プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Upfront

      2020/07/11

(1)前払いの (2)率直な  

“upfront” には、形容詞副詞がある。

上に掲げたのは、形容詞。

意味合いは、両方の品詞で重なる。

細かく言えば多義であるが、
普段使いなら、この2つで間に合う。

副詞にすると、
(1)前払いとして (2)率直に

(1)と(2)を覚えておけば、日常ではOK

【発音】  ùp frónt
【音節】  up-front (2音節)

「音節」(syllable)とは、発音の最小単位。
日本語の場合、原則として「仮名一字が1音節」。
そのため、音節を意識する機会は乏しい。


◆ もともと2語の “up front“(前部へ)から派生。

ハイフン入れて、”up-front” と表記することもある。

初出年は、語義ごとに異なる。

  どれも20世紀発で、比較的新しい  

  • 前部へ」→ 1932年
  • (1)前払い → 1967年
  • (2)率直 → 1970年

upfront (adj.)

1932, up front “in the front,” from up + front (n.).
Meaning “honest, open” is from 1970;
that of “paid in advance” is from 1967.

https://www.etymonline.com/search?q=upfront
↑ 有力な語源サイト(英文)

※  “adj.” = adjective = 形容詞

英単語全体の中では、重要でも頻出でもない。
例えば、LDOCE6(ロングマン)では、全3項目ランク外。

  • 重要 :9000語圏外
  • 書き言葉頻出3000語圏外
  • 話し言葉頻出3000語圏外

しかし、”upfront” は見ても聞いても意味を推測しがたい。
会話中に初めて聞くと、まごつくこと請け合いである。

 

◆ 以下の文は、私が直接耳にしたもの。

(1)前払いの、前払いとして  

窓口・フロントにて。

  • “You need to pay us upfront.”
    (前払いでお願いします。)
  • “We ask you for a $100 upfront.”
    (100ドルの前金をお願いします。)
  • “‘I want to take a lump sum upfront.”
    (一括前払いを希望します。)
  • “We require a deposit upfront.”
    (保証金を前払いでお支払いください。)

 


目の前の担当者に無愛想に言われると、
パニックを起こしそうな鋭い響きがある。

【発音】  ùp frónt

    「お金」が関わると、    
 すごみが加わるのが世の常  

upfront → 前払い は必ず覚えておこう。

【類似表現】 ※ 前金、先払い、手付金

  • payment in advance
  • pay in advance
  • advance fee
  • upfront fee


(2)率直な、率直に   

特にアメリカ人が好んで使う。
口論で耳にしたりする。

  • “She is upfront about her father.”
    (彼女は父親について率直な物言いをする。)
  • “Please be upfront with me ! ”
    (正直に言って!)
  • “He was upfront about his problems.”
    (彼は自分の問題について率直に話した。)
  • “I’m telling you upfront. I hate you.”
    (率直に言いますね。 あんたが大っ嫌い。)

 

【類似表現】   ※ 形容詞

  • straight
  • frank
  • blunt
  • candid
  • outright
  • honest
  • open
  • flat
  • direct
  • point-blank

 

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英単語, 英語