 毒親なんかと縁を切れ。)



◆  毒親のしんどさは、自ら体験しない限り、理解しがたい苦痛。

想像だけでは、 絶対に分からない。

しかし、ひどい親も、いつしか衰える。

そんなに焦らなくてよい。

 必ず 「 時の力 」 が働き、
   物事は移り変わっていく  


ずっと現状のままなんて、
ありえない。

 

  万物逃れられないのが 「 時の力 」


Time works wonder.

 

 人智が及ばぬ 「 時間 」 の絶大な影響力
なにもかも吹き飛ばす、強烈なパワーを秘める


加齢に従い、形勢逆転する可能性も、念頭に置いてみる。

平均寿命から逆算することだ。

毒親育ちの方々が、着実に幸せに近づくためには、
男性も、女性も、 「 職業 」 と 「 パートナー
を間違ってはならないと、経験上考えている。

親と生育環境は選べなくても、正しく頑張れば、これらは選択できる。

めげずにしっかり生きていくと、 今の苦しみの大部分は、

「  時が和らげる  」 痛みに徐々に変容していくはず。

  •  加えて、 自身の成長により、 物事の見方が変わることはざらにある
  •  よぼよぼ、 ぼろぼろに、 老いさらばえた親を見る目も変わってくる
  •  40歳代までの親と、 70歳代後半に達した親は、 あらかた別人レベル

      こうしたことは、我が身でもって経験しないと、まず意味不明。
    だから、年若い頃は、ことさら毒親が憎く、息苦しくてたまらない。
    これから、 いろいろ変わっていく。  待て。  焦るな。  時は移ろう。


これが、「  時の力  」。

心の楽になる日が、きっとやってくる。

これまでの長い我慢と努力の日々は、天がきちんと見ている

ご自分の人生を、もっと大切に。

 

 Happiness is the Best Revenge 
最高に効果的な復讐は、
自分が幸せになること

 


That’s the best revenge of all : happiness.

Nothing drives people crazier than
seeing someone have a good fucking life.

Chuck Palahniuk
Author of  ” Fight Club ”  and several other novels

【 参考和訳 】

最も効果的な復讐は、幸せになることである。
誰かが、半端なく幸せな人生を送ってるのを見ることほど、
人を狂わせるものはない。

米小説家
代表作は 『 ファイト・クラブ 』、 映画化 された( 米 1999年 )


【発音】   hǽpinəs
【音節】   hap-pi-ness (3音節)

【発音】   rivéndʒ
【音節】   re-venge (2音節)


◆  この世は、 毒親・毒家族 に苦しむ人々であふれている。

通常、 世間体やプライドを重んじるため、 皆ひた隠しに隠す。

幸福そうに見えるのに、 内実はぐちゃぐちゃな家庭は珍しくない。

一見、 気楽で恵まれていそうな人も、 実際は地獄だったりする。

うらやましい境遇に思えても、 内心は見るも無残に傷ついた有様。

実態を知るにつれ、 「 自分の方がまだましだわ 」 と思わず感謝。

このような人生のからくりを見抜けるようになるには、 どうしても
年輪を重ねる必要があり、 若ければ若いほど捉えにくい側面である。

だからこそ、 焦ってはならない。

若さは、 残酷でもある。

若さが過ぎ去ってくれたおかげで、 私の心には安らぎが生まれた。

 

◆  先に触れた通り、「 毒親 」 の名付け親は、米国人女性の
Dr. Susan Forward ( 1938-2020 )。

毒親概念の 「 本家は米国 」 と言っても、 過言ではあるまい。

日本社会に比べて、 個人主義の傾向が強めなので、
米国発情報の方が、 しっくりくる場合もあるだろう。

良質な英文情報は、 豊富に公開されている。

How to Deal With Toxic Parents

これぞ、 世界のすごさ。   やはり、 英語圏は広し。

英語人口、 約15億人。

洋の東西を問わず、 毒親の共通点をふんだんに見出せる。

普遍性を持するゆえか、 英文でも共感を覚えたりする。

もうびっくりするくらい、 あのいやな感じが似通っているぞ。

和文記事以上に、 救いを見出すことができるかもしれない。

私自身がその口で、 体験談を読みまくった結果、 英語が身についた。

翻訳機能を使ってもよいのだ。

「 毒親対策 」 を学びがてら、 英語に馴染んでしまおう。

 

◆  できるだけ、

Toxic な環境を飛び出し、 心地よい「 新天地 」を見つける。

日本が無理なら、 海外を目指せ


そのためにも、 英語を身につけておくとよい。


【参考】    ※  外部サイト

・  日本のパスポートは 世界最強 CNN日経


https://www.henleyglobal.com/passport-index
2022年4月5日付

 

【参照】

・  comfortable in one’s own skin
・  test of time
・  just a phase
・  estranged

 


◆  もしも、 深刻な毒親育ちならば、

 

育った環境に比べると、

実社会は、極楽・楽園

 

世の中には、思いやりのある、

強い大人も、数多く存在する。

 

努力の報われやすい、 快適な

「 居場所 」を探し求めよう。

よく合う職業に就けば、 社会の素晴らしさが分かる。

今まで見たことない、 心優しい人たちにも出会える。

家庭では味わえなかった、 愉快な喜びが待っている。

 

 

どんな環境も、 あなたの育ったどん底よりはまし。

少なくとも、 私はそうだった。

仕事は嫌なら、 いくらでも変えられる。

ブラック企業といえど、 合法的に辞めることができる。

苦しさの本質が、 まったく異なると感じる。

 

◆  己の経験を踏まえて、 総合的に検討してみると、

自分に適した 職に就く


これが、 現実的な「 幸せへの近道 」 と私は考える。

適職にひたすら勤しめば、 運も気分も確実に上向く。

周囲の人がちゃんと見ていてくれて、 評価も上がる。

社会人として軌道に乗り、 自信と自尊心が強化される。

スキル と経済力を入手すると、 生きる力が湧いてくる。

自己肯定の循環が生じて、 人生の流れが大きく変わる。

こうして、 どうにか  「 負の連鎖 」  から脱出できる。

 

◆  つらかった過去は、 次第に 「 宝物 」 と化していく。

なぜなら、

既に自分は 「 どん底 」 を味わっているのだ

どん底 とは、「 最低の状態 」 であり、 底を打つということ。

どれほどみじめで、 耐え難い苛酷さか、 誰よりも知っている。

それ以下は、 ほぼ存在しないと思えるので、 実は安心なのだ。

谷深ければ山高し。

愛されて育った人が、 夢想だにしない独自の境地を獲得可能。

たやすく到達した次元ではないので、 生涯使えそうな知見。

今後の心の拠り所となり、 間違いなく 「 支柱 」 になる。

なにが起きても、「 昔に比べれば 」 大したことないと感じる。

昔が悲惨すぎたから。

実社会が楽ちんと思えるのも、 育った環境との相対的比較。

「 社会は厳しい 」 どころか、 「 天国なんですけど 」。

毒親の仕打ちに比べ、 パワハラ上司は児戯に等しい甘ちゃん。

「 うちの親の方が迫力あったぞ 」 と心密かに悪態叩く。

社会人って楽しいわ。

平然と人を許せたりするので、 周囲から 「 器の大きい人 」
などと勝手に解釈され、 図らずも信頼と好感度が増していく。

あずかり知らないところで、 よき運命へ上書きされている感触。

この域に達すると、  かつて苛まれた激しい怒りや悲しみなんぞ、
もうほとんど気にならず、  なんだかどうでもよくなっている。

時々うずくものの、 だいたい許容範囲内で、 わけない程度の痛み。

ついに、 毒親からの心理的 ( mentally )、 情緒的 ( emotionally
な自立・独立 ( independent )  を見事立派に果たした証である。

毒親に負けなかった。

◆  毒親育ちであれば、 常日頃から 「 ハイリスク 」 と自己認識し、

人一倍、 「 職業 」 と 「 パートナー 」  には留意したい。

その上、 確かな努力を積み重ねれば、 よい人生になっていく。

 

とりわけ、 中年以降に伸びていく。

毒親育ちは、 晩成型。

 

とにかく、 焦るな。

 

 

『 道をひらく 』  松下幸之助 (著)
PHP研究所、 1968年刊
<出版社HP>    <アマゾン>    <楽天ブックス>

 

 

 

【参考記事】    ※  外部サイト

◇ ” 15 Versions of Toxic People ”
https://www.heysigmund.com/when-its-not-you-its-them-
the-toxic-people-that-ruin-friendships-families-relationships/

日付なし

◇ ” How to Deal With Toxic Parents ”
https://www.webmd.com/sex-relationships/features/toxic-parents
日付なし

◇  ” 13 signs your friendship with someone is toxic
https://www.businessinsider.com/signs-your-friendship-is-toxic-2018-2
2020年5月17日付

◇  ” 15 Signs You Have Toxic Parents ”
https://blogs.psychcentral.com/imperfect/2018/07/15-signs-you-have-toxic-parents/
2020年5月4日付

◇  ” 12 Clues a Relationship with a Parent Is Toxic
https://www.psychologytoday.com/us/blog/toxic-relationships/201808/12-clues-relationship-parent-is-toxic
2018年8月31日付

◇  ” How To Tell If You’re In a Toxic Relationship –  And What To Do About It ”
https://time.com/5274206/toxic-relationship-signs-help/
Time.com  /  2018年6月5日付

米タイム誌の記事。

有毒な人間関係の有無を自己診断。

英文も内容も容易ではないが、中級学習者 の実力があれば、
次の概要は一読して把握できる。

  •  定義
    ” one seeks to undermine the other ”
    ( 相手を傷つけようとする)
  •  原因
    ” they were in a toxic relationship ”
    ( 本人も病的な人間関係を経てきている)
  •  前兆
    ” persistent unhappiness ”
    ( いつまでも続く不幸)
  •  対処法
    ” you’ve got to get out of it. ”
    ( 手に負えなければ、脱出すること。)


◇  ” 6 Toxic Relationship Habits Most People Think Are Normal ”
https://getpocket.com/explore/item/6-toxic-relationship-habits-most-people-think-are-normal
2014年8月8日付

  1.  The Relationship Scorecard
    ( 過去の誤りについて執拗に責める )
  2.  Dropping “ Hints ” and Other Passive-Aggression
    ( 遠言いたいことを遠回しに言う )
  3.  Holding the Relationship Hostage
    ( 感情・関係を人質扱いして脅迫する )
  4.  Blaming Your Partner For Your Own Emotions
    ( 相手を感情のはけ口にする )
  5.  Displays of “ Loving ” Jealousy
    ( 嫉妬のもたらす行為と愛情を混同する )
  6.  Buying the Solutions to Relationship Problems
    ( 問題をお金でごまかす )

◇  トキシックショック症候群 ( toxic shock syndrome; TSS )
=  非常に短い時間で重篤な病態を引き起こす、敗血症の一種

 

◇  「 限界だった 」 たった1人の介護の果て
なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか
https://mainichi.jp/articles/20201028/k00/00m/040/074000c
2020年10月28日付

◇  医学部受験で9年浪人 〝 教育虐待 〟の果てに …
母殺害の裁判で浮かび上がった親子の実態
https://this.kiji.is/741154375854899200
2021年3月15日付

◇  家を出られる「 唯一の手段が結婚 」の女性は大勢いる
https://dot.asahi.com/dot/2021092900024.html?page=1
2021年9月29日付

 

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ