プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

At short notice / On short notice

      2020/01/03

直前に、急に

at short notice” と “on short notice” は同じ意味

時間を示す前置詞は “at” でも “on” でもよい。

どちらも3語ワンセット>で、「副詞」の役割を担う。
つまり、副詞句。

類義語は多数あり、主要なものは、

  • short” は、名詞・形容詞・副詞・他動詞・自動詞がある。

    ここでは、形容詞「短い」。
    空間的な長短ではなく、時間的に短いことを指す。
    「短時間」で、余裕がないので「急に」。

  • notice” は、名詞・他動詞・自動詞がある。

    ここでは、可算名詞「通知」「予告」。
    名詞なのだが、”at short” または “on short” で修飾すると、
    <3語ワンセット>で「副詞」用法(副詞句)になる。

“short notice” の直訳は「短時間の予告」だから、
“at” または “on” をつけて「急に」「直前に」と
副詞化できる

  • “He went there on short notice.”
    (彼は急きょそこに向かった。)
  • “I canceled the trip on short notice.”
    (旅行を直前にキャンセルした。)

  • “They were fired at short notice.”
    (彼らはすぐに解雇された。)

“at” または “on” をつける “short notice” は、
副詞」として使用するイディオムなので、冠詞はつかない

参考書で時々見かけるが、
これらは間違い

【誤】 “at a short notice”
【誤】 “on a short notice”

「副詞」用法なら、

 冠詞なしの<3語ワンセット>

“at” または “on” をつけずに、

通知そのものを指す

場合は、冠詞がつく

なぜなら、純粋に「名詞」だからである。

【正】 “I am sorry for such a short notice.”
(こんな直前の連絡をして申し訳ございません。)

→ 直前になってしまった電話やメールなどの通知
について謝罪している。

連絡そのもの(=可算名詞)を話題にしているため、
冠詞が必要。

 

◆ 類似表現として、

  • “I am sorry for the last-minute notice.
    (直前の通知で申し訳ございません。)

この “notice” は、同じく通知そのものなので名詞。
形容詞(late)の最上級の位置づけにある “last”
(最後の)ゆえ、”the” がつくのが基本。

 

確かに、冠詞の有無が分かりにくい。

 

< ポイント >

“short notice” の使い方が、
名詞」か「副詞」か。

  • 名詞
    通知そのもの
    “at” “on” なし
  • 副詞
    直前に急にすぐに
    時の前置詞 “at” “on” あり

いずれの用法でも、和訳は同然になることが多い
ため、
日本人には把握しづらく間違いやすい。

  • 「直前の通知で」(名詞)
  • 「直前に」(副詞)

この2つは、日常的には同義と解釈されるだろう。
これぞ、混乱の根源。

◆ 和訳が同然になるために、区別することが困難で、
日本人学習者が混迷脱落する英単語は、極めて多い。

なぜ混乱するのか、理由が納得できれば、そう難しくない。

例えば、次の2つをご確認いただければと願う。

【例】 “aware” “vocal” ← 動詞と混乱しがちな形容詞

和訳を介さずに検討すると分かりやすいかもしれない。

■ 電話やメールの「連絡・通知そのもの
を指しているのか(名詞

それとも、

■時の前置詞 “at” “on” をつけて、
「直前に」「急に」なのか(副詞

上記ポイントを押さえると、冠詞への理解が一気に深まる。

 

和訳が同様のため、冠詞で混乱しやすい例:

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ