プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Toxic relationship

      2021/04/16

有害な人間関係

日常に破綻を来すくらい「 猛毒 」な
人間関係のこと。

人生を狂わせる力を秘める。

” a toxic relationship ” の逆は、

  • a healthy relationship
    (健全な人間関係)

◆  “relationship” は、名詞のみの単語。

【発音】   rɪˈleɪ.ʃən.ʃɪp
【音節】   re-la-tion-ship (4音節)

可算名詞と不可算名詞を兼ねる。

関係 」「 関連 」が基本的意味。

語源は、古フランス語「関係」(relacion)に、
抽象名詞を作る接尾辞  ” ship ” を足したもの。

特に「 人間関係 」を指すことが多い。

人間関係では、可算名詞 が通例。

よって、不定冠詞 “a” がつく。

複数形であれば、 ” relationships ”

「家族関係」は、通常は複数の人間関係( 親子・きょうだいなど )
から構成されるため、複数形が原則となる。

  • family relationships 
    (家族の人間関係)

なにかと問題だらけの険悪な人間関係は、

  • ” a rocky relationship 
    (うまくいっていない人間関係)

また、職場の不倫による引責辞任には、次の表現が多用されている。

  • ” an unprofessional relationship 
    (職業倫理に反する関係)

両者のどちらかの希望に反する場合、大抵こうなり、発覚に至る。

  • unwanted romantic or sexual relationships 
    ( 望んでいない恋愛関係または性的関係)

” an inappropriate relationship ”  も使われるものの、
こちらは、多種多様の「 不適切な関係 」を広範にカバーする感じ。

「性的」な要素が匂い立つのは、” unprofessional relationships “。

両方とも、贈収賄事件でも使われている。

ニュース沙汰になりがちで、やたらと衆目を集める類の不祥事である。

いずれも婉曲的な表現だが、報道記事などを読めば、中身は推察できる。


◆  人間関係は、 ” a human relationship ” と学ぶ。

だが実際のところ、”relationship” 単一だと誤解を招く
ケース(男女関係)や正式用途以外は、”human” 抜きの

” a relationship ” の方が、一般的な印象。

◆  “toxic” には、形容詞( 有毒な、有害な
及び名詞( 有害物質 )がある。

◇  日常使用は  形容詞  が大半

有毒な、 有害な

語源は、ギリシア語「矢につける毒」(toxikon)。

派生する意味を含め、一貫してネガティブイメージ

主な類義語は “poisonous“、”harmful“、”deadly” 。

本来は、物理的な「毒物」を表す。

現場や倉庫に掲げてある、骸骨サイン(”Skull and Crossbones“)
そのもの。

 

◆  無形で不可視の人間関係の描写において、形容詞 “toxic”
が頻繁に用いられるようになったのは、1990年代頃から。

人間関係の研究が急速に発展した時期と重なる。

現在では、非常に普及した用法である。

”toxic”

informal : very unpleasant and causing
a lot of harm or unhappiness.

(ロングマン、LDOCE6)

※  下線は引用者

【発音】   tɑ́ksik
【音節】   tox-ic (2音節)


“informal”(非正式な表現、くだけた表現)
とあるが、堅めの文章にも使用されている。

有害な人間関係ひとつなら ” a toxic relationship “。

人間関係の “relationship” は可算名詞ゆえ、”a” つき。

見聞きするのは、複数形 “toxic relationships” が目立つ感がある。

不幸な人間関係をいくつも抱える人が、大勢いるからだろう。

  • “I want to leave all toxic relationships behind.”
    (有害な人間関係をすべて終えたいの。)
  • “You should get out of this toxic relationship.”
    (こんな病的な人間関係から、あなたは逃げるべきだ。)
  • “I never want to involve in a toxic relationship.”
    (私は有害な人間関係に一切関わりたくない。)
  • “You’re trapped in a toxic relationship.”
    (あなたは有害な人間関係で身動き取れなくなっている。)
  • “Their toxic relationship came to light after they left here.”
    (彼らがここを去ってから、病的な人間関係が明るみに出た。)
  • “Staying in a toxic relationship will take a toll on
    your health.”
    (有害な人間関係を続ければ、あなたは健康を害するだろう。)

 

◆  ” toxic relationship(s) ” は、

  心身の健康をむしばみ、幸せを遠ざける

 改善が望めないなら、逃げよう 

状況が変わらないなら、逃げるが勝ち

【関連表現】

  •  toxic behaviors
    (有害な行動)
  •  toxic thoughts
    (有害な考え)
  •  a toxic work environment
    (有害な職場環境)
  •  a toxic workplace
    (有害な職場)

 

  どれも「 害がある 」レベルでなく、
とてつもない破壊力 を伴うのが特徴

 

” toxic parents “

  毒親 ( どくおや )


米国の Psychotherapist (心理療法士)である
Dr. Susan Forward の著書 “ Toxic Parents
( 1989年刊 )より、世界中に広まっていった言葉

<キンドル>
http://amzn.to/2idBJoS
<オーディオブック (CD) >
http://amzn.to/2iqoAsf
<ハードカバー>
http://amzn.to/2iDDBX0
<ペーパーバック>
http://amzn.to/2hocUEB

  • “His entire life had been all mapped out by his toxic parents.”
    (彼の全人生は、毒親によってすべて計画されていたのだ。)
  • “I try to keep an emotional distance from my toxic parents.”
    (毒親から心理的距離を保つべく努めている。)
    (毒親から情緒的距離を保つべく努めている。)
  • “I don’t know how to deal with my toxic parents.”
    (毒親とどうやって付き合えばよいか分からない。)
  • “I struggled to gain freedom from my toxic parents.”
    (毒親の束縛から自由になるため、私は戦った。)
  • “You need to break off relations with your toxic parents.”
    (あなたは毒親と縁を切る必要がある。)



◆  毒親のしんどさは、自ら経験しない限り、理解しがたい苦痛。

想像だけでは、絶対に分からない。

しかし、ひどい親も、いつしか衰える。

そんなに焦らなくてよい。

 必ず「 時の力 」が働き、
  物事は移り変わっていく 

ずっと現状のままなんて、ありえない。

  万物逃れられないのが 「 時の力 」

 Time works wonder. 


加齢に従い、形勢逆転する可能性も、念頭に置いてみる。

寿命から逆算することだ。

毒親育ちの方々が、着実に幸せに近づくためには、
男性も、女性も、 「 職業 」 と 「 パートナー
を間違ってはならないと、経験上考えている。

親と生育環境は選べなくても、正しく頑張れば、これらは選択できる。

負けずにしっかり生きていくと、今の苦しみの大部分は、
時が和らげる 」  痛みに徐々に変容していくはず。

加えて、自身の成長により、物の見方が変わることはざらにある。
よぼよぼ、ぼろぼろに老いさらばえた親を見る目も変わってくる。

これが、「 時の力 」。

心の楽になる日が、きっとやってくる。

これまでの長い我慢と努力の日々は、天がきちんと見ている。

ご自分の人生を、もっと大切に。

 

 Happiness is the Best Revenge 
最高に効果的な復讐は、
自分が幸せになること

 

That’s the best revenge of all : happiness.
Nothing drives people crazier than
seeing someone have a good fucking life.

Chuck Palahniuk
Author of  “Fight Club”  and several other novels

【 参考和訳 】

最も効果的な復讐は、幸せになることである。
誰かが半端なく幸せな人生を送ってるのを見ることほど、
人を狂わせるものはない。

米小説家
代表作は 『 ファイト・クラブ 』、映画化された(米 1999年)

【発音】   rivéndʒ
【音節】   re-venge (2音節)

 

【参照】

・  “comfortable in one’s own skin
・  “test of time
・  “just a phase
・  “estranged

 

 

【参考記事】

◇  “13 signs your friendship with someone is toxic
https://www.businessinsider.com/signs-your-friendship-is-toxic-2018-2
2020年5月17日付

◇  “15 Signs You Have Toxic Parents”
https://blogs.psychcentral.com/imperfect/2018/07/15-signs-you-have-toxic-parents/
2020年5月4日付

◇  “12 Clues a Relationship with a Parent Is Toxic
https://www.psychologytoday.com/us/blog/toxic-relationships/201808/12-clues-relationship-parent-is-toxic
2018年8月31日付

◇  “How To Tell If You’re In a Toxic Relationship –  And What To Do About It”
https://time.com/5274206/toxic-relationship-signs-help/
Time.com / 2018年6月5日付

米タイム誌の記事。
有害な人間関係の有無を自己診断。

英文も内容も容易ではないが、中級学習者の実力があれば、
次の概要は一読して把握できる。

  •  定義
    “one seeks to undermine the other”
    (相手を傷つけようとする)
  •  原因
    “they were in a toxic relationship”
    (本人も病的な人間関係を経てきている)
  •  前兆
    “persistent unhappiness”
    (いつまでも続く不幸)
  •  対処法
    “you’ve got to get out of it.”
    (手に負えなければ、脱出すること。)


◇  “6 Toxic Relationship Habits Most People Think Are Normal”
https://getpocket.com/explore/item/6-toxic-relationship-habits-most-people-think-are-normal
2014年8月8日付

  1.  The Relationship Scorecard
    (過去の誤りについて執拗に責める)
  2.  Dropping “Hints” and Other Passive-Aggression
    (遠言いたいことを遠回しに言う)
  3.  Holding the Relationship Hostage
    (感情・関係を人質扱いして脅迫する)
  4.  Blaming Your Partner For Your Own Emotions
    (相手を感情のはけ口にする)
  5.  Displays of “Loving” Jealousy
    (嫉妬のもたらす行為と愛情を混同する)
  6.  Buying the Solutions to Relationship Problems
    (問題をお金でごまかす)

◇  トキシックショック症候群 ( toxic shock syndrome; TSS )
=  非常に短い時間で重篤な病態を引き起こす、敗血症の一種

 

◇  夫に今すぐ死んで欲しい 「 旦那 デスノート 」
https://danna-shine.com/

◇  母親、父親に今すぐ死んでほしい 「 毒親 デスノート 」
https://dokuoya-shine.com/

◇  「限界だった」 たった1人の介護の果て
なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか
https://mainichi.jp/articles/20201028/k00/00m/040/074000c
2020年10月28日付

◇  医学部受験で9年浪人 〝教育虐待〟の果てに…
母殺害の裁判で浮かび上がった親子の実態
https://this.kiji.is/741154375854899200
2021年3月15日付

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ