プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Hash out

      2020/01/03

徹底的に議論する

“hash” の原義は、「戦闘用の手斧(ておの)」。

古フランス語 “hachier” が語源。

【発音】  hæʃ

“hash” は多義で、名詞・他動詞・形容詞がある。
徹底的に」が共通イメージ。

【発音】  hæʃ

「手斧」から「徹底的に切り刻む」という意味をもつ。
転じて、口語で「徹底的に話し合う」。

「ハッシュドビーフ」や「ハヤシライス」は “hashed”。
どちらも素材を切り刻んで作る料理。
※ 「ハヤシライス」は、考案者の人名説も有力

ビジネス会話によく出てくる “hash out” は、
複数人で「徹底的に議論する」。

ここでの “out” も「徹底的に」「最後まで」
を意味する副詞で、”hash” に伴い句動詞に。

< 副詞「徹底的に」の “out” >

  • clean out(徹底して掃除する)
  • tired out (疲れきった)
  • burn out(燃え尽きる)
  • iron out(問題を解決する)※ 小規模な問題
  • spell out(詳しく説明する)
  • map out(綿密に計画を立てる)
  • talk things out(徹底的に話し合う)
  • smooth out(問題を解決する)

議論が不可欠な職場では、大切な口語フレーズ。
だが、初めて聞くと見当がつかないだろう。

“We hashed out a plan.”
(徹底的に議論して計画を立てた。)

“We need to hash out our differences.”
(互いの食い違いをしっかり話し合わなければならない。)

なお、頻出ではないが、
make a hash out of – “(~を台無しにする)
というフレーズもある。

【類似表現】
“Talk things out”
https://mickeyweb.info/archives/5615
(徹底的に話し合う)

“Sit down with – ”
https://mickeyweb.info/archives/15627
(~と話し合う)

“We need to talk.”
(私たちは話し合う必要がある。)

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ