プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Not an option

      2019/05/27

その選択肢はない  

That is not an option here.
(そんなのだめだ。)

言下に否定する物言い。
有無を言わせない勢い。
ビジネス会議でも耳にする。

荒い語気から推察がつくように、
反発・反感・軽蔑を帯びていることが多い。
<本音>はこんな感じ。

  •  お前、何言ってんの
  •  あんたは、アホか
  •  頭、使えよ

つまり、愚かで的外れとみなして使っている。
言われた側は気分よくないはず。

◆ “option” には、名詞と他動詞がある。
語源は、ラテン語「選ぶ」(optīo)。

可算名詞を中心とするため、不定冠詞 “an” を
つけるのが原則。

  • 可算名詞
    選択」「選択の自由」「オプション品
  • 不可算名詞
    「住民投票」※ 可算名詞にもなる
  • 他動詞
    「オプションを得る・与える」【例】映画化、出版化
    「オプション品を取りつける」【例】車、コンピュータ

以上の基本的意味からも、日常的には可算名詞が中心
となることが分かる。

表題でも “an” つきの可算名詞で、基本そのもの。
意味は「選択」または「選択肢」。

「選択肢」

1. 一定の質問に対する回答の候補として
用意された複数の回答の一組で、回答者が
そのうちの一つを選ぶようにつくられているもの。

2. 行動や条件などについて自ら選ぶことが
できる
複数個のケース。

(精選版 日本国語大辞典)

“not an option” の場合、2の語釈が該当

◆ 類語名詞には “choice” が筆頭に挙がる。

“option” 同様、可算と不可算を兼ねる。
自分の自由意志(free will)に基づいて、
2つ以上から選ぶことを主眼とする常用語。

入念に選ぶことを表す “selection” より、
選択範囲が狭いことが多い(ジーニアス英和大辞典)。

“option”

a choice you can make in a particular
situation.

(ロングマン、LDOCE6)

※ 下線は引用者

【発音】 ɑ́pʃən

  • option” も「自由意志」で選ぶが、選んでも
    選ばなくてもよい自由さがポイント。

    まさに「オプション品」のイメージ通り。
    “choose” よりも専門的で堅めの単語である。
  • alternative“(ɔːltə́ːrnətiv
    は可算名詞で、やはり自由意志だが、
    主に「二者択一」。

    日常用法では二者とは限らないが、

    「必ず1つ選ばなければならない」という、
    強迫的なニュアンスを伴いがちな点で、
    “option” の自由さに欠ける。


◆ “an option” を副詞 “not”(~でない)
で否定するのが、表題 “not an option”。

直訳は「選択ではない」または「選択肢ではない」。

これでは意味をなさないので、通常は「be動詞」に続く。
すなわち、be、am、was、been、will be
is、were、are 。

副詞 “not” は、be動詞の直後が原則。
※ 命令形は異なる

また、”not” の射程に従い、
文否定」と「語否定」に分かれる。

  • 文否定:文全体(主語+述語)を否定
  • 語否定:特定の語・句・節のみを否定

 【参照】

・ “It’s no joke.(冗談ではない)
・ “no need” (不要です)
・ “not a fan (あまり好きではない)
No strings attached.” (条件なしで)

表題 “not an option” では、文否定が普通で、
否定の度合いが強い。

この表現では、縮約形 “n’t ” ではなく、
“not” と明示するのが一般的。

なぜなら、”not” こそ主役であり、
アクセントと意義を置くべき単語だから。

たとえ文法的に問題なくても、文脈上、
省くわけにはいかない印象。

◆ 一例として、冒頭のむげない言葉を取り上げる。
“That is not an option here.”
(そんなのだめだ。)

その場の状況にもよるが、この内容であれば、
力を込めるべきは太字。これが最も自然。

ネガティブな意味合いが文全体を貫く「文否定」
真っ向から否定する様子。
先述の<本音>を思い出す。

“That isn’t an option here.”
と縮約形を用いても、間違いではない。
だが迫力は劣る。発声してみると分かりやすい。

◆ 次の6文の下線部を、その縮約形 “isn’t
に置き換えて、違いを感じ取っていただきたい。

Inline image 1

  • “Drinking alcohol is not an option
    for me.”
    (飲酒は私の選択肢にない。)
  • “No. That is not an option.”
    (いや。それはだめ。)
  • “Reorganization is not an option.”
    (再編成は選択肢にない。)
  • “Quitting is not an option.”
    (辞めることは選択肢にない。)
  • “Retaliation is not an option.”
    (仕返しは論外。)
  • “I’m afraid that is not an option.”
    (申し訳ございませんが、それは
    できません。)
    ※ “I’m afraid” と低姿勢ながらも、
    ぴしゃりとはねつけている点に注意

大意は変わらなくても、ニュアンスに差が出る。

この微差がつかめれば、英語学習者として、
なかなか語感が鋭いと考えられる。

 

【関連表現】

  • “leave one’s options open”
  • “keep one’s options open”

to wait before making a decision.
(ロングマン、LDOCE6)

選択を保留すること。「態度保留」を示す。
“one’s” には、所有格。

人称代名詞であれば、
my / your / his / her / their / our 。

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ