プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Did I miss something ?

      2020/07/10

私は何か逃しましたか? 

雰囲気がどうも変。
何か裏があるのか。

こうして胸がざわめき立つ際、
相手に探りを入れるのに使う常套句
が表題の、

Did I miss something ?

映画やドラマにも出てくることが少なくない(後述)。

もっとも、額面通りの素直な意図で、自分が認識して
いない点を確認するために使うこともある。

現在形として使われる典型文言は、

Am I missing something ?


◆ 本稿では、通常の確認用途ではなく、疑念を晴らす
ための使い方を中心に見ていきたい。

なぜなら、他意のない発言よりも、腹を探ったり、
息巻く時に飛び出す場面の方が目立つと感じるからである。

何よりも、月並み用途ではつまらない。

◆ 副詞 “here”(ここで)を後付けする言い回しも定着している。

「今」「この場で」といった切迫した空気を醸し出すことで、
相手にぐっと圧力を加える効果がある。

状況によっては、相手を威嚇し、けんかを売る言葉になる。

相手を疑うあまり、凄みを利かせて詰問する勢い。

  • Did I miss something here ?
  • Am I missing something here ?

和訳はなかなか難しい。
全体像をつかみ、当人の思いを込める工夫が必要。

  • なんか隠してない?
  • なんか文句あっか
  • 言うべきことあるなら、さっさと言え。
  • 何なの?

険悪な顔つきで浴びせられた時には、受け手にとって、
抗しきれない重圧になりうる。

それが当初からの思惑であったりする。
あたかも当てこすり


◆ 以下の動画をご覧いただければと思う。

各2~3秒程度。
それぞれクリックすると、音声が聞ける。

Did I miss something here?

- Did I miss something?! - Relax, Timon.

Wait a minute. Did I miss something here?

Did I miss something here?

Did I miss something?

Did I miss something?


発言者は、総じてしかめっ面。
単なる質問でないことが明らかである。

内心は、ぶりぶり怒っているのだろう。

猜疑心たっぷりで、怒りと悔しさをこらえた表情である。

【関連表現】

◆ 質問文としては、いずれも難しくない。

“Did I miss something ? “
“Am I missing something ? “

単語と文法は、以下のようにすっきりシンプルである。

まず、表題 “Did I miss something ? ” から。
直訳は「私は何か逃しましたか?」

  • 一人称の過去単数の助動詞 “did
  • 一人称の単数主格 “I“(私は)
  • 他動詞 “miss“(逃す)
  • 代名詞 “something“(何か)

did” は、助動詞としての “do” の過去形。
一般動詞の疑問文や否定文に用いられるのが、
助動詞 “do”。

ここでは “miss” がその一般動詞。

miss” には、他動詞・自動詞・可算名詞がある。

語源は、古英語「的を当て損なう」(missan)。

【発音】   mís   (1音節)

“miss” のすべての品詞が、
意に反して「~し損なう」
という残念な要素を含む

多義だが、ネガティブイメージを貫くので分かりやすい。

【参照】  “miss out” ( 逃す、~し損なう)

表題では、他動詞「逃す」で、基本そのもの。

◆ 一方、”Am I missing something ? ” の直訳は、
「私は何か逃していますか?」

  • 一人称の現在単数のbe動詞 “am
  • 一人称の単数主格 “I“(私は)
  • 他動詞の現在分詞 “missing“(逃している)
  • 代名詞 “something“(何か)

“am” は「be動詞」の代表格。

その他のbe動詞は、be、was、been、will be、is、were、are。

be動詞の疑問文には、助動詞 “do” は使わないのが基本。

他動詞 “miss” は、ここでは現在分詞の中の
現在進行形 “missing”

現在分詞には、他に過去進行形と未来進行形がある。

◆ 以上が単語と文法の概要である。

中級学習者であれば、難なく理解できるレベル。

だが先述したように、確認用の疑問文を取り上げるのが
本稿の狙いではない。
先の動画が示すような「何なの」系の使い道に着目している。

  • Did I miss something?
    (私は何か逃しましたか?)
  • Am I missing something?
    (私は何か逃していますか?)

どうして、これらが聞きとがめる文句となるのか。

その理由を理解するには、先の文法・単語の分析は
直接役立たない。

言語面よりも、人間の心理作用が問われる。
つまり、<英語>の問題ではないと考えられる。

したがって、私たち日本人にとっては、日本語から
考察する方が早い。


◆ 例えば、次のような流れ。

  • “Did I miss something ? “
    → 私が知るべきことが何かあったのですか? →
    あったなら、知るべきことを教えて →
    ないわけないでしょ、お前の顔に書いてあるぜ →
    うそつくな! こそこそしやがって! 文句あっか!

  • “Am I missing something ? “
    → 私が知るべきことが何かありますか? →
    あるなら、知るべきことを教えて → 早く言えよ!→
    何もったいぶってるんだ!→ どうせ俺に不利なことだろ?→
    お前、何なの?  隠すなよ! ふざけるな!

あくまで仮定した情動。

若干極端だが、発言者の心情を推察すると、
こんな感じではなかろうか。

言語とは関係ない印象。

理由もなく、自分だけ差し置かれた立場に追いやられれば、
憤怒が込み上げてくるのは、大半の人にとって普通の反応。


◆ だから、本音では、

Are you hiding something from me ?
(何か隠し事してない?)

などと対峙したいものの、さすがに気が引ける。

勘違いだったら困る。

そのため、持って回った言い方で、少しでもリスクを回避する。

おそらく、”Did I miss something ? ” には、そんな動機が
織り込まれている。

◆ 個人的には、

” You’re hiding something from me, right ?
(何か隠してるよな、そうだろ?)

などと追及したくもなるが、やはり相手と状況を考慮して
言葉は選ぶべき。

“Did I miss something ? ” は、もっと無難に、
微妙な場面で使える表現に違いない。


 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ