プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Time's up

      2024/06/26

・ Estimated Read Time ( 推定読了時間 ): 2 minutes

制限時間が切れた、時間が来た

“Time is up” の短縮形が “Time’s up”。

制限時間が来て、試合終了を意味する
和製英語「タイムアップ」の語源である。

時間制限を伴う場面に頻出。
ビジネスにもよく使われる。

  • Your time’s up.
  • Your time is up.
    (あなたの持ち時間が終わりました。)

 

◆  “ time ” には、名詞・形容詞・他動詞・自動詞 がある。

【発音】  táim  (1音節)

語源は、 古英語 「 時 」「 時間 」( tīma )。

圧倒的に使われるのは名詞 ( noun )。
不可算 ( countable ) と 可算 ( uncountable )を兼ねる。

基本的知識は、 以下の通り

◇  「 時 」は、 個数として数えられないので、
無冠詞の 「 不可算名詞 」 が基本

この場合でも、「 この時間 ・ あの時間 」 など
「 区別 」する場合は、 可算名詞。

何時何分、 何月何日など 「 出来事 」 の時間
を示す場合も、 「 可算名詞 」 が原則。

次の差異が分かるだろうか。


  • Do you have time ?

    ( 今、お時間ありますか 


  • Do you have the time ?

    ( 今、何時でしょうか 


    現在の時刻 ( current time ) を他者に尋ねる英語表現として、

    What time is it ?   と学校では学んだりするが、

    これは実は相当ぶしつけな尋ね方。

    今、何時 ? 」 同然の響き。

    露骨でむき出しゆえ、 いきなり聞かれた側は不快かも。

    赤の他人やさほど親しくない人に時間を聞くには、 先述の

    ” Do you have the time ? ” ( 今、何時でしょうか


名詞  “ time ” については、 いかなる辞書を調べても、

不可算が優先  されている( uncountable  noun )。

よって、 「 ” time ” の基本は不可算名詞 」 と覚える。

” Time’s up. ” においても、 不可算名詞。

 

◆ “time” を、「人生やキャリアの最盛期」
と解釈する場合がある。

映画やドラマのハイライトに出てくる
台詞である。

切ない。

  • “I wanted to walk out on my own terms
    before my time is up.”
    (自分の時代が終わる前に、自分らしく去りたかった。)
    (自分の時代が終わる前に、自分なりに幕を引きたかった。)

 

 

 

 

CATEGORY ( カテゴリー )

Sponsored Link




 - 英語, 英語フレーズ