プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Long shot

      2020/01/05

期待薄、大胆な試み

It’s a long shot.
(期待薄だ)
(大いなる挑戦だ)

ハイリスク・ハイリターンな挑戦
表すことの多い可算名詞

場合によっては、成功率がほぼ皆無。
一か八かのまぐれ当たりをねらう博打なので、
端的に「期待薄」。

競馬の “long shot” は「穴」を指す。
日本でも「ロングショット」という。
「LS指数」は、穴配当の的中を示す指数。
“a long shot horse” は「勝ち目のない穴馬」。

long shot” = 大胆な試み

解釈と印象は、状況次第でどちらもあり

  • ポジティブな「大穴(大もうけ)
  • ネガティブな「見込みなし

long shot

someone or something with
very little chance of success.

(ロングマン、LDOCE6)

LDOCE6は、ネガティブな解釈のみ記す(上記)。
OALD9では、ポジティブな要素が加わる(下線)。

long shot

an attempt or a guess that is not likely to be
successful but is worth trying.

(オックスフォード、OALD9)

※ 下線は引用者

LDOCE6は「成功の見込みがほぼない人や対象」で、
身も蓋もない。

一方、OALD9は「試してみる価値はある」(下線)と続く。

やわな語感のある “long shot” だが、時事批評やニュース
論評の場で、冒頭の一文を見聞きすることは珍しくない。

◆ “long” には、形容詞・副詞・名詞がある。
語源は、古英語 “lang”(長い)。
全品詞の基本的意味は、カタカナ「ロング」と重なる。

すなわち、距離・時間・背丈などの長さが
長いことを指す。

ここでは、最も基本の「長い」距離を表す形容詞。

◆ “shot” の語源は、古英語「射撃」(scot)。
名詞・形容詞・動詞がある。
このうち名詞(可算と不可算を兼ねる)は非常に多義。

基本的意味は、

– 名詞「発射」「打撃」「憶測」「試み」
– 形容詞「玉虫色の」「擦り切れた」
– 動詞「弾丸を込める」「試みる」(他動詞)

※ “shoot“(撃つ)の過去・過去分詞形 “shot”
とは同根であるが、厳密には区別される

ここでは、名詞「打撃」。
サッカー・テニス・ビリヤードなど球技の
「ショット」と同じ意味合い。
可算名詞なので、不定冠詞 “a” がつく。

関連表現の “Give it a shot.“(やってみれば)
の “shot” は「試み」。

“a long shot” でも「試み」と解釈できなくもない
が、こちらは “long” 込みで初めてイディオムをなす。

片や、”Give it a shot.” には形容詞がない。
“shot” 自体が「試み」を意味する。

以上より、”long shot” の直訳は「長い打撃」。

可算名詞なので “a long shot” が通例で、
複数形は “long shots” となる。

語源は、長距離から標的を狙う様子。

まさに「長い打撃」。

カタカナ「ロングショット」は、
ゴルフの<長打> や被写体を遠くから撮影する
<遠写し>を指す。

いずれも、難易度の高いテクニック。
うまくいけば素晴らしい。

先の OALD9 の描写する通りである。

◆ 使用上は、be動詞に続くのが基本パターン。

すなわち、be、am、was、been、will be
is、were、are などの直後に置く。

  • “It’s a long shot, but it might work.”
    (期待薄だが、うまくいくかも。)
  • “I know that’s a long shot, but I want to try it.”
    (見込みないのは分かっているけど、トライしたいの。)
  • “This no longer seems like a long shot.”
    (これはもはや期待薄に見えない。)
  • “I will bet on a long shot.”
    (見込みはないけど、賭けてみるわ。)
  • “I won’t take long shots.”
    (危険な賭けはしないの。)

◆ “by a long shot“(断然)
→ “by far” と同義

  • “He is the biggest troublemaker we had by a long shot.”
    (彼はこれまでの問題児で断トツだ。)
  • “She is smartest by a long shot.”
    (彼女は断トツで優秀だ。)
  • “He is late by a long shot.”
    (彼は断然遅い。)

◆ “not by a long shot“(全然~でない)
→ “not at all”、”not in any way” と同義。

副詞 “not” の代わりに、縮約形の否定でもよい。

  • “The feud isn’t over by a long shot.”
    (紛争は全然終わっていないよ。)
  • “They didn’t win by a long shot.”
    (彼らは全く勝てなかった。)
  • “Not by a long shot ! ”
    (とんでもない!)(絶対だめ!)(そんなばかな!)

 

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ