プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

It’s no joke.

      2019/12/08

冗談ではない。冗談では済まされない。

頻出口語だが、軽快なエッセイや見出しにも見かける。

“It is no joke.”
の短縮形。

“it” が、時に ”this” や “that” となるケースもある。

“this” と “that” は指示代名詞、”it” は人称代名詞

“that” は前の文の内容すべてを指し、
“it” は前の文の名詞のみを指す。

これが原則。

【参考】 it” 人称代名詞、”that” 指示代名詞

多くの場合、訳出(「それ」「あれ」)しない。

さらに略して “No joke.” とも言う。

この “joke” は、可算名詞「冗談」「しゃれ」。
語源は、ラテン語「冗談」(jocus)。

よって「それは冗談ではない」が直訳。
転じて「しゃれにならない」。
つまり「冗談・ただ事では済まされない」。

このような解釈の広がりは、日本語とほぼ重なる。
相手の言い方や表情、またその場の状況で、
解釈を区別する点も、日本語に似通っている。

矛盾する意味合いはなく、基本的意味の
「冗談ではない」から大きく外れない。

◆ “It’s not a joke.”(It is not a joke)とほぼ同義だが、

“It’s no joke.” の方が強い否定

“not a joke” の副詞 “not” は、be動詞 “is” を否定(= isn’t)
するのに対し、
“no joke” の形容詞 “no” は、名詞 “joke” を否定。

この場合、原則として、

”no” の方が “not” より否定の度合いが強い

 【参照】
意味も使用場面も、

日本語の「冗談ではない」にそっくり

  •  No joke.  They’re quite similar in
    their meaning and in their use.”
    (冗談でなく、意味と使い方がよく似てる。)

だから、そう難しくないだろう。


  • “It’s no joke, I mean it.”
    (冗談じゃない、本気だぜ。)
  • “You are in trouble. It’s no joke.”
    (まずいことになったよ。冗談でなく。)
  • “It’s no joke. I have to pay for all the cost ”
    (冗談で済まされない。全額負担になってしまった。)
 ————————————-
【類似表現】
“No kidding ! ”
https://mickeyweb.info/archives/404
(本当ですか! ウソでしょ! マジですか!)

“Give me a break.”
https://mickeyweb.info/archives/540
(いい加減にして。勘弁して。ばか言わないでよ。)

“I mean it.”
https://mickeyweb.info/archives/454
(私は本気で言ってます。)

“No pun intended.”
https://mickeyweb.info/archives/4603
(しゃれのつもりはありません。)

“It’s not funny. ”
https://mickeyweb.info/archives/719
(笑いごとではないのよ。)

“Don’t be silly.”
https://mickeyweb.info/archives/1408
(ばか言うな。いい加減にしなさい。)

 

 ————————————-

 ————————————-
 ————————————-
 ————————————-

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ