プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Undisclosed

      2018/11/18

開示されていない、非公開の

ニュースに年中出てくる形容詞 “undisclosed”。
開示されていない○○」(丸は名詞)
の表現で大活躍。

(なにがし)」とぼかす時にも重宝する。

◆ 最頻出の表現のひとつは、
pay an undisclosed amount of money
(明らかにされていない金額を支払う)

冠詞 “an” を入れた<5語ワンセット>で多用される。
※ 接頭辞 “un” の冠詞は “a” でなく、”an”

  形容詞 “undisclosed” の構成  
接頭辞 “un”(~ない)
形容詞 “disclosed”(開示された)
ゆえに「明らかにされてない」→「開示されてない」

◆ ここでの “disclosed” は、動詞 “disclose” の過去分詞
“disclosed” が形容詞化したもの。
【例】
scared”、””disgraced”、”organized“、
devastated“、”estranged“、”disgruntled

– close(閉じる)→ 過去分詞:closed(閉ざされた)
– open(開いた)→ 過去分詞:opened(開いている)

形容詞として、名詞の前につける。
【例】
– a closed door(閉ざされたドア)
– an opened door(開いているドア)

◆ 動詞 “disclose” は他動詞のみで、自動詞はない。
接頭辞 “dis”(反対)+動詞 “close”(閉じる)
で「閉じない」→「明らかにする」。

堅い表現であり、和訳「開示する」がぴったり。
「公表する」「暴露する」とも訳される。

【まとめ】
表題の “undisclosed” は、他動詞 “disclose” の
過去分詞 “disclosed” をそのまま形容詞にした
“disclosed” に、接頭辞 “un” (~なし)を加えたもの。

undisclosed
used to describe information which is not
given to the public.
(ロングマン、LDOCE6)

【発音】ʌ̀ndɪsklóʊzd

undisclosed” は、否定の接頭辞 “un”と”dis” が連続する。
よって、実質的に二重否定になる。
否定の否定だから、肯定。

その結果、形容詞 “closed” に沿う意味合いとなる。

◆ ニュースで多用される “undisclosed” は、
開示されていない」「非公開の」「」。

マイナーではあるが、秘めた気持ちを表す時も使う。
– “an disclosed passion.”(密かな思い)

“undisclosed” の主なニュース用途は、4パターン。
次の代表例を理解すれば、十分応用できる。

1.   ※ 特に金額

  • “an undisclosed sum“(非公開の総計)
  • “an undisclosed amount”(非公開の総額)

2. 場所  ※ 某地

  • “an undisclosed address”(非公開の住所)
  • “an undisclosed location”(非公開の場所)
  • “undisclosed circumstances”(内情)

3. 情報

  • “undisclosed information”(非公開の情報)
  • “an undisclosed source”(明かされていない筋)
  • “an undisclosed reasons”(明らかでない理由)

4. 名詞を伴わない例

  • “The terms are undisclosed.”
    (その条件は明らかにされていない。)
  • “This information should be kept undisclosed.”
    その情報は明らかにするべきでない。)
  • “Her picture will remain undisclosed.”
    (彼女の写真は今後も公開されない。)

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ