プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

As is

      2021/03/09

現状のままで

本来は as it is ” の意味。

つまり、人称代名詞の単数主格 “it” が省略された表現。

中古品売買やオークションでは、必須用語。

■  契約時の「 のま 」の状態

この状態で売買すること。

すなわち、

  •  現状品で
  •  現状あり姿で
  •  現状渡しで

条件> に加えて、<注意事項> や <免責事項> の性質も有する。

主に文書で使うが、口頭にも出てくる。

 


副詞・形容詞で使う場合、as-is とハイフンを入れるのが原則。

ハイフンなしの場合、副詞句・形容詞句として扱われる。

ハイフンの有無は、実際のところ、ごっちゃになっているケースが目立つ。

  •  ” as ” は、様態・状態の接続詞 「 ~ のまま
    ※  副詞と解釈する説もある
  •  人称代名詞の単数の主格 ” it “(それ)は、「 その商品 」
  •  be動詞の三人称単数の現在形 ” is
    で、現在の状態

よって、「 その商品の現在の そのまま の状態 」 の意

◆ “as” には、接続詞・副詞・代名詞・前置詞がある。

最頻出かつ最重要レベルの英単語で、多義である。

  • 重要度:最上位 <トップ3000語以内>
  • 書き言葉の頻出度:最上位 <トップ1000語以内>
  • 話し言葉の頻出度:最上位 <トップ1000語以内>
    (ロングマン、LDOCE6 の表記より)

ここでは、様態・状態を示す接続詞、

  •  ~ のまま
  •  ~ のように
  •  ~ の通り

◆ 正式な契約書・約款はもちろんのこと、既述の通り、
オークションなどの説明文にもよく出てくる。

  • “sell it as-is”
    (現状通りで販売する)
    (現状品として売る)
  • “on an as-is basis”
    (現状あり姿で)
  • “I bought this car as is.”
    (この車を現状のままで買った。)
  • “If you buy it as is, I can give you a discount.”
    (現状渡しなら、値引きするよ。)

 

◆ 様態・状態の接続詞 ” as ” は、根拠提示を常とする
ビジネスで重宝する。

以下、”as follows” (以下の通り) より再掲。

  • as agreed (合意に従い)
  • as directed (指示に従い)
  • as discussed (話し合いに従い)
  • as mentioned (述べた通りに)
  • as promised (約束に従い)
  • as planned (計画通りに)
  • as scheduled (予定通りに )
  • as requested (ご要望の通りに)

◇  全部 < 2語ワンセット > の 「副詞句」扱い が原則


◆  上記の副詞句は、本来の意味として、

  •   過去形の受動態  ” as it was ○○ ”
    または
  •  過去完了形の受動態  “as it had been ○○ “

ゆえに、動詞 ○○ はどれも 過去分詞形


◆  片や、表題  “as is” は、もともと  “ as it is ” で、
人称代名詞の単数主格 “it” が省略されている。

既に冒頭に触れた。

“as follows” もこのパターンで、”as it follows” が本来の形。

一説によると、「非人称の it」ではあるものの、形態上は三人称単数語尾
を伴うため、「 三単現のS 」(※)がつき、”follows” となった。

この点は、”as follows” にて、辞書を掲げて解説した。

※ 主語が「三人称」かつ「単数」で、動詞の時制が「現在形」
→  動詞「原型」の語尾に “s” がつく

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ