プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Out of touch

      2019/05/22

(1)実態を把握していない
(2)無関心
(3)音信不通

“out of touch” は「タッチしていない」、
つまり「触れていない」の意味。

他者を非難する時に使われる
ことが多く、ネガティブな印象の熟語である。

Inline image 1


◆ 主な意味は次の3つ。

(1)実態を把握していない
(2)無関心
(3)音信不通

ビジネスでよく使われるのは、(1)と(2)。
プライベートなら、(3)も加わる。

仕事では <報・連・相>を重視するのが一般的
なので、(3)の用途は珍しい。

もっとも、いずれとも解釈できる内容もある。
とりわけ、(1)と(2)の区別は容易ではない。

「実態を把握していないから、無関心」
「無関心だから、実態を把握していない」

実際に、こんなケースもよくあるため、
厳密に区別する意味もないだろう。
例文にも掲げたので、検討していただければと思う。

(1)と(2)の逆は、”in touch“。
(3)の逆は、”stay in touch” または
keep in touch“(連絡を取り合う)。

(1)実態を把握していない
(2)無関心
(3)音信不通

【共通点】
触れていない>ために生じがちな現象

逆方向の解釈もできるかもしれない。
概ね体験的に理解できるレベルである。

◆ “out of – ” は、基本的で大切な副詞的用法。

かなり多義であるが、基本は次の通り。

(1)~から  “out of my pocket”(ポケットから)
(2)~のうち  “two out of five people”(5人中2人)
(3)離れて  “out of office”(オフィスから離れて)

out” は、副詞・形容詞・前置詞・名詞・他動詞・
自動詞がそろい、どの品詞でも重要な役割を担う。

語源は、古英語「外へ追い出す」(ūt)。
カタカナの「アウト」も多義であるが、
基本として「アウト」の<疎外>イメージに重なる。

表題では、副詞 “out”(離れて)。
分離の前置詞 “of“(~から) に伴い、
“out of – ” は、「~から離れて」。

◆ “touch” には、他動詞・自動詞・名詞がある。

語源は、古フランス語「触れる」(tochier)。

「アウト」同様、カタカナで普及済みなので、
分かりやすいだろう。

– 他動詞「触れる」「当たる」「感動させる」
– 自動詞「触れる」「当たる」「接近する」
– 名詞「接触」「才覚」「少量」

自他動詞の基本的意味は重なる。
名詞は多義で、可算名詞と不可算名詞を兼ねる。

表題では、不可算名詞「接触」。
※「接触」の “touch” には、可算と不可算がある。

日本語でも「連絡」することを「接触」と表すように、
不可算名詞「連絡」と解釈することもできる。
(3)がこれに該当する。

したがって、”out of touch” の直訳は、
「接触から離れて」で、「触れていない」の意。

◆ 冒頭の通り、主に批判に用いるネガティブ熟語。

“out of touch” が出るのは、苦情の場面が多い。

現代は対面・電話に加えて、メールや SNS を介した
連絡手段がある。昔に比べて、情報収集も楽である。

双方向における「接触」が難しくない時代。

1990年代までなら、外回り中に少々遊んでも
ばれにくかったが、今ではなかなか難しい。
また、<連絡できなかった>旨の言い訳も通じにくい。

その結果、仕事に必要な「接触」を怠ると、その人の
人格(character)やスキルが問われることもある。

仕事環境が発展した以上、やむをえないだろう。

◆ 以下の発言では、うんざりした様子が感じられる。

※ 既記の通り、(1)~(3)の区別が難しい例文
も含む。この場合は、複数の和訳をつけている。

(1)実態を把握していない  

“You are completely out of touch with reality.”
(あなたは完全に現実を把握していない。)

“This newspaper article is out of touch.”
(この新聞記事は、実態を反映していない。)

“He must be out of touch because he left here many years ago.”
(ここを去って何年も経つので、彼には何も分からないはず。)

(2)無関心  

“Her mother is out of touch with her daughter.”
(彼女の母親は、娘に無関心です。)
(彼女の母親は、娘の実態を知りません。)
(彼女の母親は、娘と音信普通です。)

“Our boss seems out of touch with issues here.”
(私たちの上司は、ここの問題に無関心なようだ。)
(私たちの上司は、ここの問題の実態を把握してないようだ。)

“My teacher has been out of touch with his students.”
(私の先生は、生徒に無関心でいました。)
(私の先生は、生徒の実態を把握してきませんでした。)

(3)音信不通  

“We are no longer friends because we’ve out of touch
for a long time.”
(長い間、連絡を取り合ってないので、もう友達ではないな。)

“She said she will be out of touch during her trip.”
(旅行中は連絡とれないと彼女は言ってました。)

“I don’t even know where she lives now because
I’ve been out of touch with her since then.”
(それ以来、彼女に連絡していないので、今どこに住んで
いるかすら知らない。)

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ