プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Get it over with

      2018/04/12

けりをつける

「けりをつける」がぴったり。
<4語ワンセット>の口語。
「ゲレレオーバーッス」などと聞こえる。

荷厄介なことを終わりにすること。
原則、気乗りのしない嫌なことが対象となる。

◆ 代名詞 “it” は総称的で、訳出しない場合が多い。

<総称的な “it” 例> ※ 普通は訳出しない

無論、”it” の代わりに「けりをつけたい」
対象を表出することもある。

“I want get this exam over with.”
(試験にけりをつけたいです。)

文法的にはこの方が自然であるが、
“get it over with” では、あえて代名詞 “it” に置き換え、
汎用性が高く使いやすい口語にした感じ。

—————————————————-
◆ “with” は、前置詞のみ。
古英語「反対の」(wither)の短縮異形とされる。
非常に多義の前置詞である。
ここでは、対象・関連「~を」。

通常は、”with” の後に目的語を置くが、
それを置かずに文末に使える場合もある。
これが、”get it over with” の特色。

  • “I just want to get it over with.”
    (とにかく、けりをつけたいのです。)
  • “Let’s team up and get it over with.”
    (みんなで一緒にやって、けりつけてしまおう。)

do away with“(けりをつける)
と同じパターンである。

  • “Most restrictions have been done away with.”
    (ほとんどの制約は廃止された。)
    ※ “done” は、”do” の過去分詞形

ビジネス・プライベート問わず耳にする機会が多いので、
自ら使えるようにするとよい。

 

【関連表現】
“Get over”
https://mickeyweb.info/archives/4352
(克服する、立ち直る)

【関連表現】※ 問題を解決する
“Sort things out”
https://mickeyweb.info/archives/1464
(解決する。対処する。けりをつける。)

“iron out”
https://mickeyweb.info/archives/2305
(問題を解決する)※ 小規模な問題

“smooth out”
https://mickeyweb.info/archives/24488
(問題を解決する)

“work things out”
https://mickeyweb.info/archives/9698
(問題を解決する)

“We can work it out.”
https://mickeyweb.info/archives/685
(なんとかなるさ。)

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ