プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

It’s the thought that counts.

      2020/01/04

大事なのは気持ちのほうだから

典型的な使用場面は、プレゼントをもらった人が、
それを心から喜べない時。

その中身が自分の希望にそぐわなかった場合に、
受取人が贈り主にかける言葉。

プレゼントそのものよりも、
「贈ってくれたその心」に意味がある。

贈り主を慰めつつ「感謝」を伝える趣旨。

同時に、ばつの悪い状況から両者を救う効果
がある。

◆ “thought” には2種類ある。 発音は同じ。

  1.  名詞 “thought”
  2.  自他動詞 “think” の過去・過去分詞形

ここでは 1。
可算名詞と不可算名詞を兼ねる。

名詞 “thought” は、最頻出かつ最重要レベルの英単語

  • 重要度:最上位 <トップ3000語以内>
  • 書き言葉頻出度:最上位 <トップ1000語以内>
  • 話し言葉頻出度:最上位 <トップ1000語以内>

(ロングマン、LDOCE6)

—-【発音】  θɔ́ːt

→  “th”(θ) の発音は、”smooth out” 参照

語源は、古英語「考えること」(thōht)。
動詞 “think” や “thank” と同根である。

可算と不可算は、次のように大きく区分できる。

  • 可算名詞「思いつき」「考え」
  • 不可算名詞「思考」「思想」

【注意】可算・不可算どちらも使える
用途もあり、線引きの難しい名詞

表題では、可算扱いの「思い」「思いやり」。

この用法では、
定冠詞 “the”+ 単数 “thought” が通例。

複数形 “thoughts” は使わない。

【誤】”They are the thoughts that count.”

“count” には、自動詞・他動詞・名詞があり、
ここでは自動詞「重要である」「価値がある」。

単数 “thought” を受けた動詞なので、”s” をつける。

よって直訳は重要なのは思いやりだ

受取人が「不満」を自白  することになるため、
贈り主は内心複雑 なはず

それを  見透かして

受取人が場を繕うための常套句

相手が本当に満足できるプレゼントを選ぶのは難しい。

だからこそ、これが頻出表現となる。

たまらなくきまりが悪く、時間を巻き返したくなる
ような、双方の地悪さを軽減する役目を担う。

 

◆ そんなシーンは、有名な映画にも描かれている。

Anyway.  It’s the thought that counts.
(まあとにかく、大事なのは気持ちだからね。)

< 米映画『恋におちて』1984年 >

妻(メリル・ストリープ)から、クリスマスギフトに
もらったセーターが気に入らなかった夫の発言。

夫婦関係が揺らぎ始めていることを示唆し、後々生じる
(ロバート・デニーロとの)「恋」の伏線を敷いている。

< ネタバレ(spoiler)>

2人のベッドシーンはない。 未遂に終わる。
「純粋な」不倫の恋たるゆえん。

※ 日本公開の1985年には、本作のオマージュである
TBSドラマ『金曜日の妻たちへIII 恋におちて』が高視聴率を獲得。

主題歌『恋におちて -Fall in love-』(小林明子)も大ヒットした。

ウィキペディアより)

◆ なお、”It’s the thought that counts.” は、
挑戦が失敗に終わった人への慰めにも使われる。

こちらはマイナー用法で「頑張ったことに意味がある」。

 

【”count” 関連表現】

“Count me in.”
https://mickeyweb.info/archives/2181
(私も参加させて。)

“On a count of three.”
https://mickeyweb.info/archives/1345
(1、2の3でいきます。)

“Lose count”
https://mickeyweb.info/archives/16055
(数が分からなくなる、数を忘れる)

【”thought” 関連表現】

“Just a thought.”
https://mickeyweb.info/archives/25671
(少し思ったのですが)

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ