プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

It’s all yours.

      2020/01/01

あとはご自由にどうぞ。  あとはお任せします。 

It is all yours.” の省略形。

直訳は「それはすべてあなたのもの」。
表題のように、省略形のまま用いるのが通例。

基本的に、心のこもった温かみのある声掛けである。

「それはすべてあなたのもの」なので、
「あとはご自由になさって」ということ。

状況を指す場合もあれば、物品の貸借・譲渡の場合もある。

◆「ご自由に」というと、状況によっては突き放す
意味合いを帯びる。

あたかも<勝手にしやがれ>の世界。

相手を突っぱねる表現例を挙げると、

  • Have it your way.
    (どうぞご勝手に)
  • Do what you want.
    (好きにすれば。)
  • Do as you like.
    (好きにすれば。)
  • Have fun.
    (ご勝手に。)
  • So be it.
    (好きにすれば。それならそれでよい。)
  • Whatever.
    (どうでもいいけど。)
  • You are on your own.
    (今後は自力でやりなさい。)
  • Suit yourself.
    (好きにすれば。)
  • That’s all I’ve got to say.
    (自分には、それしか言いようがない。)

表題 “It’s all yours.” には、このような影は含まれにくい。

あくまで “friendly and casual“(好意的で打ち解けた)
な表現であり、本質的に冷淡さにそぐわない。

無論<嫌味>に使う、へそ曲がりはいる。
だが、これは例外。

先に例示した7表現は、他人を跳ね返す場面で多用されるが、
表題は違う。

額面通り「ご自由になさって」なのである。

所有権移転のように、全面的に相手に権利を移す感覚。
もちろん、貸し借りであれば、使用上の自由に限られる。

同じく他意のない、ポジティブな類似表現には、

この2つも、相手の自由意思に任せる気持ち満々である。
私は完全に手を引くので、あとはお好きにやって

◆ 使用単語と文法は、基礎レベル。

  • 主格代名詞 “it
  • 三人称単数直説法現在形のbe動詞 “is
    =縮約形 “it’s“(それは)
  • 代名詞 “all“(すべて、全部)
  • 所有代名詞 “yours
    (あなたのもの)(あなたたちのもの)
    ※ 単数・複数いずれもあり

冒頭で「それはすべてあなたのもの」と直訳した。

■ ここでの “it” は、特定の単数の何かを指すとは限らない。

その場の状況を漠然と表す場合も多い。
そのため、通常は訳出しない。

文法的に述べると、「前方照応的」代名詞。

状況であれば、単数 “it” が通例。
“It’s your turn.”(あなたの番です。)と同じ用法。

■ “all” は形容詞でなく、代名詞。

上掲リスト中の “That’s all I’ve got to say.” と同じ。

“is” なので、単数扱いの “all”(すべて)。
総括的である。
※ 総括的な “all” には、複数扱いの代名詞もある

■ “yours” は所有代名詞。  単数・複数兼用。

よって、「あなたのもの」も「あなたたちのもの」もありうる。

◆ 以上より伺えることは、その場にいる当事者でもない限り、
今ひとつ分かりにくいのが “It’s all yours.”。

“it” が指す内容、及び “yours” の単複が不詳であるから。

したがって、この<3語ワンセット>の字面のみでは、
正確な和訳はできないのである。

  • “it” → 物品か、状況・事情か
  • “yours” → 「君のもの」か「皆様のもの」か

一見微差に思えるが、代名詞の中身で実態は随分変わる。

◆ 想定できる “It’s all yours.” には、例えば、

  • ここにあるもの、すべてお前にやる。
  • 今後の運営をあなたに任せます。
  • 貸してあげるから、自由に使っていいよ。
  • 私の分担は完了したから、引き継ぎますね。
  • 本当にすべて差し上げるのです。
  • では、あとはよろしくね。
  • 今後は、ご自分で管理してください。
  • あなたが新オーナーです。
  • これからは皆様にお願いします。
  • ぜ~んぶ、あげる。


どうだろうか。
イメージはこれほど多岐に渡る。

翻訳はそう単純ではない。

共通点は「あとはお好きに」「どうぞご自由に
と、相手に一任する心意気である。

嫌味に悪用される余地はあるものの、基本的に好意的発言
この点は再度強調しておきたい。

 

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ