プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Make a big deal

      2018/03/16

大騒ぎする、オーバーに扱う  

We don’t have to make a big deal out of this.
(こんなことで大騒ぎする必要はないよ。)

大組織の場合、大抵どの職場にも冷静な人はいる。
難儀な仕事を前にして、ああでもないこうでもない
と騒いでいると、一声掛けてくれたりする。

「オーバーだよ。お前らバカか。」
本音はこんな感じかもしれない。

◆ “make a big deal” のイメージは「オーバー」な様子。

オーバー【over】
2. 態度・動作がおおげさである。
(広辞苑 第7版)

ただし、この意味での “over” は、英語では不自然。
この用途では、ほぼ和製英語である。

He is over.” などと言ってしまうと、おそらく
「彼(のキャリア)は終わった。」
と解釈される。大変危険。

【参照】
・ “over the hill“(盛りを過ぎた)
・ “My time is up.“(私の時代は終わった。)

正しくは、
・ 自他動詞 “overdo”、”exaggerate”
・ 他動詞 “overstate”
・ “go overboard
・ 名詞・自他動詞 “overkill
など

“make a big deal” の “make” は、他動詞「作り出す」
その状態を自ら作ってしまっている状態。
よって、「”big deal” を作り出す」が直訳で、
意訳すると「”big deal” に仕立てる」。

“a big deal” とは「大きな取引」のこと。
可算名詞 “deal”(取引)を形容詞 “big” で飾ったもの。
「ディーラー」(dealer、業者)の “deal” である。

「大きな取引」から派生した数々の意味合いが、以下の通り。
青字すべてが日常的に使われている。

big deal” =

1. 大きな取引 → 2. 大したもの
3. 大物(重要人物、重大事件)→ 4. 重大事

【例】
1. “Don’t miss out on this big deal.”
(こんな重要な取引を逃すな。)

2. “It’s no big deal
(大したことはない。)

3. “She is a big deal in the fashion world.”
(彼女はファッション界では大物です。)

4. “This test is a big deal for me.”
(この試験は私にとって重大事なのです。)

表題の “a big deal” は、4の「重大事」「一大事」。

したがって、先ほどの和訳はこうなる。
「”big deal” に仕立てる」→「一大事に仕立てる」。

冷静な人の目からは、「一大事(a big deal)」でもないのに、
ギャーギャー騒いでいるように見える。
すなわち「大騒ぎする」。

わざわざ “a big deal” に “make” した大騒ぎ。
その醜態に「お前らバカか」と冒頭発言のお出ましとなる。

なお、2語完結で “Big deal ! ” と言えば、
通常は皮肉

大したものだ!」→「ご立派!

その心は「つまんねー!」。
日本語にも共通する嫌味だろう。

【例】
“I lifted 100kg in the bench press.”
Big deal ! I lifted 140kg.”

(ベンチプレスで 100kg 挙げたぜ。)
ご立派!俺は 140kg 挙げたよ。)

以上より、”make a big deal” の意味合いが
だいたい把握できたのではないだろうか。

実際には<4語ワンセット>で終わるケースは少ない。
後に続くパターンは3つ。違いは青字部分。

make a big deal of / out of / about something” =
to get too excited or upset about something,
or make something seem more important than it is.
(ロングマン、LDOCE6)

“make something into a big deal” とも言う。
(オックスフォード米語辞典 第8版、OAAD8)

3つの青字に共通する役割は、「大騒ぎ」の根源を示すこと。
つまり、騒動の原因・動機出所を表している。

  • of(原因の前置詞)~のため、~で
  • out of(副詞 “out”+前置詞 “of”)~から
  • about(関連の前置詞)~について

前置詞の役目に基づき、厳密に分析すると、
3つの青字は同一視できない。

例えば、「原因(~のため)」と「関連(~について)」
は異なる。日本語でも同様。
そのため、青字部分は完全に代替可能とは言えない。

ところが、3大学習英英辞典である “LDOCE6”
の上記項目では、ひとまとめになっている。
通常の使用では、3つの青字に<有意の差>はない
と判断したからに他ならない。

確かに、どれも「~のことで、大騒ぎする」を意味する。

前置詞の細かい区別などに神経質にならないのが日常用途。
英語学習者としては、一度は区別を考えてみるべきだが、
この程度に大雑把であるのもまた現実。
LDOCE 以外の英英辞典も、同レベルでざっくりしている。

これ以上、詳しく分析するのは学者に任せて、
例文を見ていこう。

  • “Why are you making a big deal out of
    someone winning first place ? ”
    (誰かが優勝したからって、
    なぜそんなに騒いでるのよ。)
  • “That winner is our brother and
    it is a big deal for us.”
    (あの優勝者は僕たちの兄だから、
    大ごとなのです。)
  • “My brother never wants to make a big
    deal of it, though.”
    (でも、兄はそのことで騒ぎ立てることを
    一切望んでいません。)
  • “But we made such a big deal about him
    winning the game, because he is our brother
    after all.”
    (それでも、僕たちが彼の勝利について、こうして
    大騒ぎしたのは、やはり自分たちの兄だからです。)
  • “He will always be a big deal for all of us.”
    (僕たち3人にとって、彼はずっと重要人物で
    あり続けるでしょう。)

【類似表現】
”make a fuss”
https://mickeyweb.info/archives/10282
(騒ぎを起こす)

 

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ