プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

I mean it.

      2018/08/27

私は本気で言ってます。

ここでの “mean” は、他動詞「意味する」。
“mean” の過去・過去分詞は meant”。
だから、過去形なら “I meant it.”

ビジネス・プライベートを問わず、
どこでも使われる口語。
平たく言うと「マジだよ」。
「本当」と「本気」のいずれの解釈も可能。
文脈から区別する。

もっとも「本当」と「本気」は、
「まこと」という意味で重なり、
区別があいまいなケースが多々ある。
厳密に分ける必要のない場合も少なくない。

【関連表現】
for real“(本当に、本気で)

両方とも “I mean it.” で表現できる。
さらに、このようなシンプル頻出表現の場合、
状況次第で意味合いに大差が生じることも多い。

例えば、文面に落とす場合は、
“I mean it.” を次のように和訳したりする。
「こっちはマジだぜ。」
「お前、ふざけんなよ。」
「私、本気なんですけど。」

指示代名詞 “it” は訳出しないのが通例。
また、”it” の代わりに “that” や “what I say”
でも同じ趣旨。

過去形なら、

  • “I meant it.”
  • “I meant that.”]
  • “I meant what I said.

【類似表現】

“No kidding ! ”
https://mickeyweb.info/archives/404
(本当ですか! ウソでしょ! マジですか!)

“Give me a break.”
https://mickeyweb.info/archives/540
(いい加減にして。勘弁して。ばか言わないでよ。)

“No pun intended.”
https://mickeyweb.info/archives/4603
(しゃれのつもりはありません。)

“It’s not funny. ”
https://mickeyweb.info/archives/719
(笑いごとではないのよ。)

“It’s no joke.”
https://mickeyweb.info/archives/8587
(冗談ではない。冗談では済まされない。)

“Don’t be silly.”
https://mickeyweb.info/archives/1408
(ばか言うな。いい加減にしなさい。)

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ