プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Keep up the good work.

      2018/09/17

この調子でがんばってください。

企業や個人への応援文言の典型。
事業の継続発展を目指す企業にとっても、
一個人であっても、もらってうれしい言葉。

  • 顧客からの感謝のメールやレター
  • 格別な業績を挙げた部下への賞賛
  • 優秀な成績(学業・スポーツ・芸術)
    をおさめた学生への表彰
  • 個人的な励まし

これまでの努力と成果への称賛にとどまらず、

「これからも応援しています!」
「今後ともよろしくお願いします!」

将来にも期待する温かさがにじむ。

褒め称えつつ、鼓吹する感じ。

筆舌不問のポジティブ表現である。
簡単な単語のみで、誤解の余地はない。
すっきりさわやかな応援歌のよう。

学童対象の漫画『スヌーピー』の題名に
使われるほど、分かりやすい。

Inline image 1http://amzn.to/2DweVxT


◆ “Keep up the good work.” は、
基礎5単語で完結する。

5語すべてが、英単語として最頻出かつ最重要。
口語・文面とも、頻出は<トップ1000語以内>。
重要も<トップ3000語以内>。
どれも最高ランクの位置づけにある。
(ロングマン、LDOCE6 の表記より)

◆ 文法面に、取り立てて難しい部分はない。

あえて言えば、3点。
句動詞 “keep up”、定冠詞 “the”、そして
<命令形>の文体である。
それぞれ説明する。

まず、”keep up“。いくつか意味がある。
最も主要な意味は、「続ける」(continue)
と「維持する」(maintain)。

これは、”keep” の自動詞「続ける」と
他動詞「維持する」をそのまま継承した意。
これに、接触の副詞 “up”(ついていく)を
加えて、句動詞の出来上がり。

結果的に、句動詞 “keep up” としても、
自動詞(句自動詞)と他動詞(句他動詞)がある。

“Keep up the good work.” では、句他動詞。
この場合、日本語では「続ける」と「維持する」
のどちらでも、意味合いに大差ない。

ロングマンでは、”continue” 。

Keep up the good work !=
continue to work hard and well.
(ロングマン、LDOCE6)

◆ 次に、定冠詞 “the” について。
ロングマンと同じく、主な英英辞書すべてに
おいて、”the” つきで掲載されている。

現在のよい仕事を、引き続きがんばって」
が趣旨であり、今の「この」仕事を指す。
だから、”the” を伴う。

原則は、この文法解釈でよい。
だが、実際には “the” 抜きも多々ある。
特に口頭では、”Keep up good work !
と言っても違和感はない。

“the” 入りが通例だが、”the” なしも普通に
使われているということ。

“work” は「仕事」で、不可算名詞
不可算を原則とする名詞であるが、
「作品」を表す “work” は、可算名詞となる。
この点、”collaboration” と同じ。

形容詞 “good”(よい) を加えて、「よい仕事」。
可算名詞 “job”(仕事) を用いて、”Keep up
the good 
job.” とも換言できる。

【注意】
Good job.“(よくやった)のリスク:
嫌味・失礼になりうる
Well done.” にも共通する注意点

◆ 最後に、<命令形>の点について。

“Keep up the good work.” は、文法的には命令形
となる。
したがって、基礎文法に忠実に和訳すると、
「よい仕事を続けよ。」となる。

なぜ、顧客らに命令されなければならないのか。
見方によっては、応援どころでなく、ぶしつけである。

押さえるべきは、英語の命令形の特色
日本語の命令形は、「~しろ!」「やれ!」と、
主に目下に対して命じたり、指示したりする語形。

ところが、英語の命令形の用途はもっと広い。
「~しろ!」「やれ!」に加えて、「すること
「してみて」「してください」などの柔らかい
言い回しも担う。

ズバッと言い切る命令形の簡潔さは、実務で重宝する。
簡明直截なため、分かりやすいのである。

日本語でも、敬語が回りくどく聞こえがちな一方、
断言調の命令形だと理解が早かったりする。
ぶっきらぼうだが、無駄がないので、パパッと把握しやすい。

したがって、英文マニュアル・取扱説明書・料理本の他、
要領と視認性の求められる箇条書きなどの文書には、
命令形が多用されるのが英語の世界。

これらは、受け手の上位・下位を問わない。

英語の命令形は、日常生活にあふれる。文法上の
命令形であることを意識しないのが普通なほど。

  • “Write e-mail in a professional manner.”
    (プロしくメールを書きましょう。)
  • “Put a new battery in the slot.”
    (溝に新品の電池を入れる。)
  • “Shake well before using.”
    (使用前によく振ること。)
  • “Add salt and pepper for seasoning.”
    (味付けに、塩とコショウを入れる。)
  • “Follow these steps in the event of a fire.”
    (火事の際は、以下の手順に従うこと。)

表題を一言で言えば、「がんばれ~」。
掛け声に、命令形が起用される場面は、日本語にも見られる。
この迫力は、命令形が随一だろう。

Inline image 1Keep up the good work. You have our support.
(この調子でがんばってください。応援しています。)

シンプルで使いやすいので、自ら使えるようにしておこう。

【類似表現】
You are doing a great job !
(よい仕事をしていますね!)
※ “job” は可算名詞

Keep it up.
(これからもがんばってください。)
※ 上述と同じ句動詞

You’re on the right track.
(正しい方向に進んでいます。)
※ “the right track” =「正しい軌道」

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ