プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Without my knowledge

      2020/01/30

私に無断で、私の知らぬ間に

<3語ワンセット>で「私に無断で」の意。

沈着をよそおいつつも、心中穏やかではない。

「勝手なことしやがって!」といまいましそうに
舌打ちしつつ、悔しさに業を煮やす印象がよどむ。

それでも、表面的には冷徹な態度を保てるので、
静かな怒りを理知的に伝えるには大変便利。

さらに、「自分は知らなかった」と責任回避の言い逃れ
を計る際にも使える。

こちらはマイナー用法だが、なおさら重宝する用途であろう。

基礎単語のみで、筆舌不問、公私を問わず使用可能。
相手も選ばない。

当事者の自省を促す表現として押さえておきたい。


◆ “without my knowledge” は、重苦しい、苦し紛れ
の状況で堂々と使える、陰影豊かな言い回し。

辛気臭い気持ちを、どうにかして相手に伝えたい。
無念やるかたないこの気持ちを、絶対晴らさねば!

こうした気重な言い分を、すっきりシンプルに表せる。

  • 前置詞 “without“(~なしに)
  • 人称代名詞 “my“(私の)※ “I” の所有格
  • 不可算名詞 “knowledge“(知識)

直訳は「私の知識なしに」。

どれも中級学習者が見慣れた単語。
文法的にも難しくはないだろう。


◆ 3語のうち、ポイントとなるのが “knowledge”。

語源は、中期英語「認める」(knowleche)。
細かく見ると、古英語 「知る」(cnāwan)
に「行為」を表す接尾辞 “leche” が加わったもの。

不可算名詞のみ。
“knowledges” と複数形にならないのが普通。

ただし、次の構文では、不定冠詞 “a” が使われる。

  •  a + 形容詞  knowledge of
  •  a + 形容詞 knowledge about
    ※ 形容詞なしでも可
  • “She has a knowledge of medicine.”
    (彼女は医学的知識を有する。)
  •  “He has a basic knowledge about Japanese.”
    (彼には日本語の基礎知識があった。)
  • “You need a good knowledge of the Internet.”
    (インターネットについての豊富な知識が必要となる。)

“of” の代わりに “about” を用いると「歴史や構造についての知識
の有無を問題とする文脈になる」(ジーニアス英和大辞典より)。


◆ LDOCE6(ロングマン)の指標によれば、”knowledge” は、

  • 重要:最上位 <トップ3000語以内>
  • 書き言葉頻出:最上位 <トップ1000語以内>
  • 話し言葉頻出:<1001~2000語以内>

口頭よりも文面の方が使われるとある。
英単語全体における立ち位置で上位に食い込み、
なかなか大した存在である。

“without” と “my” が、全項目で最上位なのは、
言うまでもない。
ーー
ーー

◆ “knowledge” は、近年の国語辞典にも載っている。

「ナレッジ」か「ノレッジ」か。

nɑ́lidʒ

これが英語発音。

  ナレッジ【knowledge】
知っていること。知識。
(大辞林 第三版)

  ノレッジ(名)【knowledge】
知識。ナレッジ。
(三省堂国語辞典 第七版)

「ナ」と「ノ」、両方あった。

国語辞典の語釈は、英語の基本的意味と重なる。
先の語源「認める」から連想できる語義ばかり。

  • 知識
  • 自覚、認識
  • 学問
  • 知っていること

Knowledge is power.
(知識は力なり。)

【参考】 辞書・事典中心の有料データベース
ジャパンナレッジ


◆ さて、3語とも基礎単語であることは確認できた。

文法的にも、すんなり把握できるだろう。
繰り返すと、

  • 前置詞 “without“(~なしに)
  • 人称代名詞 “my“(私の)※ “I” の所有格
  • 不可算名詞 “knowledge“(知識)

“my knowledge”(私の知識)+ “without”(なしに)
で、「私の知識なしに」が直訳。

以下のように言い換えることもできる。

  • “without my knowing it”
    (私の知らないうちに)

この “knowing” は、名詞「知ること」「認識すること」。
“it” は、人称代名詞の目的格「それを」。

私がそれを知ることなしに」が直訳となる。

したがって、表題とほぼ同義。
使用場面も同然。

“without my knowledge” の方が、総じて単純で使いやすい
ため、表題に掲げている。


◆「私の知識なしに」が直訳だが、「私に無断で」くらい
の意味合いで使うのが日常用法。

「私に無断で」は「勝手なことしやがって!」などの
口吻を漏らした言葉であったりする。

  むだん【無断】
《名》相手の許可や承諾を得ないこと。
(明鏡国語辞典 第二版)

私の「許可や承諾」がないということは、
私の許しを得ていないということ。

承諾前というよりは、はじめから与り知らない立場のまま、
進行した場合が少なくない。

となると、まったく知らないのだから、
「知識なしに」で「知らぬ間に」。

完全無視された我が面子は丸つぶれ。

「勝手なことしやがって!」

ぶりぶり憤慨しているものの、
“without my knowledge” と表せば、
上品に包み巻くことができる。

この辺の心理は、とば口にて考察済みである。


◆ “without my knowledge” の有益性にもかかわらず、
4大学習英英辞典(EFL辞典)の最新版に独立項目はない。
※ 2019年4月29年 初稿時点

すなわち、4点の辞書に項目立てされていなかった。

・ LDOCE6(ロングマン)
・ OALD9(オックスフォード)
・ CALD4(ケンブリッジ)
・ COBUILD9(コウビルド)

主要なオンライン英英辞典を調べたところ、唯一掲載
していたのが、メリアム ウェブスター。

「ウェブスター」なので、アメリカ系辞書である。

“without someone’s knowledge”
idiom
used to say that when something was done
the person
specified did not know about it.

https://www.merriam-webster.com/dictionary/
without%20someone’s%20knowledge

代名詞は、一人称単数の所有格 “my” 以外でもよい。

my / your / his / her / their / our / its

以上が、人称代名詞の所有格。

先に触れた通り、複数形 “knowledges” は一般的でない
ため、複数の所有格でも単数形が原則。

  • “Reviews were rewritten without our knowledge.”
    (レビューは我々の許可なく書き直された。)
  • “The hotel cancelled our reservation
    without our knowledge.”
    (そのホテルはうちらに無断で予約をキャンセルした。)
  • Without our knowledge, our daughter
    stopped making payments.”
    (娘は私たちに無断で支払いを止めたのよ。)

単複を考える必要がないから、かなり気楽。
使い勝手がよいことを、ご理解いただけるだろう。


◆ 煮え立つ憤りと未練。

こっそり隠れて行う不気味さ。

はたまた逃げ口上の鉄面皮。

各文から感じ取ることができるか。

  • “My ticket has been cancelled without my knowledge.”
    (私のチケットは勝手にキャンセルされた。)
  • “They got married without our knowledge.”
    (あの子たち、私たちの知らぬ間に結婚していたのよ。)
  • “Mary left her job without their knowledge.”
    (メリーは彼らに無断で仕事を辞めた。)
  • “I want to track down her phone number
    without her knowledge.”
    (彼女に知られることなく、電話番号を突き止めたいのです。)
  • “My friends did everything without my knowledge.
    (私の知らぬ間に、友人たちがすべてやったのです。)
  • “I was away in Tokyo when they did all that
    without my knowledge.”
    (その時、私は東京に行って不在でしたが、私に無断で
    彼らが全部やったことです。)
  • “They published that without my knowledge.”
    (彼らは私に無断でそれを出版したのです。)
  • “He recorded conversations without my knowledge.”
    (彼は私に無断で会話を録音したのです。)
  • “I find it disturbing that you would do that
    without my knowledge.”
    (私に無断でそんなことするのを不快に思います。)
  • “Can I block someone without his knowledge ? ”
    (相手に知られることなく、ブロックできますか。)
  • “I want to leave here without my parents’ knowledge.
    (両親に知られることなく、ここを去りたい。)

和訳は一例である。
既に述べた通り、「無断」と「知らぬ間」の流れに矛盾はない。

 

 

【類似表現】

“Without one’s awareness
(~が知らないうちに)

 

【関連表現】

“Did I miss something ? ”
https://mickeyweb.info/archives/24426
(私は何か逃しましたか?)

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ