プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Devastated

      2020/07/13

打ちひしがれた、  がっかりした 

災害時などのニュース報道にも出てくるが、個人レベルでも
多用する人が少なくない。

つまり、比較的よく見聞きする形容詞なのだが、その割に
日本人学習者には縁遠く、カタカナになる気配もない。

【発音】   dɛ́vəstèɪtəd
【音節】   dev-as-tat-ed (4音節)

 

意味と字面が何となく似ている形容詞 “desperate
(絶望的な)が、「デスパレート」としてお目見えする
機会が増えているのと対称的。

【発音】  déspərət 
【音節】  des-per-ate (3音節)

スパレット」などと聞こえる

“devastated” の「打ちひしがれた」「打ちのめされた」
との定訳から考えると、若干大げさな印象がある。

個人がしょっちゅう使うには、重たすぎる。

  ていやく【定訳】

最もよいとして評価の定まった翻訳。
決定訳。標準訳。

(広辞苑 第七版)

◆ 実際の個人用途では「がっかりした」「がっくりした」
くらいの意味合いで起用されていることが多い。

この2語は、落胆の程度が異なる気もするが、
次の国語辞典では同義扱いされている。

がっかり

副詞
落胆したさま、失望したさまを表す語。
がっくり。

(精選版 日本国語大辞典)

devastated” は、動詞 “devastate” の過去分詞
“devastated” が形容詞化したもの。

【例】
scared”、”undisclosed“、”organized“、
disgraced”、”estranged“、”disgruntled

“devastate” には、他動詞と自動詞がある。
※ 他動詞のみとする辞書も多い

– 他動詞「荒らす」「打ちのめす」「がっくりさせる」
– 自動詞「くじけさせる」

“devastate” の語源は、
ラテン語「さらに荒れた状態にする」(devastatus)。

この語源通り、”devastate” の意味は荒れまくり。

“devastate”

1. to completely destroy a place or an area.
2. [often passive] to make somebody feel very shocked and sad.
(オックスフォード、OALD9)

【発音】   dévəstèit
【音節】   dev-as-tate (3音節)

 

※ 下線は引用者

「破壊」そして「非常なショックと悲しみ」。

下線部が示すように、極端な度合い であるのがポイント。

これが形容詞となったのが、

devastated

extremely upset and shocked.

(オックスフォード、OALD9)

【発音】   dɛ́vəstèɪtəd
【音節】   dev-as-tat-ed (4音節)

※ 下線は引用者

その結果、先述のように「打ちひしがれた」
「打ちのめされた」が定番の和訳となる。

  うちひしぐ【打ち拉ぐ】

1. 強い力で相手を打ち砕く。戦いで相手を壊滅させる。
2.(多く受身の形で)強い衝撃で意気・意欲を完全になくす。

  うちのめす【打ちのめす】

はげしくたたいて、相手が起き上がれないようにする。
転じて、(心・身に)ひどい打撃を与える。

(広辞苑 第七版)

※ 下線は引用者

上掲 “OALD9” と広辞苑を比べると、意味はかなり重なる。
緑字の “passive” と「受身」まで一緒。

よって、2語は定訳として的確と考えられる。

大被害を伴う災害時には、確かに役立つ和訳である。
-たし

◆ ところが、この定訳を個人の日常で生じる、ちょっとした
トラブルで使うと、一転しておかしく聞こえがち。

大げさな物言いは、社会人としては望ましくない。

そのためか、個人的立場で使わない人もいる。
きっと “OALD9” の語釈通りの解釈をしているのだろう。

その反面、常用する人々が珍しくない点にも触れた。
必ずしも、仰山な言い振りが好きなのではない。

主に「がっかり」「がっくり」の意味でとらえている人たちである。

I was devastated.

こんな感じで使う。  時に、ため息混じり。

日頃、筆舌不問で接する機会は珍しくない。

さて、これをどう訳すか。

定訳だとこうなる。

私は打ちひしがれた。

私は打ちのめされた。

もし、同僚が日本語でこんな言葉を吐いたら、
一体何ごとか、と驚いてしまう。

どちらも非日常的であり、日常に親しまない。

御大層な表現であり、気軽に使えるものではない。
こんな言い回しを私事に用いること自体、はばかれる。

ナルシスティックな雰囲気が漂い、なんだか不愉快。

あたかも『走れメロス』的な自己陶酔が匂い立つ気がする。

◆ 本稿で “devastated” を取り上げた理由のひとつは、
定訳をそのまま使用すると、不自然な印象を帯びる単語
の一例を示すこと。

以下にも、同じ問題が見られる。

“devastated” の場合、英語並みに乱用すると、
信用を落としかねないほど、不似合いなこともある。

それでも定訳と目されるのは、先ほど比較検討したように、
文法・内容の両条件を満たすから。

この辺が語学の難しさ。
条件に適合しても、その場面にぴたり合うとは限らない。

“I was devastated.” とわめく中学生の発言を、
「私は打ちひしがれたんだ」と和訳したとする。

これでは違和感を覚えるに違いない。
誤訳でないにせよ、適訳でもない のである。

「僕は途方に暮れたんだ」はベターだが、中学生なら
「僕はがっかりしたんだ」「ショックを受けたんだ」
くらいが自然だろう。

◆ 真っ当なプロ翻訳者は、定訳を鵜呑みにすることなく、
あらゆる角度から再検討する習慣をもつ。

普段から類語辞典やコロケーション辞典を駆使し、
自然で分かりやすい表現を執拗に追求する。

言葉は生き物なので、時代の変化を追う好奇心も必要。

概ね地味な作業だが、どんぴしゃりの訳を当てた時は、
我が意を得たりだ。

忘れがたい経験

 

  • “I felt devastated when I lost my job.”
    (失職した時、私は途方に暮れた。)
  • “He was devastated by her passing.”
  • “He was devastated by her death.”
    (彼は彼女の死に打ちのめされた。)
  • “I was entirely heartbroken and beyond devastated.”
    (もう胸が張り裂けそうで、完全に打ちのめされていた。)
  • “The church had been devastated by fire.”
    (その教会は火災で破壊された。)
  • “The area was devastated by the earthquake.”
    (その地域は地震で壊滅した。)

  • “The country has been devastated by war.”
    (その国は戦争で荒廃した。)
  • “Devastated family gathered to say goodbye.”
    (別れを告げるため、悲嘆の家族が集まった。)
  • “We are completely devastated by the loss of my son.”
    (息子を失い、私たちは完全に打ちのめされました。)
  • “I’m also devastated for the families who lost their loved ones.”
    (愛する家族を失った皆様のためにも、悲嘆しています。)
  • “Her parents were devastated over their daughter’s decision.”
    (娘さんの決断にご両親は打ちのめされていました。)

 


【類似表現】

“shell-shocked”
https://mickeyweb.info/archives/13823
(強烈なショックを受けて)

“doldrums”
https://mickeyweb.info/archives/27328
(停滞、不振、ふさぎ込み)

“dire”
https://mickeyweb.info/archives/31503
(ひどい、不吉な、悲惨な)

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英単語, 英語