プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Oversee

      2019/10/08

監督する

イメージは「現場監督」。
オフィスワークか現業かは不問。

【発音】 òuvərsíː

実務・作業に直接従事する部下を監督すること。
時に取り締まること。

管理職の募集要項には、”oversee” は
やたら出てくる。

実例を挙げると、

  • oversee the activities of employees
    (従業員の作業を監督する)
  • oversee the implementation of policies
    (方針の実施を監督する)
  • oversee all aspects of the project
    (プロジェクトの全側面を監督する)
  • oversee operations at satellite locations
    (出張所における業務を監督する)
  • oversee revenue management
    (収益管理を監督する)
  • oversee the production process
    (生産工程を監督する)
  • oversee online sales
    (オンライン販売を監督する)
  • oversee the entire staff
    (全スタッフを監督する)
  • oversee contractors
    (契約業者を監督する)
  • oversee the efficient flow of work
    (効率的な仕事の流れを監督する)

監督業務のオンパレード。

部下を監督することは、上司の職責に含まれるため、
マネージャーなどの管理職の職務内容(job descriptions)
に欠かせない単語である。

もっとも、一般職の実務担当者にも、自分の担当業務
や契約業者を “oversee” する機会は少なくない。

とにかく、”oversee” は組織について回る。

◆ “oversee” は他動詞のみ。 自動詞はない。

上から見る」だから、”oversee

  • 接頭辞over(上から)
  • 動詞 see(見る)

ここから「監督する」の意に。

【語形変化】→  “see” にならう
oversees overseeingoversawoverseen

ただし、”see” は自動詞と他動詞の両方があるのに対し、
“oversee” は他動詞だけなので注意。

発音は、「オーバーシー」(òuvərsíː)。

副詞 “overseas”(海外へ)の 末尾 “s” を抜いたもの
と同じ発音である。(òuvərsíːz)。

【注意】
形容詞 “overseas”(海外の)とは、アクセントが異なる
「オーバーシーズ」(óuvərsíːz

成り立ちも発音も比較的単純だが、意味もシンプル。

  • 監督する
  • 見渡す
  • 概観する

こちらが日常使用のほぼすべて。

いずれも、語源の「上から見る」から連想可能である。

組織内では「監督する」が一般的。

「監督」
目をくばって指図をしたり取り締まったりする
こと。また、その人・機関。
(広辞苑 第七版)

シンプルさの証左として、3大学習英英辞典 をご紹介。

“oversee”

  • to be in charge of a group of workers and
    check that a piece of work is done satisfactorily.
    SYN = supervise
    (ロングマン、LDOCE6)
  • to watch somebody/something and make sure
    that a job or an activity is done correctly.
    SYN = supervise

    (オックスフォード、OALD9)
  • to watch or organize a job or an activity to
    make certain that it is being done correctly.
    (ケンブリッジ、CALD4)

【発音】 òuvərsíː

※ SYN = synonym = 同義語

※ 下線は引用者

かなり似通った語釈である。

“oversee” の意味合いが単純すぎて、
これ以上に書きようがないからであろう。



  • “I’m responsible for overseeing the construction work.”
    (私はこの工事の監督者です。)
  • “Our manager oversees each project with great care.”
    (マネージャーは各プロジェクトを注意深く監督する。)
  • “My job involves overseeing the whole translation process.”
    (翻訳プロセス全体の監督も、私の仕事に含まれます。)
  • “We appointed observers to oversee the elections.”
    (選挙の監督のため、立会人を任命しました。)
  • “She was hired to oversee the transition to a new system .”
    (新システムへの移行を監督するために彼女は雇われた。)
  • ”They oversee sexual misconduct matters.”
    (性的不正行為の問題を監督するのは彼らである。)

  • “This ministry oversees the airline industry.”
    (この省庁が航空業界を監督する。)

◆ 名詞形は、”oversight“。

【発音】 óuvərsàit

可算・不可算を兼ねる。

「管理」「監督」が中心となるものの、時に「見落とし」も意味する。

  • “Victims’ advocates have pushed for more oversight
    of clergy members.”
    (被害者支援団体は、聖職者に対する監視の強化を要求した。)

 

【類似表現】

“Keep tabs on – ”
https://mickeyweb.info/archives/12749
(〜を見張る、~を監視する)

“keep an eye on – ”
https://mickeyweb.info/archives/784
(~に目を光らせる、~を監視する)

“custody”
https://mickeyweb.info/archives/27733
(1. 拘禁  2. 保護、養育権  3. 保管・管理)

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英単語, 英語