プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Uncanny

      2021/03/03

異様な不可解な、 超人的な

良くも悪くも、説明しがたい異様さ を表す形容詞。

3大学習英英辞典(EFL辞典)の語釈は似たり寄ったり。

“Uncanny”

■  very strange and difficult to explain.
(ロングマン、LDOCE6)

■  strange and difficult to explain.
(OALD9、オックスフォード)

■  strange or mysterious;
difficult or impossible to explain.

(CALD4、ケンブリッジ)

【発音】  ʌnkǽni
【音節】  un-can-ny  (3音節)

※  下線は引用者

名状しがたく、文字に起こしにくい。

自ら詳らかにできない欲求不満もあり、
後ずさりしたくなるような不安感が増す。

どんな風かと問われても、解説に困る。

日常からかけ離れており、論理的に解き明かせない。
そもそも、その正体を自分でも把握しきれていない。

◇  この世のものと思えない、ぞっとする気味悪さ
◇  異次元のレベルでものすごく、超自然的

もう「不思議」のひと言に収まらない。

なんだかよく分からない。

とにかく不気味。

あまりの薄気味悪さに、鳥肌が立つ感じ。

 

不気味

 

このような状態は、実際には珍しくない。

その際の状況説明によく出てくる単語が、
“uncanny” である。

「 表現に困るヤバさ 」を目の当たりにした時、起用されがち
の形容詞ととらえても、あらかた間違っていないと考える。

◆  “uncanny”  の品詞は、形容詞のみ。

不気味な「状態」を表す語だから、形容詞

【発音】  ʌnkǽni
【音節】  un-can-ny  (3音節)

副詞は、”uncannily”。

【発音】 ə̀nkǽnəli
【音節】 un-can-ni-ly  (4音節)

  •  接頭辞  “un“(~でない)
  •  形容詞  “canny“(賢明な)
    で、「賢明でない」。

「 賢明でない 」から「 理解できない 」。

これが “uncanny” の成り立ち。

初出は1637年。

  •  異様な
  •  不可解な
  •  議な

一般人の理解を越えた、優れた能力を示しているため、
時には、

  •  超人的な
  •  神秘的な


◆  <褒め言葉>になる使い方も、多々ある。

しかし、”uncanny” を出す以上、どうしても、

得体の知れない、不気味さ

を帯びる。

褒め言葉で用いるには、どこか微妙な気もするが、

人間離れした才能

に対して、最大級の称賛 として扱われている。

“uncanny” の基本は、語源通り 理解できない

常人の理解を超越している「超人」としての賛嘆と同時に、
「異様な」「不可解な」といった「不気味さ」が見え隠れする。

◆  非日常的な対象を目にした時、それを第三者に
理解してもらうことは容易ではない。

文字で適切に表現するには、相応の観察力・
分析力そして文章力を要する。

その上で、読み手の想像力に委ねる必要がある。

書き手側と受け手側の双方に、ある程度の条件が
そろっていないと、十分な情報伝達は困難となる。

この点、映像であれば、条件は緩和される。

その場面をうまくカメラに収めてしまえば、
あとは受け手に任せられる。

動画の場合、観察力・分析力・文章力の要件は、
文字表現に比べれば、おそらく下がる。

“uncanny” な内容であれば、きっと映像の方が説得力が出る。

「動画の時代」と言われる所以であろう。

◆  和訳時は工夫し、悪意が表れないよう配慮するのが一般的。

蛇足ながら、へそ曲がりの私が推察した、書き手の「本音」を
矢印で添えてみる。

  • “She has an uncanny resemblance to her mother.”
    (彼女はありえないほど母親そっくりだった。)

    →   ぞっとするほど母親に生き写しで、キモいわ。
  • “It was an uncanny coincidence.”
    (それは不可思議な偶然だった。)

    →   偶然なんかでなく、なんか裏があるはず。
  • “There was an uncanny silence in the class.”
    (教室は不気味なほど静まり返っていた。)

    →   学生らは、また悪さをたくらんでいるな。
  • “He has shown an uncanny ability to predict results.”
    (結果を予想する彼の能力は人間離れしていた。)

    →   こいつ、ずるしたな。
  • “She has an uncanny talent for writing documents.”
    (彼女の文書作成の能力は人並外れていた。)

    →   どこからコピペしたのよ。
  • “She has an uncanny sense of direction.”
    (彼女は不気味なほどの方向感覚を持っていた。)

    →   けもの同然ね。

 

【類似表現】

■  ” eerie ”     ※  形容詞のみ
( 不気味な、 薄気味悪い )

【発音】  íəri
【音節】  ee-rie  (2音節)

語源は、古英語「臆病な」(earg)。

 

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英単語, 英語