プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Take the blame

      2018/01/31

責任を取る

トラブル時によく出てくる。
内容は深刻だが、<3語ワンセット>
でシンプルに表せる。

相手に責任を負わせる場合と
自身の責任を認める場合の
両方で使える。

次のように、双方の立場で使えるので、
覚えておくと心強い。

  • “I take the blame.”
  • “I take the blame for this.”
    (私が責任を取ります。)
    (私のせいです。)
  • “You should take the blame.”
  • “You should take the blame for this.”
    (あなたが責任を取るべきだ。)
    (あなたのせいです。)

◆ この表現のポイントは “blame”。
他動詞と名詞がある。

語源は、ラテン語「冒涜する」(blasphemare)。
「罰当たりな口の利き方をする」ということ。
このネガティブなイメージが一貫するのが特徴。

– 他動詞「非難する」「責任を負わせる」
※ 「非難する」の程度は弱い
– 名詞「非難」「責任」

“take the blame” では、名詞。

名詞 “blame” は、不可算名詞のみ。
したがって、不可算名詞 “a” はつかない。
「非難」では無冠詞、「責任」では “the”
が通例、と英和辞書にはある。
(『ジーニアス英和大辞典』など)

実際のところ、状況に精読しない限り、
「非難」なのか「責任」なのか判別しがたい
ケースが多い。

英語では、どちらも “blame” なので、
大きな問題にはならないが、和訳時は迷う。
どちらもありうると考えるのが適切だろう。

◆「責任」といえば、”responsibility“。

主な違いは、
“responsibility” は、性質的に最初から付随する責務
親の責任、利用者の責任、自由に伴う責任など。

“blame” は、最初から付随する責任ではなく、
落ち度や過失に対する責任。
fault も同様。

ただし “fault” の場合、所有格を直接つけられるが、
“blame” には不可。

「私のせいです」
【正】””It’s my fault.
【誤】”It’s my blame.”

※ 所有格:
my、your、his、her、their、our、its

なお、”accountability” は、結果に対し、
根拠に基づく説明を求められる「プロの責任」

表題 “take the blame” は、”the” つきなので、
責任を取る」。

しかし、文脈によっては「非難を受ける」
と訳しても、問題ないケースが少なくない。
法律上の専門用語ではなく、日常使用であれば、
日本語でも区別なく用いられていたりする。

◆ “take” は、他動詞「取る」。
名詞 “blame” の和訳に応じて、こちらも
「取る」「負う」「受ける」などに変わる。
意味合いは一致しているので、理解は難しくない。

“take the blame”
(責めを負う)
(責任を取る)
(非難を受ける)

他動詞 “bear“(負う)を用いた
bear the blame” は同義。

反対の意味にするには、
他動詞 “take” の代わりに、同じ他動詞の
“put”、”place”、”lay” を使う。

(1)
put the blame on X”
place the blame on X”
lay the blame on X ”
(X に責めを負わせる)(X に責任を負わせる)

(2)
他動詞 “blame X on A ”
(Aについて、Xに責任を負わせる)
と同じ意味である。
日常的には、こちらの方が頻出。

前置詞 “on” の役割が異なることに注意。
・(1) → 関連の “on”(~について)
・(2) → 対象の “on”(~に対して)

Inline image 1
“He took the blame for the accident.”
(彼が事故の責任を取った。)

“He took the blame on himself.”
(彼は自分で罪をかぶった。)

“She took the blame for a series of scandals.”
(彼女は一連の不祥事の責任を負った。)

“I think they should take the blame for it.”
(その責任は彼らが取るべきだと思うけど。)

“I’ll take the blame if anything goes wrong.”
(何かうまくいかなくなったら、私が責任を取ります。)

“You must take the blame for your failure.”
(失敗の責任はあなた自身が負わねばならない。)

【類似表現】
“at fault”
https://mickeyweb.info/archives/11563
(落ち度がある、責任がある)

“accountable”
https://mickeyweb.info/archives/21196
(責任・説明責任を負う)

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ