プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

On board

      2019/05/13

参加する

  • Welcome on board ! 
  • Welcome aboard !
    (ようこそ我が社へ!)

入職した場合や異動したての時期に、
新しい職場でかけられる典型的な歓迎表現。

通常、”Thank you.” と応じる。

Inline image 1


表題の “on board” は、
前置詞 “on”+ 名詞 “board”。

on は、接触を示す前置詞

「~の上に」「~に乗って」。


board には、名詞・他動詞・自動詞がある。

語源は、古英語 “bord” で、「板」「舷側(げんそく)」
を意味する。

「舷側」とは、船の側面である「ふなべり」のこと。

語源からして、”board” は「船」と縁がある。

名詞は、可算名詞不可算名詞を兼ねる。
非常に多義な名詞だが、語源からイメージできるものが多い。
カタカナ「ボード」も同様。

“board” には成句・熟語が多く、”on board” は
その中でも最頻出レベル。

基本的意味は、
– 名詞「板」「役員会」「賄い」
– 他動詞「板張りする」「乗り込む」「賄う」
– 自動詞「板張りする」「乗り込む」「下宿する」

自他動詞の意味は重なる。

“on board” は、<2語ワンセット>の熟語。

単語を分けて考えないのが、一般的な解釈である。

一方、welcome aboard” は、2語の間に目的格
を入れることもできる。

  • “Welcome them aboard ! “
  • “Welcome him aboard ! “
  • “Welcome her aboard ! “

“on board” の “board” は不可算名詞で、無冠詞。
主な意味は2つ。

“on board”

1.  on a ship, plane, or spacecraft.
SYN:aboard
2.  involved with something or working
for an organization.

(ロングマン、LDOCE6)

※ “SYN” = synonym = 同義語

(1) 船や飛行機に乗る

飛行機内で、次のようなアナウンスを
耳にする機会があるかもしれない。

  • “Welcome on board YYY Flight XXX.”
    “Welcome aboard YYY Flight XXX.” ← 頻出
    (YYY航空 XXX便へようこそ。)
  • “We will takeoff when everyone is on board.”
    (皆様がそろいましたら、離陸いたします。)
  • “You are on board a ZZZ.”
    (この飛行機はZZZ型機です。)
  • “Is there a doctor on board ? ”
    (お医者様はいらっしゃいませんか?)

船や観光バスでも同様に使う。

 

◆ 一般動詞の自動詞 “get” または “go” に続く時と、
be動詞(be,  am,are,is,was,were,  will, been)
に続く時がある。

  • “I have to get on board.”
    “I have to go on board.”
    (乗らなければならない。)
  • “I was on board.”
    (乗っていた。)
    Inline image 2
    赤ちゃんが乗ってます
    ※ 自家用車などのステッカー

 

(2)参加する

本稿の “on board” は、こちらを指す。

(1)から派生した意味合いで、
「乗車する」→「参加する」の流れ。

実際には、仕事のチームなどに「新たに加わる」
描写に使われる
ことが多い。

確かに<歓迎場面>で多用されるが、両者とも
「新たに」の要素はもともと含まない

◆ “Welcome on board.” に加え、職場で
よく使われる(2)の用法例は、次の通り。

 

  • “We’re so glad you’re on board.”
    (参加していただき、我々はとても喜んでいます。)
  • “We hope to have her on board by the end of
    August.”
    (8月末までに、彼女が参加することを希望しています。)
  • “We have a new engineer on board to support us.”
    (我々を支援してくれる新しいエンジニアが入りました。)
  • “The entire team was on board for the business trip.”
    (その出張には、チーム全員が参加していました。)
  • “I want you on board.”  ※ 目上の発言
    (君に参加してもらいたい。)

-“

【類似表現】
“Welcome back ! ”
https://mickeyweb.info/archives/2768
(お帰りなさい!)

【関連表現】
“across-the-board”
https://mickeyweb.info/archives/25277
(全員一律に、全面的な)

 

【参考記事】
「早期戦力化に効くオンボーディングとは何か」
https://toyokeizai.net/articles/-/278308
※ 2019年5月13日付

 

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ