プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Welcome back !

      2022/05/25

・ Estimated Read Time ( 推定読了時間 ): 2 minutes

お帰りなさい

welcome ” には、名詞・形容詞・他動詞・間投詞がある。

” You are welcome.”( どういたしまして )では 形容詞 だが、
」入りの  ” Welcome back ! ”  は 間投詞

発音は同じ。

【発音】  wélkəm
【音節】  wel-come  (2音節)

「 間投詞 」( interjection )とは、感動や応答を表す語で、
単独で文となりうる呼掛け言葉。

「 感嘆詞 」( exclamation )とも言う。

「  ! ( 感嘆符 )」 は、” an exclamation mark ” または
” an exclamation point “。

【例】
“Oh ! “、”Alas ! “、”Oops ! “、”Whoa ! “、”Gross ! “、
Well done ! “、”Barf ! “、”Snap ! “、”Check!”

 

◇  間投詞 ” welcome ” は、「 ようこそ 」「 いらっしゃい


Welcome  to  Japan !

( ようこそ日本へ

※  来日時の歓迎挨拶 ( 回数不問 )


上記は、遠路はるばる来日してくれた行為
自体を歓迎しており、来日回数は不問。

つまり、初めて日本に訪れる場合でも、再来日でも、
使える。

▼  一方、 こちらは、2度目以降に限定される。


Welcome  back  to  Japan !

( 再び日本へようこそ

※  初来日以外の歓迎挨拶 ( 2回目以降 )


再び日本にやってきたので、” back “。

「 カムバック 」( come back、 戻る帰る
と同じ用法の 副詞  ” back ”  である

故郷ではないものの、「  舞い戻る  」イメージ。

 

  日本に 戻ってきてくれて ありがとう !  


喜び
と  感謝  のこもった 「  帰りなさい !

元気に再会できたうれしさ  に満ちあふれている。


” Welcome back ! ”  は「 お帰りなさい 」( 間投詞 ) とはいえ、

長く留守にしていた人に対する表現。

家族の帰宅時など   毎日使うようなものでなく
日本語の「 お帰りなさい 」 とは 趣が異なる


日々の帰宅に、下図が描くほどの歓喜はお互い伴わないはず。

古里へ帰ったり、正月の里帰りならありうる。

 

お帰りなさい!

 

◇  身近な使用場面は、同僚などの

1) 長期休暇明け
2) 産休・育休・傷病等で、休職後の職場復帰
3) 異動・転勤等で、元の職場に舞い戻った時


職場復帰なので、 ” welcome back  to work ”  ということ。


◆  特に、休職後の復帰には、 相当な心配を伴うことだろう。

戻ってきて不安げな同僚に、 さわやかな笑顔で

Welcome back !

と声をかけてあげると、

Thank you !

と顔をほころばせるのが常だ。

ぜひ、 試していただければと思う。

 

  • On behalf of everyone here,  welcome back ! ”
    ( ここの全員を代表し、お帰りなさい! )

  • Welcome back to the office ! ”
    ( オフィスへお帰りなさい! )
  • “Thank you so much for the warm welcome back.”
    ( あの心温まる「 お帰り 」に心から感謝します。)
    ( あの時、温かく迎えていただき、本当にありがとう。)

    →  ”  the  warm welcome back ” で、
    あの  心温まる お帰り 」と 名詞扱いしている。
    私の元上司からのメール文面。

 

【類似表現】

 

◆  以下、 ” conclusive ”  より再掲。

2021年夏、 東京オリンピックの最中に、 YouTube 動画
のコメント欄にあふれた文言が、

Welcome to Japan ! ”  ( ようこそ日本へ ! )。

選手らを歓迎する真心のこもった、 日本からの呼び掛けである。

このたった3語のメッセージが、 びっしり幾重に連なるコメント
欄をいくつも見つけ、 ある種の迫力とおかしみと感銘を覚えた。

かわいい絵文字や顔文字で差別化していたりする。

ほっこりすると同時に、 日本人の実直さを垣間見た。

コロナ禍の中、 遠路はるばる来日してくれた海外選手たち …
どうしても皆様を称えたい、 励ましたい、 感謝を伝えたい …

こういった大勢の日本人の熱い思いが、 英語でコメントする
勇気を奮い立たせたのではなかろうか。

いろいろ調べて、 やっとたどり着いた英語表現かもしれない。

生まれて初めて書いた英文コメントかもしれない。

使い慣れない英語で投稿する興奮と高揚は、いかばかりであろうか。

以上は勝手な推量であり、 これらの裏付けはかなわぬものの、
この際、そんなことはどうでもよろしい。

自発的・内発的な動機や感激が生む、意欲と行動力のすさまじさを、
ぜひとも力説させていただきたいのである。

やはり、 自ら英語を使ってみたいと思う日本人は、大人数いるのだ。

国民のやる気を、無下にあしらっている感のある英語教育を許すまい。

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ